chowe
http://chowe.blog106.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
CUDA Inttellisenceエラー
2013-08-24 Sat 01:25
昨日から複数あるcudaの関数たちにまんべんなく現れるIntellisenceのエラーで悩まされていた。「型として認識されてません」とか、「)がありません」とか、「型が定義されてません」とか。

てっきりどこかで括弧が不整合を起こしているのかと思って一生懸命調べていたのだが、原因は配列の添え字の型にあった。

添え字だから当然整数であるべきなのだが、添え字を数式で計算しているところでうっかり

array[ 2.0*W ]

とか書いていたのだ。これじゃ添え字少数。
これがまさか関数縦断的インテリセンスエラーを引き起こそうとは。
もっとマイルドに
「配列の型として認識されません」
みたいに諭してほしかった。

でもまあ、一つ進歩。
スポンサーサイト
別窓 | プログラミング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
多言語インタフェースなVisualStudio2008 Expressを入れる
2012-10-30 Tue 04:40
アプリケーションのインストールは無事できた、はずなのですが、
その過程で入れたVisualStudio2008 Express Edition(※)。
これをあほうにも日本語版を入れてしまったんですな。サウジで誰が日本語を解するというのか…、
これじゃ困った時にみんなも助けてくれようがないではないか。
ツールバーにあるショートカット(例:ビルト B)表示や、中国人だったらなんとな~く分からないでもないけど、エラーメッセージとかダイアログとかはなかなかお手上げなんである。

昨日気づいてみんなで「ひー!」ってなったので、今日インタフェースを英語化しました。

といっても、インタフェースの言語を「切り換え」るには、何か特別なものを追加でインストールするわけではなく、単純に同じアプリの同じバージョンの他語版を新たにインストールするだけ。
この場合は英語のVisualStudio2008 Express Editionね。

Micosoftのページで、VisualStudio2008 Express EditionのISO版をダウンロードしてインストールしました。
ISO版じゃなくてC++とかC#、Basicなんかの言語別インストーラ(vcsetup.exeとか)もあるけど、これ、僕の場合はランタイムがダウンロードできないとか何とかとかエラーが出てしまったのであきらめました。

それに、ISO版だとユーザ登録しなくても使えるという噂も。
あくまで噂ね。知らないよ。
ただ、ユーザ登録をしてみたけど広告メールが届いただけで、何らライセンスキーらしきものは送られてこなかったです。

その後、ツールバーの「ツール」→「オプション」→「国際対応の設定」→「言語」で、インストールした言語の中から好きなものを選びます。終了。


***
(※)2010はすでに持ってたのだけど、このアプリをビルドするには2008以前のバージョンでないとだめなのです。「きっと2010でもできるさ」とみんな大体1日くらいトライ&エラーするのだ。サクセスはない。そしてだめだと思い知るのであった…。
別窓 | プログラミング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
fscanf_s()
2012-09-20 Thu 02:23
fscanf()とは違うのだなぁ、、、
ただのセーフティなfscanf()かと思っていたが、正しく動作しない原因がおのれだったとは。
もう使わん、使わんぞ。
別窓 | プログラミング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
Eigen
2012-05-22 Tue 02:30
始めました。

Eigen:行列計算ライブラリ
別窓 | プログラミング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
0-1は-1じゃない
2012-01-31 Tue 06:53
20120131追記-----
疑似コードの < が記事に反映されなかったのを修正しました。
-----


0-1は-1じゃない。4294967295なのだ。
今日プログラムを書いていて、あまりに馬鹿げたエラーを出したのでひとつ笑っていただきたい。


最近、for文で

for( int i=0; i<n; i++)

などとするとき、この添え字のiが何かの個数・・・配列の要素のインデックスとか・・・を表してる場合にはintじゃなく、unsigned intを使うようにしていたのだ。今日問題となったコードもそう。いつもはこれでいいのだが、今日のは一味違った処理をしたんだよ。

m番目の要素から初めて、前方へ見ていくのと後方へ見ていく2方向のfor文を書いたのだ。こんなふうに。

for( unsigned int i=m; i>=0; i-- ){
...
// a[i]を使った処理
...}

for( unsigned int i=m; i<n; i++){
...
// a[i]を使った処理
...}

ぁー。やっちゃったよ。Owatta


何、分からない?眠いか何かのために、何がどう悪かったか分からない人は続きを見てほしい。
0-1は-1じゃない…の追伸
別窓 | プログラミング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| ―*暫定住居*― | NEXT
copyright © 2006 ―*暫定住居*― all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。