chowe
http://chowe.blog106.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
最後の挨拶
2010-03-31 Wed 01:23
今日30日を持ちまして真に大学を去ることとなりました。
大学生活を通じて知り合った皆様、大変お世話になりました。

荷物をまとめて送って、
PCをフォーマットして、
学生証やエントランスカードを返却して・・・
明日作業ができないので、今日あらゆる作業をすることに。
結局研究室の皆様に随分お手数をおかけしてしまいました。
でもそのお陰で全て終了しました。
研究室の皆様、最後まで本当にありがとうございました m(_ _)m


これで思い残すところなく明日はR研に行くことができます

スポンサーサイト
別窓 | 大学 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
退職祝い
2010-03-30 Tue 02:16
母が今月でついに退職する。
母、長い間お疲れ様、そしてありがとう

週末帰省する用事があったので、退職祝いの一つとしてチョコレートをプレゼントした。
贈ったのは、デカダンス ドュ ショコラのチョコレートボックス
P1050665.jpg
ビターチョコでできた箱の中にチョコが入ってる粋な逸品。

先日修了式の帰りに両親と渋谷でお茶をした折に一緒に見て印象に残ったものだったので、話題としてもいいかと思ったのだ。池袋店にはホワイトチョコレートバージョンもあったのだが、まぁ、ホワイトチョコなんて僕はチョコじゃないと思うわけですよ。だから通常のビターで。

これね~、なかなかいいですよ、、、うん。誰に見せてもウケる。
箱部分はかなり食べにくいかもしれないけれど。
ネタとしてかなりいいものを贈ったと思っています。
箱チョコのデザインもセンスがいい。
ただね、ひとつ難点があるとすると、中に鎮座ましましているチョコはホワイトチョコベースのものが多いということ。参ったね~。全部ビターだったらよかったのに。
ちなみに自分が一番食べたい部分は箱に乗ってるオレンジです。
別窓 | 家族 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
My Post PC
2010-03-30 Tue 00:50
稼動しました。
現在新しいデスクトップで作業中です。
別窓 | ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
Curves & Surfaces 2010 出張旅費
2010-03-27 Sat 01:38
4月になるともう大学にはあまり来ないので、
今のうちにCurves & Surfaces の出張のための航空券手配&出張費申請をしたい。

今日、航空券をHISで手配。
しかしこのお金、誰か払ってくれるんだろうな…。
別窓 | 研究 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
裏 修了しました。
2010-03-26 Fri 02:29
――。
分かってたんです。雨女だから。
今まで、中学も高校も大学も卒業式は雨だった。
今回に至っては、修了式前日から降るという念の入れようだ。
色んなイベントで雨が降りますが、特に卒業式は雨になる。

安田講堂、修了者しか入らないのに定員オーバー。立ち見決定。
テンションあげるべく血糖値を高めるゴキゲンな朝食を心がけたのに、途中で気持ち悪くなった
一番後ろで良かった。壁にもたれかかれる。
分厚いビロードのカーテンがあって、寄りかかり心地も悪くなかったぜ……。

大学の歌、心に刻み過ぎてあれ以来ずっと頭の中リフレインしてるんだ。CD買っちゃう勢いだ。今ならバッチリ歌える。
でもそろそろやめて…、心おきなく新しい職場に行けないから。

そういえば修士の修了式の後、数理では懇親会してたなぁ…。今年もあったのかなぁ。うちはないです。
懇親会だけじゃない。
先端学際は同窓会がない稀有な専攻」だと専攻の修了式で先生がお話なさってたっけ。
同窓会もない、懇親会もない、
それどころか、同期も同じ研究室の人以外誰も知らない今年の修了者数は6人とかだけどね、初めて会った人が殆ど。
同期じゃない学年はもっと知らない。
う~ん、さみしい(´~`)
最終学歴のところで同窓会の云々が発生すると思うのだが、これでは何も期待できない。
そもそもこの専攻、果たして20年後もあるのだろうか…。
あぁ、だから、「あなたたちが自発的にやってください」っていうお言葉につながったのか…。
ま、いっか(´~`)過去は顧みない女だから

***
さてさてさて!お待ちかねガウンの写真ですよ!!
先に牽制しておきますと、ボスは人格者だから「似合うじゃない」って言ってくれました。
CIMG5709-s2.jpg


ガウンをレンタルした同じ研究室の同期と共に比較してみたところ、どうやら購入とレンタルとでは大分違うということが分かりました!
自分たちにはもう何の貢献もないけれど、後輩の役に立つかもしれない…と思い、違いをまとめてみました。

・ガウン
  生地: 共にMITSUKOSHI。しかし生地とタグが違う。レンタルはカーテンのような生地で、何かの鎧のように重い。昨日は寒かったが、コートのように暖かかったらしい。購入は固めの普通の布で、寒さはとてもしのげたものではない。
  襟(正面の長い黒いところ): 購入はベルベット。レンタルは普通の布。

・フード
  これもまたMITSUKOSHI。
  スーツに固定するための紐:レンタルのは異様にちゃちく、安全ピンで止める仕様。購入はもうちょっといい紐と、ガウンに固定するためのボタン用の紐もついている。
  フード裏の生地: 購入の方が光沢がある。縫製もきっちりしていて縫い目が表にない。

