chowe
http://chowe.blog106.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
寒い!
2011-09-30 Fri 05:11
ぐぁーもー寒ぃ---!!! \(`Д´)/ キーーーーー
既に何度もご報告した通り、スーパーでクリスマス商戦の火ぶたは切って落とされ、衣料品店では革ジャンが半額になりダウンとブーツが全盛です。まだ着るほどではないんですが。

しかし僕は着たくある。

でもまだヨーロッパ人はタンクトップだったりするので、迂闊にダウンなんか着たら、さすがに一目見て外国人の僕も怪しい目で見られてしまうかもしれない。あぁ、でも、「みなさんとは体感温度が違うんです」、って札下げたっていいから着たい。

寮のヒーターは気温に応じてスイッチが入るのか、今夜は部屋が冷え冷えとしているのです。東京にいた頃着てた、あったかい室内着のガウンが懐かしい(※)。。。。゚(。ノωヽ。)゚ 親はロシアンに寒さ対策を仰げと言う。しかし無駄であろう。なぜなら彼女はまだタンクトップで過ごしているんだ。そして冬場の防寒着はロシアから持参してるんだ…。

まぁほらあれだよ。僕寒がりだから。
…ゆたぽん…ゆたぽん……。今のとこだとマイクロウェーブがないから使えないけどー
手から高周波が出たらいいのに。。。



***
(※)ガウンがないから、こちらで購入したマントを羽織ってます。そういえば最近、マントと一緒に買った靴やセータージャケットばかり着てるな。
スポンサーサイト
別窓 | ウィーン | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
賞味期限の謎
2011-09-30 Fri 04:28
以前フランス人のSから日本製のふりかけ(オーストリアで購入)を譲り受けた話をしました。
今日気が付いたのですが、
・・・「賞味期限 2011年 8月」ってなってる。。。

えぇ~~~(´Д`;)
もらった頃、既に切れてたんじゃん。。。おかしいな~。Sはそんな子じゃないんだけどな~・・・

しかし「賞味期限 云々」。そう、日本語表記なのですよ。
じゃあヨーロッパ人誰も気づかないじゃん??

そう思って瓶をくるくる回してみると、ちっちゃくドイッチュ語で「2012年 2月まで」って。

えぇ~~~Σ(´Д`;)!?!?
まぁ、確かにこっちは乾燥してるから、乾物は痛まないだろうけどねぇ・・・
狐につままれた気分ですよ。
そういえば、もらった時既に開封して大分経ってるようだったのに、驚異のカラカラ具合であった。


それにしても、賞味期限、どうやって変換してんだ??
別窓 | オーストリア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
頑張り中
2011-09-29 Thu 04:10
今週はプログラミング、勉強、英語を頑張っています。
5月~6月は勉強に注力してたけど。

しかしプログラムの挙動はおかしい。
どれだけ時間をかけて目を凝らしてみても、一向に間違いが見つからない。
そういえばプログラミングは学部の時から一番苦手だったのでした。
他がどうかと言われれば、まぁ、優しい大学だったので。。。
なんで今プログラミング必須のことしてるんだろう。
といって理論ができるかと言われれば、それはもっとできないのでした~。

なんか読んだ人の気分を萎えさせる記事でごめんなさい。
失った元気は私のところにきます。
別窓 | 研究 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
気になってた曲、発見。
2011-09-26 Mon 04:52
ずーっと昔に弟から借りたCDで聞いて気に入った曲で、サビとメロディーしか覚えていないものがあったのですが、そのタイトルを今日ようやく知ることができました。
サビの "Hello, Hello, Hello ..." しか覚えてなかったからあきらめてたんだよねー。これでカラオケの持ち歌に加えられる!



それにしても、これだけ連呼してる割にはタイトルにHelloは含まれてないのね。
どうりで、”Hello”で検索しても出てこなかったわけだ。。。

別窓 | ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
お祝い
2011-09-25 Sun 04:44
隣の部屋で、ハッピーバースデイをうたっている。。。ケーキも食べるんだろうか。


そういえば先週は、同じグループのBのドクターディフェンスがあったのでした。Bは留学生。この日のためにスーツを用意したという。
審査員は2人。指導教員と、外部の先生。って、この「外部の先生」、つい最近までこのグループに籍があったM先生なんですが^^; いつの間にかロンドンに行ってしまわれた・・・。
そしてそして、このディフェンス、我々も参加できるのです!ぞろりと居並ぶ学生&PDたち。

