chowe
http://chowe.blog106.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
デュアルディスプレイ
2008-03-31 Mon 23:21
研究室のデスクトップをついにデュアルディスプレイにした。

デュアルディスプレイ、それは長年の夢であった。
以前サーバ室にあった廃棄処分のディスプレイを確保したものの、そのディスプレイは電源ケーブルのコネクタ部分の形状が特殊だったために対応するケーブルが研究室に存在しなかったので、実現に至らなかったのだ。

しかし本日、研究室に新しい椅子が運び込まれるなど、「新しい研究室作り」が始まったので、便乗して隣のM2のH君の机からディスプレイおよび電源ケーブルをいただく。
そして実現するデュアルディスプレイ。
おぉ、画面が広い!ウィンドウがごちゃごちゃしない。きっとこれで作業効率が1.3倍くらいに上がるはずだ。もっと早く設定したかった。
H君、ディスプレイは大切に使わせていただくよ。福井で安心して働いて下され。


・・・
だが、そんな快適なデュアルディスプレイにも、この席においては落とし穴があったのだ。
自分の席は右側に壁+窓、左に通路および人々の席、という配置になっている。
普通、画面は他人に向けて広げるものではないと思う。
そこで1台目のディスプレイを自分の正面に、2台目のディスプレイを左手側に自分の方に向けて据えることにした。
すると右側にある窓のおかげで2台目のディスプレイが反射して光るんですな~。あらら。
いや、決してディスプレイに当たったりなんてしませんよ。大切に使わせていただくんだから。
スポンサーサイト
別窓 | 大学 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
煮えた明太子。
2008-03-31 Mon 23:20
大学の電子レンジが新しくなってたんだよ(だいぶ前に)。
それを今日はじめて使った。
お昼におにぎりを温めようと思ってさ。
具が明太子だったから、温めすぎないようにしようと思って、30秒にセットしたんだよ。
暫しして、残り時間表示を見ると、あら、まだ29秒残ってる。
よく見ると、数字のあとに「分」って表示されてた。

えー、まじで!?
(てか、早よ気づけよ。1分と1秒の違いは激烈だろうに。。。)

幸い1分程度のところで救出できたのでよかった。
煮えてたけどね。
ビニール溶けてたりしなかったので全然よしです。

ところで自分の住んでるアパートでは、以前、家賃は大家さんに直接手渡しするシステムであった。
学部1年のころ、ATMで●万○千円下ろそうとして、間違って●十○千円おろしてしまったことがあった。
今日のささやかなハプニングは、この悲劇を髣髴とさせた。


ちなみにATM事件のほうは、
怒涛の勢いで出てくる数十枚の千円札を呆然と抱えて帰宅した。
再び口座に戻せばいいということに思い至らなかったのだ。
まだ若かったんだなぁ・・・。もぅパニックよぉ。
夜親に電話して、「再入金→再出金」という神の解法を教えてもらった。
もちろん翌日即実行して正しい表現のお金を大家さんに支払いましたよ。

ウン十枚ある札束は、たとえ金額的にはすごい大金ではなくとも
(いや、今でも大金なんだけどさ。普通札束ってオール万札じゃん?それに比べたらってことで。)
さすがに持ち運びはビクビクものだったなぁ。
初々しさが溢れるエピソードだ。
が、これももう7年前のことだ。あーあ、年取ったよ!!ちっ。




あ、弓・・・。こっちは「普通の」札束(?)で買ったのか。
ビクビクには違いなかったけど、実際持ち運んだ金額が違うもんな~。
(´Д`;) アーア、トシ、トッタヨ......

別窓 | 大学 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
Windows Media Playerでoggファイルを再生
2008-03-31 Mon 23:11
なんでこんなメモをするかというと、ラジオの録音ファイルの形式を間違ってoggにしたから。

volbis.comからOggDS0995.exeをダウンロード
そしてインストール。
以上。
別窓 | Tips | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
新学期病およびその進行助長
2008-03-31 Mon 23:10
みんな罹るっていう、あれだよ、あれ。
「語学始めたい病」。

今春はえらい勢いで語学熱を再上昇させましたよ。
何を始めたか(継続もあり)は言わない。
ん、すでにやってる言語もあるってことですが。

特に今年目をつけたのがNHKのラジオ外国語講座。
でも、これって時間が生活リズムと結構合わなかったりするのだ。
そこでPCで録音ー!!


「超録」フリーソフト版を使用。
用意するものはAMレイディオゥおよびオーディオケーブル(安い)。

1.超録をダウンロード&インストール。
2.PCの時計はずれている!大抵ずれてる。特にWindows。
 だからiネット時計もダウンロードの上インストール。これでPCの時計が正しい時間になる。
 ちなみにこのノートPCは3分近くずれてた。ずれすぎ。
3.ラジオにスイッチを入れる。
4.ラジオとPCをオーディオケーブルでつなぐ。
5.超録を起動。「録音開始」ボタンを押して録音。
6.終了時間がきたら「録音停止」ボタンを押す。


スケジュール機能はお試し版なのだろうか。普通に「録音タイマー」で予約すると1つしかできない気がするのだが。
そして「デバイス」ボタンや「設定→録音コントロール起動」で出現するはずのウィンドウが出ない。。。
1つ前のバージョンをインストールしたらよいのかもしれないが、やってない。
この2つ、はやく解決したいところだ。特にスケジュール機能。