・角帽
  生地: レンタルはもけもけしている。なんかあったかそうだけどくたびれてる風。購入はしゃりっとした固い生地。
  形状: 購入は角ばっている。また、生地が固いため頭にフィットしない。後ろにマジックテープが数カ所あるのだが、一番きついところに止めても全く固定されない。そのため少しでも頭を動かそうものなら一瞬でどこかに吹っ飛んでいく。レンタルはなんか丸っこい。生地にも伸縮性が多少あるようだ。頭にフィット。もちろんお辞儀も可能。


レンタルも購入も、どっちも修了見込書(工学系窓口@本郷に行かないとすぐにはもらえない。「3日以内の発行」扱いとなっているため、駒場の人超注意。)がないと渡してもらえないよ…。だからヤフオクに出たらそれは確実に修了者が売ったものよ…アシがつくわよ!特にワッペンから。
予約は2月頭には結構埋まる感じよ…。
研究科によって袖に着けるワッペン(!)の銀杏の色が違うためか、研究科ごとに数が決まっています。ちなみに工学系はオレンジ。
気になる料金は、レンタル1万、購入は…秘密です
そして以前書いた通り、サイズはMとLの2サイズで、170cm切り替え。。。。ありえん。

ところでこの帽子、なぜか見る度「タケコプター!」って思う。

これを着て研究室前の廊下にいたら、B4がやってきた。
彼は「ハリーポッターのコスプレしてる人がいる!やべぇ無視しよう」と思ったらしい。
うん、そうだよねぇ。これはどう見ても…!!そして大学内にそんなヤバい人がいたら、自分もきっと無視します。
露骨に通る道を変えるかも。

最後に、研究室にいた某講師に着ていただき(多分ご祝儀的に着てくれたんだと思う)、他の人たちと証拠写真を激写してみました。これぞコスプレ。写真は載せませんが異様に似合っていたのに一同驚きを隠せませんでした。B先生にこの写真送ってみようか……、
別窓 | 大学 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
HP晴れて更新
2010-03-25 Thu 16:30
ホームページの身分をPh. D. Candidate から Dr. Engg. に更新!
別窓 | web | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
修了しました。
2010-03-25 Thu 01:42
時間の流れは公平で、悪あがきして学生の身分を今まで延ばし延ばしてきた僕もついに今日博士課程修了です。もう学生の身分に戻ることは基本的にはないんだなぁ。
そう考えると、何だかさびしい。
今までは”その次の課程”があったので修了は中間地点に過ぎず、さびしくなんてなかった。認識が甘かったんだなぁ。今回で本当に最後だよ。
自分の場合、両親も親戚も殆どみんな教員で、学校から離れた人生の実感もいまいちわかない、というのも大きいと思う。

もう学生でない、ということは、今まで無条件で質問を許されていた身から、質問を受ける側になり答えを期待されることである。今までこの権利を存分に行使してきた自分にとっては大変不安なことである。実力不足なのかもしれないと悩む自分に、先端学際工学専攻の学位記授与式で宮野先端科学技術研究センター長がしてくださったお話はまさにうってつけであった。
曰く、「質問を受けて冷や汗をかく場面がたくさんあるでしょうが、それを隠して答えられる人になれ」と。但しこれはあくまで当座のお話で、理想は「その答えは、○○の立場ではA、××の立場ではB」とか「まだその答えは見つかっていない」とか事典のように答えられる状態だが…。その状態の引き合いに出された人物はノーベル物理学賞(センター所長は物理の人)であったけれど、目指すことは悪くない。

それにしても、学位記(や卒業証書)をこんなに感慨深く眺めたことは今までなかったなぁ。

大学(学校)の歌も、こんなに心に刻んだことはなかった。
というか、歌自体がいいんだよ。ただ一つ、と、大空に、が歌われたのだけど、後者は北原白秋&山田耕作だ。これで心に沁みない日本人はいない。
かてて加えて、自分の学部のときの大学はね…、校歌は皇后の詠んだ短歌、五七五七七で全長30秒だったからね。。。。。。
安田講堂は修了生だけだというのに椅子が足らず立ち見で、途中で気分が悪くなってしまったのだけど、それでも感動した。
他はさほど気持ちが揺れたわけではなかったが(もともとあまりこういう場面で感涙にむせぶタイプではない)、やっぱり、音楽の力は偉大だ。人の心に訴えかけて心を動かすような音楽には経験から、一人でやってるのではパワー不足でダメで、オーケストラや歌が入るものがいい。そのような音楽から離れて何年になるだろうか。3歳でアンサンブルから合奏人生を始めたけれど、もはややめて久しい。そろそろまた何かやりたい。
別窓 | 大学 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
My Post PC とかとか@研究室
2010-03-24 Wed 01:08
現在自宅では研究室から借りているノートPCをメインに使っているのだが、
いよいよ返却ということで、次のPCを購入。

春からの職場で用意してもらうことになっているPCとの兼ね合いや必要なスペックなど、
O講師に相談にのってもらう。
ドスパラでデスクトップを購入。ディスプレイは調子に乗って24インチを買ってしまった。
R研で用意してもらうのより大きい…それはいいんだが、これ、机に乗るのか。
そもそもこの机、盛大に壊れてるんだが。。。(´Д`;)ネオPC乗せたとたん崩壊!パネェ!!