発表時間は20分と短く、質疑応答がそれぞれ20分くらい。質問は厳しい。たまたま審査員がそれぞれ理論と実装のプロだったので、各方面からの質問がバランスよくされていて、・・・自分がターゲット(w)じゃなくて、ああよかった。いやよくないのか。こういうのを潜り抜けた人たちと対等に戦わなくてはいけないのだからな~困るなー、いやなんかすいません。

そして、その日の午後、みんなで晴れてお祝いをしたのでした。ドクターだから豪華にシャンパンとザッハトルテで!!組み合わせに何か言うんじゃない。華々しくていいじゃないか。
このグループのの各種お祝いでクグロフ以外のケーキが初めて出てきたぞ、と思ったら、どうやら本人(非オーストリア人)が用意したらしい。どこからかかき集めてきたシャンパングラスと、ザッハトルテと、てんこもりの生クリームの入ったでかいカップが並ぶテーブルで、新たなドクターの誕生を祝ったのでした。
別窓 | ウィーン | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
いいことあったよ
2011-09-25 Sun 02:59
ちょっと最近本業でキリキリしてるのですが、今日の午後体を動かしがてら出かけた蚤の市で、ちょっといいことがありました

今日も飽きずに古絵葉書蒐集。
たまたま商品を見始めたお店で、店主の目に留まったのか、奥からとても素敵な装丁のアルバムを出して見せてくれたのです蚤の市には本業(アンティークショップ)の人もかなりいます。こういうところでは奥に、店頭よりいいコンディションのものを密かに置いてあることがあるのです。
で、そのアルバムをめくっていたら、さらによいコレクションを出してきてくれたのです。なんと、なんと。。。
こういうところで出会ったものは後で見返しても、ちょっと嬉しくなりますねぇ。思い出付きお土産というか。

結局、今日はWicheraなどのウィーン趣味もの(参考)を3点購入しました。大体1910年前後の葉書です。
アルバム入りだったのでコンディションも上々です。買ったものに関しては、解説までしてもらっちゃった。
ここはウィーンなので宛先はウィーンだぁ~。前、知ってる地名の入ってる葉書も買ったことあるぞ
別窓 | ウィーン | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
食べ物のビックリ
2011-09-25 Sun 02:38
昨日停電だったので、今日の午前中は大学へgo。
お昼はまた、大学裏の市場、ナッシュマルクトでケバブとStrum(ワインになりかけのぶどうジュース)。
変わり種の、「ざくろのStrum」なるものを見つけたのでトライしたものの、大して甘くない上に若干苦かったです。ちぇ。

そうそう、日本ではどうだったか定かでないですが、こちらでは、バターの賞味期限が1ヶ月もないんですよ。
信じられますか??
(あ、去年色々作って人に差し上げたりしていましたが、ちゃんと新鮮この上ないものを使っておりましたのでご安心ください)

で、普通に125gとか250gとかで売ってるの。まぁ、ホテルとかで個包装されてるのが20g~30g(だっけ???)だと思うとヨーロッパ人には軽~く消費できる量なのかもしれませんが。。。アジアンには、無理、無理~!そんなことしたらfatを着ちゃうよ!

そのバターを塗る、パンの食感について。お菓子文化が豊かなためか、ドイツ語圏だけどふわふわした食感のパンもあります。食パンもどき(”サンドイッチ”という名である)とか。デニッシュ(日本のよりがさつな感じだ)やクグロフとか、日本のものとほぼ同じ柔らかさのスポンジ生地のケーキとか。。。固いパン以外もバリエーション豊富です。でも、いずれも日本のものほど生地が均一ではありません(本家がこちらだと考えると、日本のパンの方が妙なのかも)。しっとり、もっちりといった食感も多分、無縁。
いやちがった、あることにはあるんですよ。ある、あります。しっとりしたパン。スーパーに一般的に。数が多くはないけど。ただ、味がね!!甘くてしょっぱいのです。種類によっては甘くてしょっぱくて酸っぱい。

だから帰国時はしきりに食パンを食べてました。ご飯も食べたけど。。。

そんな中、今日大学隣のアジアンショップ、NIHONYAで「パン入荷しました」の張り紙を発見。
ぁー、そういえば帰国の折に、昔イギリスで暮らされていたというMさんが「アジアンショップで食パンを買っていた」とか仰っていたっけ。もしかして定番商品なんですかね。

思い起こせば昔、パリに行ったとき、夕刻パンを求めて街に出た際、(何を思ってか)入った剛田百貨店のようなお店で、他に選択肢もなく得体の知れないパンを買ったことがあります。もしかして、あれはこういうことだったのかも、なんて、そんなわけないか。

あと今日初めてpepsiの存在に気づきました。あまりに貧弱すぎるラベルで、スーパーの独自ブランドかバッタ物だと思っていた黒い飲み物が、実はpepsiとその仲間たちだったのです。後で飲んでみよう。


・・・なんかこの記事、いつもにも増してポエムだな。しかも食べログだ。最近崖っぷちな英語風に言うと、full of 食べ物。ん、落ちないw
別窓 | オーストリア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
今日の天気
2011-09-23 Fri 23:19
今日は暖かかったよ!半そででいけるくらいに!!