もっとも、研究室のPCではオーディオケーブルからの入力がなぜかできなかった。
だめじゃーん。
しょうがねぇなぁ、明日から家のPC&ラジオ起動させっぱなしにするか。。。
(超録には、録音後電源シャットダウンを選択できる機能がついてるので、一日中つけっぱということはないです。ラジオは電源いれっぱなしになっちゃうけど)
別窓 | Tips | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
Renoire
2008-03-29 Sat 21:36
午前中バイオリンを弾いた後、午後、ルノワール+ルノワール展@渋谷Bunkamura へ行ってきました。
前回行ったヴィーナス展の半券を提示すると100円引きになる(大学生1000円→900円)。
映画監督の次男ジャンの作品に見られるモチーフや場所、光に対する感性の一致性に焦点を当てた企画。ジャン曰く「私の一生は、父が私に与えた影響を確かめるための一生だった」とかなんとか(よく覚えていない。メモとっとけばよかった)。

ジャンは有名らしいが、自分は殆ど知らないので、以下、父親(Pierre-Auguste Renoire)の絵画についてコメント。

本企画の目玉(?)は「田舎のダンス」「ぶらんこ」であろうか。
有名どころは他に「アリーヌ・シャリゴの肖像」、次男ジャンの狩服姿を描いた絵かなぁ。
Renoireの風景画は特に好きな訳でないので、あまり印象に残らなかった。

個人的に好きな絵が、1点も含まれてなかった (・・;)
好きな絵は「イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢」「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」「読書する二人」「ピアノを弾く少女たち」「ルグラン嬢」「都会のダンス」など。
おや、なんだか「人はよく目にするものを好ましく感じる」という心理学の法則の実例のようになってしまったではないか。
まぁとにかく、いずれも有名な絵です。見れば誰でも「あぁ、これね」って言うような絵。
こうしてみると、1880年代前半までに多く見られる画風で描かれた、ふんわりした印象の人物画が好みであることが分かる。これらの絵の特徴としては、色使いは白を多用しており明るく、温かでやわらかい印象を与えるということが挙げられる。もっともこの年代までに描かれた絵でも、「雨傘」みたいなのっぺりした人物描写は好きでない。あの肌の色や筆遣い、目の描き方なんて、ほんとに同一人物の絵かね??と思ってしまう。
80年代後半以降ははっきりした輪郭をもった絵もみられる。これらの絵は大分印象が違う。「母と子」「水浴の女たち」とか。目や肌の描きかたなんか、全然違う。色もちょっと肌色や茶色が濃く、きつめになった感じ。
このあたりの時代では、画家アングルの影響を受けたり印象派から乖離したり(というか印象派の画家たち自身が画風を変えはじめた)したのだが、家族ができたことが最大の理由かもしれない。

「読書する二人」は地元の美術館にあるのだが、あまり見た覚えがない。多分常設展。常設展ってあまり見ないよね?特にいつでも行ける美術館や博物館の場合。
他に「アルジェリア風の少女たち」なんか先日のヴィーナス展があった国立西洋美術館で見てきちゃったぞ。絵を集める労は物理的距離とは関係ない事は分かってるけど、もうちょっとたくさん展示して欲しかったなぁ。まぁ、今回のコンセプトに直接沿わない絵までは力を注ぐつもりはないのかも知れないけどさっ。
でも好きな絵に一つも会えなかったのはちょっと残念。次回帰省したときに「読書」だけでも見てこようかなぁ。

「田舎のダンス」は実際見ると迫力があったし(サイズも大きかった)色も鮮やかで良かった。このギャップがすごく印象的であった。アリーヌ(ダンスを踊っている女性。ルノワールの妻)の帽子の赤とドレスの花模様がとても綺麗だった。
でもねぇ、それでも都会のダンスの方が好きだった。。。(「田舎・・・」はアリーヌの口がなんか品がなく見えてしょうがないんだよ!)


最後に、どうしょうもないことなんですが、Renoireはふくよかな女性を描きたかったんでのぅ、どの絵の女性もちょっとぽっちゃり目なのさ。はい。これについては特に意見はないです。画風と目指した印象のなせる合わせ技ですかね。ちなみにRenoire本人は一生涯カリッカリに痩せていた、そうです(息子ジャンは太め)。以上ただのメモでした。あ、これを読んで「さすが○ブ好き」とか言わないように!違うから、ホント。
別窓 | ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
technobahn
2008-03-29 Sat 03:05
technobahn、初めて見ましたが結構面白いですね。

ルービックキューブは25手で完成可能、米研究者が新解法の証明に成功
論文

40年間解けなかった数学のグラフ理論の超難問、解いたのは63歳の元警備員
論文

前者は岡本さんのブログにより既知。
後者については、警備員と言っても、単に当時就いていた職業が警備員だったというだけで、元々数学の素養のある方だったという感じでしょうか。

離散がらみの話が一気に2つも話題に上ったわけですが、meshingやモデリングもこういった一般的なサイトで取り上げられることがあるんだろうか。昨日の"一般ウケ"を考えると、いつか記事になってほしいところだけど。

別窓 | web | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
Splinger本のコンテンツのDL
2008-03-28 Fri 20:24
以前
Computational Geometry: Algorithms and ApplicationsComputational Geometry: Algorithms and Applications
(2000/02/18)
Marc Van Kreveld、Mark Overmars 他

商品詳細を見る

が大学からSplingerのサイトに行くことで全部DLできるって聞いたのだが、
Proofs from the BookProofs from the Book
(2003/12)
Martin Aigner、Gunter M. Ziegler 他