Curves & Surfaces のレジストレーション&アコモデーション。
予想をはるかにはるかに上回る宿泊費が支給されることが分かって、
思いがけずファンタスティックなホテルを予約してしまった。

あと、研究室の廊下で去年のB4の人に会った。
なんかめちゃくちゃ痩せててびびった。
自転車こぎが功を奏したという噂だが…
春から行く先が、殆どの人が太ると噂の職場である身としては見習わねばなるまいな… '`,、('∀`) '`,、 エ○○○○○を3年間放置した君には無理でしょう
別窓 | 研究 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
卒業写真撮影
2010-03-23 Tue 22:54
昨日22日(祝)、卒業写真の前撮り@本郷。両親と。

今年は、卒業式数日前から撮影日が設けてあったため余裕の撮影。
自分たちが会場にいる間、撮影に来たのはたった4組しかいなかった。
よかった…前撮りにして。
3年前、当日に撮影したときは猛烈な混みようで気分が悪かった。
何よりこっぱずかしいガウン姿(自分の場合は恥ずかしい感じに仕上がるんだよ)を晒さなくて済む。

撮影中、スタイリストのお姉さんに「前髪は下ろす感じで?」と聞かれ、
当然のごとく「はい」と答える。
撮影後に見本を見たら、みんな前髪をオールバックにして角帽をかぶっていた。
あぁ、だから自分あんなすごいぱっくりした髪型に映ったのか…。
「ぱっくり」…意味不明だが、あれをうまく描写する言葉が見つからない。
あと僕が着るとガウンはなんかもんぺみたいだった

撮影後、天気がよかったので安田講堂前で記念撮影する。
式当日、母は実質的に人生最後の仕事の日なので来られない。
そこで一足早く記念写真。
講堂の右のサクラが1本だけ咲いていた。

休日だし、いるのは近所のファミリーや老人および合格して浮かれてやってきた高校生、疲れた感じの本物の東大生たちだけだ。そんな中不吉なまでに黒ずくめの、ガウンを着て怪しすぎる帽子をかぶった小さい女が安田講堂前にのこのこ登場…
「今日卒業式なの?」
「ねえ、あれ、見て!!」
「卒業?」
「何?卒業??」
"卒業"って言ってるのがすごい聞こえる…
しかしあの瞬間私は解脱して多分一生に一度の親孝行モード(おとなしく写真に映る)に入っていたのでこれらは全て聞き流した。そして、恐らく東大全敷地内で最もフォトジェニックな安田講堂のまん前に陣取ることで、いたいけな高校生たちの写メの撮影をすごい邪魔してやった。

その後、うららかな午後の日差しを黒いガウンで一身に吸収しながら、
逃げるように親を東大に残し一路眼科へ
一抹の後ろめたさはあったものの、診断結果を鑑みるとやはり一刻も早く受診して良かったのだ。
早よ良くな~れ……痛いです。

眼科で順番待ちをしている間、
両親は大学グッズを購入したらしい。
泊まっていた上の弟はどこぞの会社を受けてお疲れだったらしい。
下の弟(セブ男)は北京へ旅立ったらしい。
北京と言えばあの有名な皮の鳥ですが、むしろこいつがカモだと思います。
願わくは身ぐるみ皮ぐるみ剥がされることなく無事に帰国せんことを…(=人=)
別窓 | 大学 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
続 霰粒腫(さんりゅうしゅ)
2010-03-23 Tue 07:43
あれだけ大騒ぎして手術した霰粒腫ですが、
術後約1週間ということで、再び眼科を受診してきましたよ。

傷は治りつつあるものの、跡がまだ固いそうな。そして痛む。
目薬継続&一次中断していた軟膏の復活決定。
2~3週間経過観察処置。
完治への道は長い…。
別窓 | ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
法事?@Gunma
2010-03-23 Tue 07:00
昨日21日、祖父母の33回忌&3回忌しかも祖父命日でダブル法事@群馬。10:45から

朝電車で向かい、途中で10:20頃親の車に拾ってもらって…のはずが黄砂と強風来襲
2時間で行けるはずが朝8時の電車に乗ったのに、親と合えたのが11:50…法事終わってますから~~。。。

しかし前日から風邪をひいて熱っぽくぼ~っとしていて、喉と頭が非常に痛かったのだが、
黄砂
寒いホームで来ない電車を待って30分吹きさらし
諸事情によりとても重い荷物。
電車でも1時間半+30分フルに立ちっぱなし

法事とお墓参りをスキップして、会食の飯だけ食って帰るのも悲しいのでお墓参りはしてきたよ。
ところがお墓に着いてみると、みんなせいぜい20~30分前にお墓参りをしたそうなのに、お線香の灰もお水の跡も何もない。こはいかに…と怪しんでいたところ、どうやら非常に強い風と乾燥した空気のなせるわざだったらしい。

あんまり体調が悪かったので、会食では礼服の下にこっそりセーターを着用。
これに気付いた人はいない。
しかし食事を超食べたことで少々回復。どれほど食べたかは聞かないでほしい。