市街地中心部のシュテファン寺院は、正面の改装中が終わって、かかっていた布が外されていました!不格好な布がなくなったことですっきりとした威容を目の当たりにできるようになりました。今は正面から見て右奥の塔(?)部分が改装中。

今の季節限定のワインになりかけぶどうジュース、Strumはスーパーでも売ってるのを見たよ。街中のカフェでも出しているところがあり、そういうお店にはStrumって表示が出てます。
別窓 | ウィーン | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
オペラ中継
2011-09-23 Fri 05:04
明日は朝から全館停電につき、仕事ができません!!(つД`;;) 急がなきゃいけないのに。。。
なので今日、いつもより少し長めに仕事をすることにしました。

8月などは8時くらいになってようやく暗くなり始めていたのですが、最近はもう7時には日が暮れはじめます。一旦暗くなり始めると、あっという間です。まさにつるべ落とし。

大学とは通りをはさんで向かいの区画にオペラ座があるのですが、ここでは、上演中の演目を建物の壁面に設置された巨大スクリーンで中継しています。ちょうどオペラが始まる時間帯だったので寄ってみることにしました。
image--001.jpg


本日の演目はWolfgang Amadeus MozartのDon Giovanniなり。

ただでウィーン国立歌劇場の演目が堪能できるとあって、スクリーンの前はこの人だかり。
image--003.jpg

そしてこの建物・・・この画像だとちょっと伝わらないかな・・・、実際は息をのむ美しさです。
IMG_6813.jpg

image--002.jpg
悲しいかな、字幕があってもドイツ語なのでさっぱり分からないのです。
本日は、終わりまで見ているつもりはなかったのでとっとと退散しました。

実は、いつかオペラ座で何か見たいものだねと、ロシアンKと画策中なのです。
あれ、、、その際は、どうせいい席(高い)ではないのだから、舞台はよく見えないのか。今日スクリーンで舞台がしっかり見えてさえこの分からなさだ、お金を出して見に行っても果たしてどうなのか・・・。
演目としては、やはりモーツァルトの魔笛がいいねと。しかしこの2人の英語ではこの演目、magic fluteになってしまうのであった。。。趣、ないね。。。(´Д`;)
別窓 | ウィーン | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
論文読み
2011-09-23 Fri 04:37
アルゴリズムの方針に若干の修正を加えるため、新たにいくつか論文を読むことになりました。

Geodesic Patterns
H. Pottmann, Q. Huang, B. Deng, A. Schiftner, M. Kilian, L. Guibas and J. Wallner
ACM Trans. Graphics, 2010

Discrete Multiscale Vector Field Decomposition
Yiying Tong, Santiago Lombeyda, Anil Hirani, Mathieu Desbrun
ACM Trans. Graphics, 2003


あっれ~、昔挫折した論文ばかりだよ(゚∀゚)~゚

あぁ、全部じゃないんだ、さしあたり必要なとこは。
前者は4章で、後者は2章。

ちょっとドキドキしましたが、上記のところくらいならちゃんと読めるようになりました・・・ようやく。
Little progressでも+は+

それでも読んでる間はしきりにミントに手が伸びます。
ミント味のものは結構当たりが多い気がします。中でもこのSMINTが一番おいしいと思います。日本の歯磨き粉くらいおいしいです。

お気に入り↓
image001_20110923043354.jpg image002_20110923043354.jpg
                             割とびっくりなカラー。
別窓 | 勉強 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
冬です
2011-09-22 Thu 06:18
もう冬です。あまりの寒さに耐えかねて、今日などは頭の先からつま先まで全身ウィーンで調達した冬物で過ごしてしまいました。オーストリア人も今年は寒くなるのが早いと言ってる。こんな中、ロシアンEだけは「今日は20℃あるはずだから」とノースリーブであった。恐るべし。

image002_20110922061243.jpg
今日はめずらしく晴れ。

寮の部屋にも、骸骨のような形状のヒーターが完備されてます(ないと死ぬ、多分、冗談抜きで)。これは壁に設置されているのですが、机のよせてある側の壁なので、PCのケーブルが机からはみ出して時々ヒーターの上にかかるのです。セントラルヒーティングなので、しかるべき時期になったらケーブルがかからないように注意しないと、ある日帰ってきたらケーブルが破損してるなんてことになりかねない・・・・・・。十分注意しなくては・・・・・。