商品詳細を見る

も入手可能なんですね。
別窓 | web | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
フォント埋め込み
2008-03-28 Fri 20:22
Helveticaとその仲間たち(boldとか)、Symbol、 Times New Roman(だったと思う)およびそのイタリックが埋め込まれてないと怒られた。

再びWinShell用、すなわちWindows仕様ですが、覚書までに。
dvipdfmx -f dlbase14.map filename.dvi


先のletterサイズへの変換と組合わせて、ようやくsubmitできた。
用紙サイズやページ数、フォントなどのチェック項目がひとつでもクリアできてないと受け取ってもらえないのだ。
最近のweb経由のsubmission systemは賢くていかんわー。


コマンドラインはこんな感じ:
dvipdfmx -f dlbase14.map -p letter filename.dvi
別窓 | Tex | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
Winshellでletterサイズpdfファイルの作成
2008-03-28 Fri 20:20
dvipdfmxを使ったコマンドラインは
dvipdfmx -p letter filename.dvi

Winshellに登録しておく。
オプション→ユーザ指定プログラム→Tool * とかに登録。

exeファイル名を
dvipdfmx

DOSにチェックを入れて

コマンドラインを
-p letter "%s.dvi"
とする。

ここに登録した場合、実行は
Ctrl + Shift + F* (Tool * の*と同じ番号)。
これを忘れてつい
pdftexのボタンとか押してしまったり、しないか。。。
別窓 | Tex | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
怪我続報
2008-03-27 Thu 23:39
むむ、指が曲がらない。キーボードが打ちづらい~。
本当は明日スキーに行こうと思ってたのだが、この足と手の具合、日常生活にも大いに支障をきたしている。はっきり言って歩くのも手を動かすのもキツい!
スキー、申し込まなくて良かった。

痛みで気持ち悪くなってしまったのでもう寝る。。。
別窓 | ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
成果報告会@奨学金提供企業
2008-03-27 Thu 20:59
一言で言うと "so so"。
文系の人への説明って、難しい。。。

こういうときに一般ウケする研究っていいなーと思う。
自分の発表スキルを上げたらいいのかもしれないけど、まぁテーマが身近に感じられるものの方が聴衆の "くいつきがいい" というか、興味を持ってもらえることは間違いない。
先日までやってた研究はバリバリcad向けなんだが、これを個人ユーザレベルまで広げた応用先ってちょっと簡単には思いつかないんだよ。誰か何か考え付いたら教えてくれ。

でも、会自体はとても面白かった。
ハードウェアを研究しているほかの人の発表を聞けたのも面白かったし、
何より社員さんたちが気さくで真剣に研究の話を聞いてくださったりと、大変良い人たちだったのが印象深かった。次回(来年!)またお会いするのが楽しみだ。
次はもっと聞かせる発表にしますので期待しててください!
別窓 | 研究 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
帰省からの帰還 ~24日~
2008-03-26 Wed 19:17
下の弟の卒業記念などで、家族で写真を撮りにいつも行く写真館へ。
両親と本人は既に卒業式の日に撮影していたのだが、全員の写真も撮影。

あいかわらず写真家さんに気に入られている弟は、何かカッコつけたポージングで撮影してもらっていた。おいおい、いいなぁ。
うち1カットは携帯にデータを送ってもらっていた。もちろん転送してもらった
しかし、このスーツ姿は誰がどう見ても、ホ、ホスト・・・。写真家さんも言っていた。ホストはホストでもヒロシに似ていると思うのだが。
スーツが特にね!チャラいんだよ。
ラペルピンとかポケットチーフとか。今はこういうのをみんなつけているものなのかね??あまり身近にスーツを着る若者がいないから分からないんだが。
え?金髪?あ、そうか。それがあったな。金髪と顔つきがチャラくなる一番の原因なんだな。 (=ε=)なーんだ

弟以外に、父も少し記念的なイベントがあったので、その写真も撮ってもらう。
そのイベントとは別なのだが、職場の同僚に花束をもらったらしくその花束もちゃっかり一緒に持って撮影。撮影の合間に花束を預かって抱えていたら、写真家さんの采配でそのまま父と2ショットで撮ることになった。この写真はなんとサービスでもらえることになった!

最後に、「新入生が写っている写真は料金が25%offになります」と言われた。今まで聞いたことなかったのだが、新しく導入されたサービスなんだろうか。
別窓 | 地元(G県)・実家 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
帰省からの帰還 ~25日~
2008-03-26 Wed 18:55
珍しくチャリに乗ったら、すごい転んだ。

国道への乗り入れの道を横断するところだったのだが、
運よく車は来なかった。
大抵の車はスピード上げて突っ走ってくるから、もし車が来ていたら轢かれていたかも知れぬ。

それにしてもすごい転びようだった。
左手の指3本はえぐられてしまった。膝は大々的に、両手の平・顔もすりむいた。さらに膝・左手は打ち身。特に膝はかなり広範囲でしかもひどい。
チャリのかごは断面(?)の形状が四角形から三角形に変形した。頂点削除による縮退だ。
今日(26日)気づいたのだが、履いていたブーツの先端も削れていた。うわぁ。
あぁ、痛かった。いや、もちろんまだ痛い。

明日(27日)奨学金を出してくれている会社の成果報告会があるのだが、この怪我どうしましょう。
プレゼン形式で行われる成果報告だけならともかく、
懇親会の名目で社員の方々と昼食をご一緒することになっている。至近距離キター!!
しかもただの社員さんだけではない。副社長もいらっしゃる。副社長キターー!!!
指、ほんと生生しいんよ (´Д`;;) 他人が見たらドン引きヨー
スーツだから膝も見えてしまうし。