連休だというのに会食後なぜとんぼ返りするのか…
実はまた弟(上の)が就職活動で一夜の宿を求めていたのです。
そして忙中閑ありな私は今回はアップルパイを作りましたよ。これはタルトじゃなくパイです。最初サーブした時に言い間違えたのでパイと言い張ります。アメリカではこれをパイと呼ぶそうですし、作った本人が言うんだから間違いないよ。
P1050507-2-2.jpg
このアップルパイには現代の優れた画像加工技術をしても隠しおおせない何かがある
別窓 | 地元(G県)・実家 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
アカデミックガウン
2010-03-19 Fri 01:12
うちの大学は学位授与式で特に博士はガウンを着る人が多いです。
B・M・Dでデザインが違うガウン。だんだんちょっとずつよくなる…のか?ぶっちゃけ学長のが一番いい。
こんなかんじ

こればっかりはないよ~、と以前から固く固く決意していたのですが、
どういう風の吹きまわしか着ることになりました。
しかも諸事情により購入

このガウンは大学オリジナルとかで予約制。2月に予約して、本日引き取りに行ってきました。
なんと引き取りには修了見込証明書が必要…
我が専攻は駒場Ⅱという僻地にあり、母体の工学系研究科は本郷にあるため、
これをもらうためにわざわざ昨日本郷へ出向いてきました。

そして満を持して引き取ったガウンセット(ガウン・角帽(房付き)・フード・ワッペンの4点セット)は…
お、お、重い!!!そしてでかい!!!
研究系によってもデザインや色が違うのかなぁ?
自分のはラインとかが水色であった。
そしてガウンとフードにはなんとMITSUKOSHIのタグが。。。

サイズはMとLの2サイズなのだが、案内によれば
「ガウンのサイズは身長170cmが基準となっており、”170cm未満の方はMサイズ”」
なんだそうで。
身長157cmの僕としては、まぁ、なんか一抹の不安を覚えるわけですよ。
そこで試しに一人ファッションショーを開いてみたよ。

あぁ、、、なんか、肩にテーブルくくりつけられた黒と青のてるてる坊主みたいだ。
ガウンの肩幅が広ひろすぎる。
あと足首まですそが来ている。
女性はスカートだからすごいダサいとか思っていたのだが、全くそんな心配は無縁であった。
でもとにかくこの幅は異常だ。
ほんとアメフトの肩パッド入れて吊られているかのようだ。
しかもフードが長すぎて、背中ですごいとんでもないことになっている。
フード、腰まできてるんだよ。。。いいのかこれで??

帽子はなんか微妙であった。
頭にかぶせる部分のデザインが、なぜかのびたくんを彷彿とさせる。
かぶってみると…直径がでかい。。。
マジックテープでちょっと調節できるけど落ちてくる。

このガウンセットの中では一番サイズが合ってる角帽が一番似合ってる、
ような印象を受ける。
角帽が似合う…(゚Д゚) もちろん正確には、他が全く、なんだけどさっ
あぁでもこのガウン、たっぷりいい布がつかってあるせいか、
羽織ってる間なんかあったかかったんだよ。
一度だけ着てお蔵入りするかと思ってたんだけど、もしかしたら冬場の部屋着になってるかもしれないです。
別窓 | 大学 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
眼帯外れました
2010-03-17 Wed 23:48
久しぶりに両目の生活。
なんか世界が新しい。


と思ったら、右目使わなすぎせいで視力が「???」なことになっていた。
なんか、ディスプレイがたわんでいる…机が左に傾いている…やばいヨロヨロする、歩けない!

それでも1日過ごしたら、なんとか元に戻りつつある感じ。
まだ階段とかで右手をちょっと前に出しちゃうけど。
別窓 | ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
手作りな家族@白い日
2010-03-17 Wed 00:33
いつの間にか日本に戻っていた弟バリ男改めセブ男から、朝、電話があった。
「これから1--2時間で作れるクッキーかチョコレートの作り方を教えてくれ!材料はこれから買いに行く!!」
健気だなぁおい。
僕も2月に君にあげましたけど(※1)、まさかそのお返しですか。

2年か3年前一人暮らしを始めて全くもって食うや食わずの生活を続けて体調不良に陥った弟にもできるような、超初心者向けレシピを3つくらい教えて撹乱してやりましたよ。
でも、今良く考えると、こいつイタリアンのお店で調理バイト(!)してて結構色々作れるんだよな…ニョッキとかピザとかポタージュとか。もっと超絶技巧が必要なレシピを教えればよかった。すごいチョコ細工するとか。中身のめちゃめちゃ凝ってる何かとか。ケーキとか。

てかこいつ僕の目の手術のこと知らないな。でも自分も言い損ねたので仕方ないか…劇的に告げて、驚かせてやればよかった。

夜、就職先決定のメールを両親に送った。
返信メールによれば両親は父手作りのカレーを夕食に食べたというんだな。
これはすごいことですよ。だって多分彼人生2度目の料理だ。
一度目は事故により幻となったみそ汁(※2)。
二度目がこのカレー。
ふふ、小学校の調理実習コースを着実に歩んでいるわ。

曰く、”一度でいいから作ってごらん”が母の口癖であると。
これは事実だ。で、父のたまわく、
「一度も作らずして死んだら、あの世までも悔いが残りそうだから」。
これ、悔むのは母なんでしょうか。

でね、ここからが面白いところなんだが、
夕食に私はレトルトのカレーを食べたんだよ。
ほら、料理できないからね。
別に就職決まったお祝いじゃないんだよ。だからちょっと疑問もあるかもだけどいいんだよ。


セブ男が作ったトリュフ。
100316_1655~02
テーブルセッティングがやけにおしゃれ。
トリュフセンターと同じ、フルーツのブランデーコンポートをグラスに盛っちゃってるし。
(゚ε゚)おくれよ 教えてあげたお駄賃だぉ


***
(※1)実家に戻ったとき、いないとおもってたから両親だけに用意したんだけどね…実はいたから、種類がダブってるやつを1粒だけあげましたよ。やつが飼ってるネズミに似たやつです。白くて、かむと赤い柔らかい中身が赤い液体と共に出るやつ…赤い液体はワインです。ワインということは…おぉ?

(※2)父が早起きしてサプライズで作ったみそ汁を母は前日自分が作った残りと勘違いして捨てた
別窓 | 家族 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
進路決定
2010-03-17 Wed 00:12
今日事務面接を行い、4月から正式にR研で研究を行うことになりました。
皆様、改めて4月からもどうぞよろしくお願いいたします。

小学校に入って以来、初めて学生の身分から脱し、教育機関から離れることにもなる。
21年間…長かった……きっと学費もすごい。
この21年間で一体何を得たろうか。
真剣に考え始めると、身長とかアホなことしか出てこなくなりそうなのでやめておこう。。。

面接は事務面接であり、終始非常になごやかな雰囲気であった。
そもそも面接を受ける者が眼帯付きだったのだ。こんなネタがあるだろうか。
始まる前はぺらぺらと良くしゃべっていたこの応募者、
始まって自己紹介を始めたとたんに声が上ずりましたよ。
そしてまさかの研究トピックス全飛ばし。
多分応募動機に絡めて「~の研究をしたいと思い」とか言うべきだったのだろうが、全部すッとんで、
「研究員に公募があるって聞いて応募しました!」!!!うへ~~~

あとはもう今後の人生設計とか、特許についてとか、
あぁそうだ、趣味を聞かれた。趣味特技。
いきなりだったので焦ってどう言ったらいいか分からなくて、思いついた趣味を1つだけ言ったのだが、
…それで妙に場が盛り上がってしまった。
趣味、それ一つじゃないんだよ…そんなインドアでおしとやかな人間じゃないんだ。
なのに何かバイアスができてしまった気がする。

でも何よりのネタ…なんとほぼスッピンでしたよ!! ひぃ~~~
(最終)面接なのにスッピン。ちょwwやべぇwww
眼帯で半分くらい隠れてたのがせめてもの救い……
いやそもそも眼帯しなくていいのなら化粧してたから。
面接後の、配属先チームの方たちとの顔合せもほんとに顔合わせたのかどうか謎~w
あっ、合わせる顔がないとはこのことか~。
別窓 | 研究 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
J報処理学会投稿論文オンライン出版
2010-03-15 Mon 17:45
J報処理学会誌に以前投稿してた論文がオンライン出版(今はオンラインしかないそうな。でもそのおかげか、カラーでも白黒でも値段は変わらない)されたと、学会の担当の方からメールで報告があった。
PDFファイルも添付されていた。

適当に見ながら最後のページで著者の写真をチェック。
あ~、せっかく小さく写ってる写真を送ったのに、いい感じにトリミングされてしまったよ。
そして一つ発見。
このファイルを見るときは、是非倍率125%でご覧ください。
離散化誤差で目がいい感じに大きく見える。
別窓 | 研究 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
食事買ってきた。
2010-03-14 Sun 16:00
父…脂肪の入ってない動物性タンパク源(肉とか魚とか)、ほとんどないんすけど……。
脂肪0ヨーグルト買ってきたけど…

あぁっ!!こういうときのプロテい……
別窓 | ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
傷と油脂
2010-03-14 Sun 11:37
そういえば、手術当日、心配して電話ならぬメール(!目の手術した子供に携帯メールかよ!)してきた父に「ケーキがまずい…○○(地元のおいしいお店)のが食べたい」と返事したところ、

「食べるなよ、そんなもの!傷の時は油分の摂取は厳禁という常識を忘れたのか」

とおしかりのメールがきた。
ええぇ~~!?
そんなの聞いたことないんだけど…Google大先生もご存知ないとおっしゃる、眼帯フィルターで見えてなかっただけかもしれないけど。てかもうまずいをおして食っちゃったし

曰く
「所見は”傷の治りが悪い、化膿しやすい”。傷が大きい時はさらに”肝臓・腎臓に負担がかかる”」だそうな。
自身も内臓系に関して疾患をもち、健康・栄養に関してセミプロ級の知識を持つ父のこと、冗談かと思いきや本気でした。
皆さんご存知でしたか??
傷と油脂…の追伸
別窓 | ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
霰粒腫(さんりゅうしゅ) 6
2010-03-14 Sun 11:23
手術翌日13日
封印されし目玉を取るため、あっ違った、目玉の封印を取るため、午前中に眼科へ。
手術が昨日夕方で、あまり早いのも何かと思ったのでお昼近くになってから参上。