自分としては、重いPC・・・痛くて歩きにくい足・・・満身創痍。
他人から見ると、変な歩き方してる若者・・・膝に派手に何か怪我・・・非常にグロい指・・・顔に擦り傷。
どう考えても研究中についたとは思えない。
「うわぁこいつ何やってたのー」と思われるであろう。
明日は先んじて潔く一言断っておこう。
「お見苦しいかと思いますがスミマセン」と。
ちなみに指も膝も、絆創膏や包帯で覆っていくつもりは全くない。
別窓 | 地元(G県)・実家 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
帰省からの帰還 ~26日~
2008-03-26 Wed 18:35
本日帰還。

なんか、もらってきた。
Wavelets for Computer Graphics: Theory and Applications (Morgan Kaufmann Series in Computer Graphics and Geometric Modeling)Wavelets for Computer Graphics: Theory and Applications (Morgan Kaufmann Series in Computer Graphics and Geometric Modeling)
(1996/01/15)
Eric J. Stollnitz、Tony D. Derose 他

商品詳細を見る

別窓 | 地元(G県)・実家 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
行って来ましたよ、スキー。
2008-03-18 Tue 23:02
リベンジ@グランディ羽鳥湖。

今日は20本。
リフトが遅遅 (*_*)
多分リフトで7-8分近くかかるため1本あたり10-12分のペース。
なんで高速リフトがこんな少ないんだろう??と思ったら、
唯一のクワッドリフトに「県内初の」と書いてあった orz
あぁ、そうなの。そうだったのかい。。。

ブーツのアジャスタが自分で締められない!
なんでこんなに非力になったんだ!?

コースは去年失敗したコース(前回避けてたとこ)を重点的にすべることにした。
今回はゲレンデマップを携帯することにしたので迷わなかった。

それから、このスキー場、リフト乗るときに係りの人が椅子を押さえてくれない!
えぇー・・・(*_*)
何度痛い思いをしたことか。
前回使ったリフトは高速クワッドだから自動的にスピードダウンしたんだよね
さらに午前中、リフト降りるときに、椅子の座る部分とブーツ上部にふくらはぎを挟まれた。
そ、そんなに太ったか!?(*Д*;;) 去年よりは、まぁ、確かにな・・・
攣る感じがまだ非常に強くするのだが、やはり救護センターに届けたほうがよかったのかもしれない。面倒に感じてついそのままにしてしまった。午後滑りたくないと思った一因はこいつにもある。
あー、しかしまだ相当痛むな。どうしたんかな。骨じゃないことは分かるけど、ただの打ち身じゃないことも分かる。。。やばいかもなー。いてて。

で、本日は快晴なり。
高湿+福島特有の雪質で、重くて粘っこく、す、滑りにくい。
特にここはボーダーが多くて、午後にもなるとゲレンデに深い滑走後が縦横無尽についちゃうおかげで引っかかることこの上なし。中級コースも午前中は非常に楽しく滑れていたのだが、午後はそんな楽しく感じなかった ひっかかるから
また、ここの上級コースは傾斜だけみるとそんなに難しくないのだが、はっきり言って滑るのが怖いと思った。結構距離あるし、途中で足とられて転んだらやだし。足痛いし
一人で来てるから何かあっても誰も気づいてくれない (^_^;)そんなことを考えながらタラタラ滑っていたら、17本目くらいでちょっと挫けそうになった。

レンタルに関して:
ブーツは前回より一段グレードダウン。アジャスタはかかと部分のみ。24cm、緩いかも。
板はHEAD。これも前回とは違う板。
もう、来シーズンはmy板&ブーツ持参するかな。。。
(+500円でファンスキー、+1000円で「まともな」ブーツ+板にグレードアップできるようだが、格安バスツアー客にも適用されるのかは不明)


考察:
多分新潟とかの方が高速リフトが多い気がする(少なくとも自分が行ったことのある範囲では)。高いけどな。新潟。あーでもレンタルなしにすればちょっとはいいか。
ゲレンデマップ最強。
雪質はパウダースノーが良いと思われ(特にボーダーの割合が多いスキー場では)。
板・ブーツは持参しませう。

あ、100本到達。イェー。
別窓 | ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
新学期
2008-03-18 Tue 22:35
なんと、4/2から研究室がオフィシャルに始動する (*_*)
は、早い・・・。
かーなーり ショック。。。

明後日はお彼岸だから明日から帰省しようと思ってたんだが、
27日には奨学金関連の用事があるので26には戻らねばならない。
弟が引っ越すので手伝いも兼ねて28日以降に再び帰省を企てていたのだが、
・・・う~ん・・・・・・。
帰省しても、この日程だとただの役立たずかなー。
親退職して家にいるから、その相手するだけになっちゃうかなー。
最近うち微妙だしなー。2度目は帰るのやめようかなー・・・。 あぁ、忘恩の輩だ
別窓 | 大学 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
未知の食べ物 パート ??
2008-03-17 Mon 21:15
夕食食べながらテレビを見てたら、
「外国に最初に伝わった日本料理は鉄板焼きだ」とか言っていた。

ふーん、そうなの?
てか、鉄板焼きって何よ??
今日初めて聞いたよ。
外国より遠いのかG県は。
どうも外国人より日本料理を知らないんじゃないかって気がしてきた。○キヤキとか。モ○ジャとか。モン○ャなんて有名だってことすら知らなかった。モンジャとお好み焼きとなんかよくわからないんだけど何とか焼きの区別がつかない。鉄板焼き???かな?違うかなー。テレビそのまま見てたけど、鉄板焼きの定義はついに分からなかった。