今日は医師Aのみ。
テープを外した…
そして……
眼を開かせた。
痛い。
自分「痛!痛たた!!痛い痛い!」
医師A「あ~…これは…まだ…(ぼそぼそ)」
でも結局このシールドは外して通常の眼帯(でかい)に。
というわけでまだこの時点では自分でもどんなか見ておらず。

帰り道、池袋駅構内とかデパ地下とか通って帰ったのだが、なにせ人の多い所、ぶつかることぶつかること……。
視界右側が全くないんだからね!
後ろからきて右側で追い越されると、いきなり真横に現れた!って感じで危ないことこの上ない。
あまりにぶつかるし、怖いし、びくびくするし…もう、
「俺の右と、後ろに立つな」
ってほんと言ってやりたい。もう眼帯で人ごみ、イヤ(つД`;)

あと、片目だと距離感や物の大きさが全く分からないんですよね。
コーヒーの瓶に粉を詰め替えてて、溢れさせたよ。砂糖も
(なんでよりによって今こんなのやってるん?)。
コーヒー作るときにもスプーンの手元が狂ってこぼすし…2回くらい。
ミルクもこぼすし。スプーンも取り損ねるし。

お店で食べ物を買って帰る時も、物、つかめないww
何じゃこの客?みたいな。

家で容器にお湯や食べ物をよそろうとしても、果たしてそれらがどのくらい入ったのかも良く分からない。
むむ、不便だ。しかしあと数日はこの生活に甘んじなくてはならない。

夜、目薬をつけるべく眼帯を外して鏡を見ると…
うぇ===

見なきゃよかった。
すごい「切った!!」って主張してるよ~ >_<
痛い!痛いよみてるだけで!!痛いて言うかきもい!!!
たった1mmでも、こんなに人体への影響は大きいのか、と実感。
まぁ、切り口は1mmでも中身ひっぱりだしたりしてるから、手術範囲はもうちょっと広いんだけど…。
こりゃ寝てなきゃだめだ!!寝る寝る!!!ひぃ!!!
ってことで、この日も早々に寝てしまいましたとさ。
別窓 | ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
霰粒腫(さんりゅうしゅ) 5
2010-03-14 Sun 11:04
あぁぁ、、、カテゴリ「ネタ」かぁ。。。かなり体張ってるネタだな!
えぇ、、、朝で少々体調もよいのでここらでレポートしますだ。
でも片目ですご~く見ずらいのでメモ調で。


手術当日(12日)
なんか、2-3日前に勝手に排膿したので小さくなった。
だからもしかして切らなくていいんじゃないかと思っていた。しかし甘かった。
医師A「でも固いよね」
医師B「そうね」
医師A「切ったほうがいいよね残るもんね」
はい、決定~。

超混みまくりの待合室を30秒という激ショートカットで診察室に向かった自分に対する他の患者さんのうらみがましい視線が、一気に憐みの視線に変わる。

右目下まぶたの目頭側の、「内側」をちょこっと切って中身を出します。
本来は外側近くにあるのだけど…外を切ると傷が残るという配慮から内側にしてくれるらしい。
いやいや、もう全然外側でウェルカムなんですけど!!
だって、ほら、外なら乾いてるし…内側って湿潤で毛細血管が縦横無尽だよ、血、止まらなそうじゃない??

手術はこのためだけに外部から呼ばれた医師B(ベテランの女医さん)が担当。
医師B「消毒薬が染みないように麻酔しますね、ちょっとチクッとしますから」
チクッどころじゃなかった。すごい痛かった。
歯医者さんで歯茎に注射する麻酔をしたことのある人は多いだろうから、それと比べてみよう。
はっきりいってあんなの足元にも及ばない。あんな注射なんか何十回打たれたって、かなわないよ!! >_<
あまりに痛くて涙がすごい出た。

手術が始まった。
見ていようと思って(そう、視力はバッチリ…ただ近すぎて、そして涙のせいでピントが全く合わない)眼を開けていたが、あまりの気持ちの悪さに耐えられず。

医師B「眼、そんなばっちり開けてなくていいわよ」
ほっ…そして私の眼は視界を失った。
といっても、枠状の何やらでがっちりくわっと目を開けられていたようなので、
まぶたが閉じるはずもなく、多分、自分の眼球はぐりんと上にあがったのだと思う。

何かが近づいて、切った、らしいところまでは見てたんだが…
何せ眼球に物が触るという感覚が新しい。
普段はコンタクト着用なので多少触りはするけど、そんなのお話になりませんぜ、旦那ぁ…。

目って普通触覚が機能しないじゃないですか。
そこに、麻酔で痛みこそないけれど、何かが触れている…動いている…当たってくる…
目で触覚。あまりに斬新な感覚。
自分には少し刺激的すぎて気分が悪くなり、2--3分たったところで本当に「気分悪いです」って言おうかと思ったほどだ。
思えば手術中ずっと全身突っ張ってたなぁ…恐怖で。

そして手術は進む。

「!! 痛っ!! 痛ッ!!!」
医師B「あっ、痛かった!?!?」
……
ふっ…ふ、ふふっ……痛かったでつよ~~。。。(つД`;)ぉぉぉん
何かをパチン、パチンとやってたときだったんですが、、、あそこ、麻酔きいてなかったんだろうか。。。。

医師B(おしゃべり)「あらっ…なか、なか…とれ、ない。固いわ、ねぇ!!」
そう、手術が(というか医者に行くのが)遅かったため、かなり硬化が進んでいたのだ。
それが手術を難航させた。

医師B「固くて取れないわ」
自分(しゃベれる)「固いんですか」
医師B「ええ。中身が入ってた袋がね…ちょっと頑張らないと。えい!えいっ!!」
ゴリッ…
ぇ、何今の…。
ゴリ、ゴリ…ゴリッ……
ぇえ~…なんでまぶた(眼窩の骨じゃない)でこんな固い音するの~……

自分「ゴリゴリ言ってます…」
医師B「あぁ、固いのよ。よい、しょっ、と!!!つかめた!!よし!とれたわ!!」
万事休す。これ以上なんか怖いこと起きたらどうしようかと思った。

医師B「じゃあ、このまま圧迫止血します!この上からしっかり押さえてて!」
眼の上にガーゼの固まりを当てて、すごい力で押される。
ぇぇぇ、目玉、大丈夫なん???
これ麻酔効いてなかったら絶対大変なことになってるって。

医師B「縫わないほうが早く治るからね、縫わずに圧迫止血します」
ひょーう。こんな部位においてもそうなのか。
医師B「離しちゃだめよ!離すとターッっと結構勢いよく出てくるからね!!!」
ひょう!

自分「あの、取ったの見せてもらえませんか」
医師B「あ~、取りながらガーゼに包んでグチャッとしちゃったわ。でも油と血と筋みたいなものよ」
あ~。見たかった。袋(きもい。しかも固いらしい)。

医師B「傷を残さないように内側を1mmくらい切っただけですから…でも外側で前に排膿してたところが切り口になってるわ」
医師B「今日は圧迫止血するから。
(ガーゼの上からすごいテープを貼る)
明日また来て先生に取ってもらって下さい」
そして後頭部をおもむろに押さえて、テープを上からぎゅ~~~っと押し付けるのであった…。

その後、左目だけコンタクトを入れて帰ろうとしたとき。
テープが、外れ始めた…。
そう、テープの下の化粧の影響である。
あわてて診察室へ戻ると、医師B、颯爽とかっこいいデザインの黒コートを身にまとっている最中であった。
本当にこのためだけに来たのね…。
医師B、まるでブラックジャックのよう…
でも料金は(薬代抜きで)5000円かからなかった。

その後薬局で薬の処方を待つ間、早速麻酔が切れ始めた。
そして帰りながらケーキを買ったが、その顛末はこちらに続く。まぁこの後食べたんだけどね。(ケーキのクリームが微妙で)気持ち悪くて2回に分けたんだけどね。


・・・
・・・・・・
最後に。
来週頭(あっ。てか、明後日だ!)にあるR研の面接は眼帯付きで行きます。
R研に…片目の女登場。
へっへっ。
別窓 | ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
霰粒腫(さんりゅうしゅ) 4
2010-03-12 Fri 17:43
切ってきたわけですが。
痛い。

セルフご褒美にケーキ買っちゃったけど、
とりあえず寝ることにします。。。
別窓 | ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
評価と評価基準
2010-03-12 Fri 00:56
あれが評価されて受賞する分野なんて、僕は足を洗ってしまいたい。

別窓 | 研究 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
奨学金最終報告会
2010-03-12 Fri 00:39
博士課程で3年間頂いていた奨学金の提供元の会社で、最終成果報告会。

博士取得お祝いも兼ねてランチをごちそうになった。
Chez AZUMA
ごちそうさまでした~ ^^
おいしかったです。
苦手でいつもは食べないフライドポテト(っていうんだっけ?ジャガイモの細い揚げたやつ)もここのはおいしかったので結構食べたよ。

その後研究発表。
むむむ、、、分かっちゃいるけど理論系はこういうとき辛いね ^^;
発表スキルの向上が求められております。。。

3年間、大変お世話になりました。
おかげでお金の心配をすることなく3年間も研究を続けることができました。とてもありがたいことです。
事務の奨学金担当のKさんにも色々サポートしていただき、激励もしていただきました。
博士号がつつがなく取得できたのも、この奨学金の恩恵によるところが非常に大きいです。
ありがとうございました。
別窓 | 大学 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
D論 on the web
2010-03-12 Fri 00:23
webにアップ。
…見なくていい。。。
ほら、所詮論文の寄せ集めだから。

英語がナントカとか言わないで。
承知してるから。もうほんと恥を忍んでのアップなんだから~。
別窓 | 研究 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
D論お渡し
2010-03-10 Wed 14:24
昨日の話。

副査の先生方にD論をお渡ししました。
これにてD論関係の手続きは晴れて終了~

審査を引き受けてくださった先生方、大変お世話になりました。
審査の時に、非常に(ほんとに)有益なコメントを下さっただけでなく、
今回製本した論文をお渡しするときにも大変励ましていただきました。
研究者としての門出をこんな風に祝福してもらえて、本当にありがたいことです。

毎年何百人もいるこの大学の博士号取得者の中で、私は決して突出しているわけではありません。
むしろリアルに知ってる人に対しては、こんな表現をするのもはばかられるほどです。
でも、お渡しに伺っている間ずっとほめちぎって(という表現がぴったりだ)激励していただいたのです。
そしてすごいやる気がというかやれる気がしてきたよ。