それとずっと気になってるのだが、
「支那そば」「中華そば」「ラーメン」これらは同じものなのか否か。
どれもあまり食べようと思わないけど、一応知っておきたい。
別窓 | ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
精密工学会
2008-03-17 Mon 21:06
精密工学会@明大生田キャンパス。

B4のN君が言っていたとおり、確かに坂の上にある。
坂は、き、きつかった・・・。

ちなみに5:30起床。
生田は遠かった。

発表はちょっと早口に過ぎた。
昨日スライドの構成を大幅に変えて、直観的な説明を増やしたため、時間ギリギリかオーバーすることが確実であることが判明した。そこで何を思ったのか、セッション直前の休み時間に「よし、早口で喋ろう!」と決意。
そして本番ではありあまる時間・・・。残念な子になってしまった。
いや、早口より何よりむしろ、
「スケルトン構造」・・・・・・・
中立面・スケルトンメッシュ・スケルトン構造などの「同一のものを指す用語たち」を、スライドでは全て「スケルトン構造」に統一していたのだが、実は予稿では「中立面」で書いていたのだ。あぁ~~~。。。
すっかり忘れてた。
で、司会の人に質問タイムにちょっと指摘されてすげぇショックよ(´Д`;;) バカー

精密用の予稿は比較的初期に提出したものだから、まだあまり洗練されてなくて用語の統一もあまりできてなかったりしたのね。その後、より書き方に工夫して、いろんなとこに提出して・・・
そして精密に提出した予稿を再び見ること無しに発表の日を迎える。

うーん、まぁ、同じ原稿をどんどん改良していったから、同じ内容の昔の原稿をわざわざ見直すってことを考え付かなかったのだけど・・・。
でも、そんなこと言ってもだめだな。うん。発表の前には資料との一貫性をチェックせねば。

前回の応用数理が良かっただけに、これらによるダブルショックがちょっと大きかった。
講師のO先生などは「分かりやすくて良かったよ」と言って下さったのだけど。。。


さて、学会自体について。
なんと形状モデリングのセッションは4つ。発表は19件。
部屋にいた人の数は、午後14:20の時点で48人。多い。
件の予稿であるが、なんと予稿はCD-ROMバージョンのみ、しかも販売品。
参加者に配布されるのはアブスト集のみ。そりゃそうか。スケジュール表だけで35ページあるもんなぁ(部屋はパラレルに18部屋、期間は3日間)。まぁ帰りに荷物が重くならなくて良かった。
それよりも、売り物を購入した人に限って混乱させてしまったのか。あぁ orz

やはり1日中いて、研究室の人たちの発表(自分含め6人いた)を聞く。
および前の研究室の人の発表も聞く。こちらは全然変わってない。数理輪講で2時間で話してた内容を15分で話すとかいうことをやっていた。そして「時間がないので暇がある人は後で聞きに来てください」と言い放つあたり、変わってないと思った


お昼は昨夜大騒ぎして決めたサラダを食べたのだが、どうやら生タマネギにあたったらしい。
生のネギ類には弱いのだが、よーく水にさらしてあるものなら食べられる、はずであった。
これならいけると思って食べたら、午後頭痛はするしふらふらするし最悪だった。帰りとか、もう、荷物が猛烈に重いし。両腕が本当に関節と関節の間で折れそうだった。そこにふらふらなんて。わかったよ。もう食べないよ。

21時現在まだ症状が続いているのだが、明日はスキーに行くも~ん。
せいぜい今晩は早く寝るとしよう。
別窓 | 研究 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
優しい弟がいるって、いいな。
2008-03-16 Sun 23:11
明日の朝コンビニでサラダを買って行こうと思って、2つあるコンビニのうちのどっちがいいか悩んでいたことを電話で弟に話したら、夜中の11時だというのに一方のコンビニに行って見てきてくれた(無理強いしてないよ!自ら提案してくれたんだよ!!見上げた根性だ)。比較的近所にあったらしい。こういうとき弟のいるありがたみが感じられるよ(つд`)ありがとな。

これで明日は無駄足を踏まずにすむ。
明日の朝は早い・・・最初のセッションから聞こうとするなら。朝7時に家を出るだと?まるでスキーではないか。これで15分前とかに起きたらどうなるんだ。

一応会場には一日いるつもり。精密は同じ分野の発表が多くてよさげ。初めてだし全部聞いとこうかと思っている。同じ研究室の人の発表も聞きたいし。なぜかみんなバラバラな時間なのでいやでもほぼ一日になるし。わざとバラけてあるのかな?

あ、サラダの結論としては、見に行ってくれた方ではない方のコンビニで買うことに決定。
別窓 | ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
休日の過ごし方
2008-03-15 Sat 20:51
午前中、バイオリン。
午後、ヴィーナス展@国立西洋美術館を観に行く。
大学生1100円が、東大はキャンパスメイトだったので800円とお得な感じに。
ウルビーノのビーナス以外にも素敵な絵はたくさんあった。
1500年前後の油絵って光と影の表現や肌の描画がとても綺麗で大好きさ。

予定より早く見終わったので、常設展も観た。
おぉ、今まで見たことはなかったのだが、モネがたくさんある。いいねぇ。
モネ・ルノアール・ドラクロワなど、、、結構見ごたえがあって面白かった
(国立の美術館だし、いいものがそろっているのは不思議ではないか)。
画家の名前を失念してしまったのだが、果物の静物の絵と、書物と髑髏のある静物は個人的にツボにはまった。ミュージアムショップで後者の絵葉書を探したのだが、見つからなかった。残念。

帰宅後、精密発表用のスライドを見直す。なんとタイトルを応用数理のものから変更してなかったことに気づき、あわてる。
別窓 | ネタ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
今日の進捗
2008-03-15 Sat 01:10
精密向け発表練習@研究室。

午後1のはずが、順序変更で午前最後に。
どうせ応用数理のスライドを使いまわす予定だったので特に問題はなし。

一応及第点はもらえた。
が、やはり数学と工学では用いられる説明法が違うようだ。
端的に言えば「もっと直観的・視覚的」だとよい、とのこと。
式を出すより直観的な説明が好まれるらしい。

というわけで、アルゴリズムのタルい説明をパラパラ漫画に翻訳。でも式は残す
んー、確かにこの部分、自分でも文章化してあるのがちょっと間抜けっぽいとは思ったんだよねぇ。
他にもアルゴリズム箇条書きのスライドあるし。
いくら複数のアルゴリズムを組み合わせた手法とは言っても、アルゴリズムの流れの説明ばかりだとなんとも味気ない感じ。
しかも、アルゴリズムって大抵箇条書きで書くと思うんだけど、そうすると自分は「ただ読み上げるスタイル」になってしまいがち。あまり工夫が出来ない。
そこで思い切って、図だけのスライドにし、漫画化。
これ、サポート球で点群を被覆する部分なのだが、
・・・予想以上に球が多く必要であった。
ほんの数十個の点なのに!パラパラ漫画のページだけで57枚。うわぁぁ。なんてこった。

今日の練習ではちょっと早口で喋って13分半だったのだが、
本番でつまったりゆっくり話すと15分ぎりぎりになるであろう。
パラパラ漫画は時間をとる。
数枚でもあれば時間を食うのに、57枚。。。
もっともずーっと同じことを繰り返すだけの漫画だから、
もう、最後のほうはアニメーションばりに早めくりするしかないですなぁ。

他にもスライド追加したし、週末はちょっと練習しなおしが必要みたいです。


---
SMIポスター修正。

先生に昨日速攻でいただいたコメントをもとに、画像その他を修正。
あぁ、英語ってムツカシイ。
なんてイケてない説明なんだろう。概念としては別のものをさしている単語が、もろに被っている。しかも一つの文の中で。でも、他に適切な単語が思い浮かばないんだよなぁ・・・。


---
進捗じゃないけど。

今日、研究室の人々から、ちょっといいものもらっちゃいました。
嬉しかったので書いときます。
先月のお返しだそうです。
別窓 | 研究 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
飽きてきた。。。
2008-03-14 Fri 00:18
そろそろ旅行行きたい。
海外とかで、日がな一日海とか眺めていたい。

あぁ、学会発表を目前に、危険な兆候ですよ。
気分的に春休みをとってないためと思われます。
実態は毎日半分くらい遊んでるくせに。
それより明日は発表練習が10時からあるっぽいです。
それに間に合うように家を出ることがまず重要と思われます。
別窓 | ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
mistアカウント削除
2008-03-14 Fri 00:16
近々されるらしい。
特に必要性を感じないので、延長申請はしません。

むしろ本来は半年で削除されるはずのようだ。
別窓 | 大学 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
PGMの罠
2008-03-14 Fri 00:15
PGMファイルは、数値が小数だと画像が正しく表示されない。
テレビの砂嵐の画面に引っかき傷が多数入った感じになってしまう。
もしかしたら、ファイルヘッダにある「最大値」を超えた値も入っていたかもしれない。

intにcastしていたつもりが、実はしてなかったために起こったミス。
昨日の夕方からの悩みが解決。よかった。

あぁ、でもパラメータの調節、難しいな。
一難去ってまた一難。
別窓 | 研究 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
精密工学会
2008-03-11 Tue 23:01
応用数理の次は精密。
自分の発表は来週月曜のセッション。
会場は明治大学@生田キャンパス。
最寄り駅から10分――。

地図を2種類印刷してみたが、着けない。
絶対、着けない。だって道が同じに見えない。
やばすぎる・・・・・・と、研究室で地図を穴の開くほど見つめて固まっていたら、M助教が一言
「駅で待ち合わせたらいいんだよ」。

あぁ、そうかぁ(´△`)
前の研究室では(少なくとも自分のときは)そんな習わしはなかったから思いもつかなかったよ。
今の研究室ではオフィシャルに待ち合わせがなされる場合があるのだが、前の研究室も今ではそういうことがあるんだろうか。大分雰囲気も変わったみたいだし。


ちなみに「タクシーで来ればいいんだよ」との案もあったが、却下だ。対コストが高すぎる。
別窓 | 研究 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ちょっと色々考えてみた。この記事はまじめですよ。だから他人は読まなくていいよ、
2008-03-11 Tue 22:45
なんだかんだ言って、結局他人に依存してたんだなということが良く分かった。
無意識のうちにどこかで人に頼っていたから、いつの間にやらこんな腑抜けになってしまったのだ(*1)。
そこで、セルフマネージメントを強く心がけようと決意した。