こんな風に手放しに学生を励ましてやる気にさせる、これって普通はなかなかできない・しないんじゃないかな~。
東大の先生方は能力はもちろん人格的にも素晴らしい方ばかりだけど、
この先生はきっと、人間的にもとりわけ素敵な、学生にも人望のある方なんだろうと思う。
そう思わせる何かがある…それを昨日このencourageにみた。
こんな素敵な先生方に受け取っていただけるなら、ハードカバー製本10冊超え自腹は痛いとかもう気にしない。
あっ、でも邪魔だったら自分の目に見えないとこでいかようにも処分してくださ~い。。。見えると悲しいかもしれないから

あんなに褒めていただけた自分は大変な幸せ者です。
どうも自分がイケてない分、
昔から先生にはものすご~く恵まれるんですよねふふふ~ww
先生の恵まれ度なら、誰にも負けません!!

今まで派手にいろんなとこ渡り歩いてきてるのでこれには自信があります!
別窓 | 研究 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
本製本到着
2010-03-09 Tue 02:11
D論の本製本(ハードカバー製本)が届いた。
主査・副査の先生方には規則により受け取ってもらわなければなりません!
お渡ししに伺うのでご覚悟の上、暫しお待ちください
あっ、もう渡しちゃった先生方もいる~

あぁぁ、ついにハードカバー(高価・有料。エラーがあると個人の懐に実害が伴う)になっちゃったよ。
ほんとにいいのかなぁ、こんなんで。。。
あまりに怖くて、中身は読んでない
(原稿持ち込みだったので、製本業者に渡す前に一度チェックはしてある)。
かろうじて表紙だけ、綴り間違いがないか確認した。


そのとき気がついたんですけどね。

僕の名前、人名漢字に登用されてから、新字体になったんですよ。旧字体はもう使われなくなったんですね。
これが僕の生まれる1年前。
ところが名付け親たる両親は、旧字体が好みであった(※)。
で、旧を使い子供(自分)にもそちらで教え、
この旧字体による署名は最初のお役所書類を自筆しなくてはならない高校入試まで続いたわけです。

ところがところが、この製本、出来上がりを見てみれば、
なんと、名前が旧字体になっておる。
Xорошо!
版木が、2x年前からずっと大切に使われてきたんだね…
そして名前に持つ人がD論の製本を頼むようになったのが去年からであるから、気がつかなかったんだろうな。
でも指摘しないよ…僕はこの幸せな見過ごしの恩恵を享受し続けたいんだ。


***
(※)ぶっちゃけ、旧も新もパッと見違いがわかりません。
たとえ分かっても、誤差です誤差。
別窓 | 研究 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
持つべきもの
2010-03-09 Tue 01:55
持つべきものはいい弟だ…渉外のできる弟。
今日(昨日)は弟に感謝です~
別窓 | ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
~3/7
2010-03-08 Mon 01:32
背景、戻しました。
別窓 | 「ブログの説明」ログ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
年度末につき
2010-03-08 Mon 01:04
なんか急にすごく忙しくなってきた。
急に年度末ぎりぎりに予定入れるの、やめてほし~。。。
別窓 | ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
霰粒腫(さんりゅうしゅ) 3
2010-03-05 Fri 22:26
昨日しばらく血が出てたため
恐怖に駆られて、今日R研のシンポジウムの後に3日前倒しで医者に行ってきました。

切開手術決定~。(※)
あっ、初めての切る・縫う(いや、多分縫わない)だ!

以前「"さんりゅうしゅ 手術"とかでググると怖い」的なことを書いたのだが、
そう、例えば
・2--3日は何もする気が起きないほど痛い
・1週間ほど内出血で顔に大きな痣ができてお岩さんのようになる
などの体験談が出てくるのですが、
医者の説明によればどうもこれらは自分のケースにも当てはまるらしい。

医者 「当日はかなり大きな眼帯をしてもらうことになるから」
自分 「この間みたいな感じですか」
医者 「…。いや、もっと、こう…(顔半分にヘルメット的なジェスチャー)」

手術を担当する先生が来るのが来週金曜とからしく、
その日に施術予定。

医者 「一週間はあざとかできるかもしれないよ!眼帯は早ければ3日くらいで外れるけど」
自分 「あぁ、、、ちょっとその次の週に予定があるんですが…」
医者 「眼帯してても大丈夫でしょ!」
自分 (うはっ。。。)
医者 「その次の週だと卒業式や卒業写真でしょう。さらに次だと26日だねぇ」
あぁ、それはだめだな…。
まさかの眼帯職場デビューになっちゃうからね。。。
まぁその週が一番都合がいいのかもだけどね。。。

だって、なんだか、12日の次の週あたりに、就活の最終面接がある気がするのだよ…。
まだ日程の連絡来てないけどね…。


***
(※)医者 「もし万が一治ったらしないけどね」

あっ、そういえば、麻酔はするそうですが、
…見えるの???見えないの~~???
聞き忘れた!茫然としてて。ひょ==!!(@Дx)
別窓 | ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| ―*暫定住居*― | NEXT
copyright © 2006 ―*暫定住居*― all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。