この規模のブレイクスルーは去年・・・いや、一昨年の秋だったか、にも1度あった。
あの時は色々やってみた。ボクササイズとかキックボクシングもその発露であった。
トリガーだけなら去年の夏(まさにシンガポーから帰国した日だ)にも一度あったのだけど、そのときはあまりに腐っていて、自分を向上させる機会として活かす事ができなかった。
あぁ、今度こそ、僕頑張りますよ。
もっと数学勉強したいと思うし、論文読みたいし、英語でコミュニケーションも図れるようになりたいし、セルフプロデュース(*2)もできるようになりたい。
結局最後まで頼れるのは自分一人ということだな。
曲がり道の多い人生であったためか、気づくのが人に比べたら多少遅かったかもしれない。
しかし今ならまだ学生のうちに遅れを取り戻せると信じる。

閑話休題。
他人がこのペースで進んでいるから大丈夫、と安心していたら、
実はその人は見えないところで随分先を進んでいた、ということがある。
安心、というか、追い越すのを勝手に遠慮していたら、ある時いきなりその差が表面に現れて置いていかれてたことが判明して愕然とした、なんてことが何度もある。
これが、辛酸をなめた、というやつかもしれない。
自分の能力を甘く見て安穏としていてはいけないと思う。
高校のとき、鋭い人に初めて指摘されてからずっとこうだ。
進歩していない。人生やキャリアに対する姿勢が、全然進歩していない。
いい加減まじめにやるべきだと思う。人生の1/3だか1/2だかは既に過ぎてしまったし。

というわけで、3月後半(だって前半終わっちゃったしー)はセルフマネジメント強化期間に設定。
あ、でも、そのうち実家帰るか。超だらけそう~(=ε=)
「だらけ」るって、セルフマネジメントどこいったよ・・・

---
*1:大学教育で甘やかされてるうちに弱っちくなってしまった。中学や高校の時の自分を知ってる人間はただ驚きあきれるばかりだ。何度会っても驚かれる。自分でも驚きの弱さだ。

*2:何気にコレ、重要だよねー・・・今まで必要を感じなかったけど。資金獲得とか。就職とか。きっかけや必要な助力は先生たちがしてくれるけれど、結局は自分じゃーん?やるのって。まさに「自分の・自分による・自分のための」活動なわけですよ。「ない袖振れぬ」じゃないけどさ、ポストも資金もなかったら活動できないし。旺盛な人はすごい熱意をもって事に当たっているよ・・・。しかも、経験と慣れがものを言うと思う。
別窓 | ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
グランディ羽鳥湖
2008-03-11 Tue 00:47
スキー、行って来ました。
今日はグランディ羽鳥湖@福島へ。

今日の予報は雪であった。
ちなみに東日本は全域で雨。
そして現地は・・・霧!霧!!霧~~~!!!!

ひどいのなんのって、こんなの初めて。
どのくらいかというと、
リフトで、自分の前のイスが見えない!
リフトから降りても、どこがコースか分からない!

こんな感じ:
Hatoriko1.jpg

(画像はスキー場の公式HPより)
本来はこうあるところが

Hatoriko2.jpg

こ~んなかんじ。
コースはおろか木立も見えない。足元しか見えない。
一寸先は・・・白。

要するに5m先が見えないんです。

どうしたらいいんだ。去年1度だけきたことがあるが、もちろんコースの様子なんて覚えてない。
立ち往生することしばし、人影を見つける。
すかさずその後に着いていって、なんとか降りられたと思ったのも束の間、
コースアウトしてた・・・。
ちなみにその人は正しいコースを滑っていた。
ぴったり後を付けていくのも怪しまれるかと思ったので若干右にそれてみたのだが、
気が付いたら赤いポールとロープの外だった (*∀*)イカーン!!
危ねぇ危ねぇ。
「気が付いたら山肌だった」「気が付いたら崖だった」・・・
前者はよくやるけど、後者はできるだけ避けたいところだ。気づいたときは多分手遅れだ。

初心者コースなのに、降りるのにえらい時間がかかってしまった。
そんなこんなで午前中は1時間15分くらい滑って6本という、きわめて不調な滑り出し。

そして今回ほどゲレンデに座り込んでるボーダーが好ましく思えたことはない。滑っていって人影が見えたら、そこはコースだということだから。
座り込みしてるボーダーに向かって滑っていく・・・(*∀*)なんてこった!

お昼食べてる間に霧が晴れ、本降りの雨→激し目の雪になった。
(後、みぞれになった)
あぁ、雪になってよかった(??)。とにかく視界は晴れたので、気を取り直してすべる。
そういえば今回は寒くない。やはりアサマ2000が寒すぎたのだ。なんせ標高2000M(であろう)。
対して今回は1280Mらしい。
でも天気が悪いので着てきたセーターは大いに役立った。
そしてみぞれのためウェアが濡れる濡れる・・・。
リフトに乗ってる間、袖にまでみぞれが入ってきた。首も濡れたし。中の服まで濡れるなんて何年ぶりか。。。以前心配したとおり、ウェアの裾はビチョビチョだった。だからウェアに毛糸なんて、ぶつぶつ。


今回は合計20本でいさぎよく撤退。
プランに含まれてたので併設施設のお湯につかった。
最後を滑ってからバスに乗るまでの時間は30分弱?よくやった。

ちなみにゲレンデはボーダーが多かった。
ボード用の大きいコブのあるコースだったからかもしれない。
そこも滑ってみた。ちょっとジャンプできて嬉しかった。

今シーズンはパウダースノーのところで何度も滑ってたせいか、ここの、特に今日みたいな多湿でコンディションが悪化した粘っこい雪は滑りにくかった。
去年の失敗を活かし、今回は確実に営業中で人もたくさんいるコースばかり滑っていたのだが、斜度がゆるすぎてあまり面白くなかった。
特にコース最後の200mくらいは上級も中級も、平坦になってしまい、リフト乗り場まで「歩くスキー」をやることに。まぁトレーニングになるのでよいです。最近スキーやってもあまり動かないし。

レンタルは、アサマ2000よりはちょっといい。
靴はHEAD、初心者ブーツだけど足の甲の部分にも調節器具がある。
板は・・・なんか重かった。雪のせいかもしれないけど。

ウェアはともかく、ゴーグルはいいのを買っといて良かったと思った。
霧の中でも裸眼と同じか、あるいはそれ以上に見える(コントラストが強くなる)。
安いゴーグルだと見えなくなっちゃうけど・・・。
別窓 | ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
テンプレ、変更。
2008-03-09 Sun 22:40
ブログのテンプレート、変更してみました。
冬も過ぎつつあるので、ちょっと明るい感じに。
タイトルの切手のところが時間によって画像が変化するんですよー!ちょっと萌え。
別窓 | web | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
応用数理。。。
2008-03-09 Sun 22:38
行ってきました話してきました。
応用数理学会春の大会@首都大学東京。

16時からのセッションだったのだが、せっかくだから13:30からの総合講演も聞こうと思って、12:50に南大沢駅に着いた。
さぁ、そこからお定まりの迷子劇が始まりましたよ。。。

大学の門まで駅から徒歩2分くらいのはずが、たっぷり40分歩きましたから。
知らない人に2回も道聞いちゃいましたから。
だって!信用して持ってったGo○gleマップのラフェット多摩と駅の位置関係が、てか、駅の向きが、あぁ、、、駅の向き。
駅の・・・向きか・・・orz
駅の向き(というか、線路の走る方向。つまりは自分が電車に乗って運ばれてきた方向)を、間違っていたのか・・・。今の今まで、気づかんかった・・・・・・。そうかぁ悪いのはマップじゃなくて自分だったかぁ。

Go○gleマップと、駅前探検倶楽部のお出かけ道案内による道順入り地図、および大学のHPにあった駅からのアクセスマップを印刷して持ってたんですけどね~。
え?もちろん全部見ながら歩いてましたよ。


迷い様があまりにひどかったので、G○ogleマップを使って記録してみました。
MinamiOhsawa.jpg

青が正しい道、赤が自分が歩いた道。
左下と右上で大きく方向転換しているのは、そこはほら、親切な人たちに道を聞いたところだからだ。
何とか本来の道と(ほぼ)同じ地点に到達したものの、「正しい道」で到達できる門は、丘の上の高いところにあるため、地上からは直接いけないことが判明し、愕然。「駅から直接」くれば、問答無用で高いところを歩くことになり、何の苦労もしなかったはずなのだが。。。
そこで敷地沿いに回りこむ作戦。左上でヘアピンカーブしてるのは、そこからゆるーい坂になっていて、門のところまであがれることが分かったから。え?到達した時点で道を駅側に渡って階段登ってくればよかったって?いや、もう一つの門が近くにあると勘違いしてたんだよ。
この坂がなかったら死んでおった。そのあたりは人も随分少なかったのだ。

門まできたら、門、閉まってる。。。
えぇ~(´Д`;;;)
よーく見たら、一番端っこだけ開いてた。よかった。

12:50に駅に着き、会場の建物に入ったのが13:30!!

そしてPCは重かった。
予定以上に歩いたせいかもしれない。
だが、Mac Air(最薄ノートPC)を本気で欲しいと思った。

会場では元数理のI先生にお会いした。

発表直前の休み時間にPCの接続チェックをしたところ、な、なんと画面が白黒に・・・!!
もしくは白黒の上、赤紫の縞々に!!
えぇー、なぜだ!?
あたふたしてたら、スライドショーモードなら表示できることを教えてもらい、なんとか乗り切った。
でも表示は本調子じゃなかったし、「背景を透明にする」をした画像は、背景がなんか水玉模様になってた。新聞の写真を拡大したときみたいな。
でもなんとかできてよかった、よかった。
(そして発表後PCは落ちた。「セーフモードとの選択」画面が出てくるという落ちっぷりだった)

発表は、初めて自分で満足できるしゃべりができた。
たとえ20分でも・・・!
なんて落ち着いて話せたんだろう。

今までM1のときの数理輪講が1番よかったのだけど(こちらは1時間)、ようやく更新された。
んー、やっぱ人間進歩っすよねぇ。今日の自分はよくやった・・・(歩きも含めて)!!

あと、「業界内ではどこかで名前がまわっているという噂」を身を持って体験した。
別窓 | 研究 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
SMIタイトル
2008-03-09 Sun 21:51
ボスがPC chairに直接メールで問い合わせてくださった。
相手の名前がファーストネームで・・・愛称で!!さ、さすが~。

そして返事は来た。
そりゃもう速攻で15分後くらいに。
さ、さすが~。

とりあえずタイトル変更の件はokが出た。
よかった。
内容は「削るのみ」で追加はしない。
スペース的にも追加は無理。

ただしCGAに投稿しちゃってるものとの差分はまとめておかないといけない。
ほぼ同じ内容の、いわゆるextended versionになってるわけだから。
もちろん説明も洗練されてる。
別窓 | 研究 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| ―*暫定住居*― | NEXT
copyright © 2006 ―*暫定住居*― all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。