と、戦々恐々としていたのですが、最近、寒い寒い外から帰ってくると、寮の建物に入った瞬間にふんわりと暖かいのです。しかし自分の部屋は寒い。暖房はいつ入るのか。まさかまさか・・・

机のしたにもぐって、ヒーターを見てみる

あっ
image001_20110922060058.jpg
・・・ダイヤル式だったなんて・・・・・・(´Д`;)


スーパーには、3か月も先だというのに、所謂クリスマスのお菓子というものが溢れつつあります。パウンドケーキがすごい粉砂糖まみれになったようなシュトーレンや、スパイス入りの固いクッキーにチョコがかかったレープクーヒェン。特に後者は自由度が高いだけに、既にかなりの種類のものが出回っております。ベストシーズンになったら、通常のお菓子(チョコレートやグミなど)さえもクリスマスバージョンになりクリスマス商戦が白熱することでしょう。

ところでオーストリアではハロウィーンはさほど祝われないようです。日本における扱いと大して変わりません。先日帰国した折に、友人に誘われて某ネズミの国でハロウィーンを強制満喫してきただけに、ヨーロッパでこれだけあっさりしてるのを見るとなんとも拍子抜けしてしまいます。
別窓 | ウィーン | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
インターネットアクセス、絶たれる。
2011-09-20 Tue 03:58
今朝大学に行ったら、自前のノートPCがインターネットに接続できなくなっていた。
大学で用意してくれたデスクトップPCもあるのだが、日本語環境がないので、メールは読めないし、ブラウザも日本語が表示できないしで、何かをググることもままならず、大変不便なのだ。

ネットワークを表示して、「診断」などしてみたところ、
・ ローカルエリアネットワークには接続、インターネットアクセスなし
・ DNSサーバにアクセスできない
らしい。

結局、デスクトップの設定を見ながら、
・TCP/IPのIPv4の詳細(アドレス、サブネットマスク、DNSなど)を指定
・デスクトップではよく分からなかったIpv6は無効にする(チェックをはずす)
して接続ゲットすることができた。

こういう時、日本語でググれないから悲惨。たとえローマ字で検索しても、日本語のページは文字化けして読めないからね・・・。そして、日本語環境がないということは、表示が須く英語ということ(ドイツ語でないだけまし)。今まで英語の環境を使ったことがない上、ノートのOSがWindows 7であるのに対してXPだから、対応がよく分からなかった。。。

いやそれよりも自分がネットワークの知識を色々と忘れ去った点に原因があtったような。。。IPv6のIPアドレスとサブネットマスク指定って何?うまいの?(゚Д゚)
別窓 | web | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
闇シチュー
2011-09-19 Mon 01:27
日本からシチューミックス(粉末状のルウ)を持ってきました。
これなら現地の(自分にはあずかり知らない)野菜でもそれらしいものができると踏んだのです。
シチューとカレー、この2つはルーを使うことで、大抵のどんな食材でも完璧に取り込んでしまえる万能のメニューだと思います。・・・イチゴとかぶどうとかキウイを入れない限り(※)。。。

そして昨日、野菜と肉を買い込んできて、満を持して本日作ってみました!!

訳あってたまねぎは紫たまねぎ(!)、ミックスの箱に指示されていたじゃがいもはなし、それを補うかのようにマッシュルーム、鳥は鳥でも七面鳥(淡白で柔らかいから好きなんだよ)、やはり訳あってパセリの香りのする草、セロリの香りのする切り株のようなカブに近い何か(!)まで入ってます。
あっ、白ワイン入れ忘れた。

こんな闇鍋的な(ものが分かっていないのだから本当に闇鍋だ)シチューですが、びっくりするほどおいしかったですよ。シチューミックスの力は言うに及ばずですが、ヨーロッパは乳製品がおいしいから、牛乳のおかげでしょうか。

それにしてもあぁ、日本ではちゃんと料理してたのに、シチューごときで騒ぎ立てるとは。


***
(※)メンザで以前あったのです。フルーツカレー。未知の素晴らしい味に出会えるかもしれないとの期待から無謀にも食べてみましたが、見た目を裏切らない最悪の組み合わせでした。もちろん留学生も現地人も誰も食べてなかった。
別窓 | ウィーン | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ナッシュマルクトでSturm
2011-09-18 Sun 05:24
大学復帰後初の土曜日はリハビリとして、午前中は大学で、午後は大学裏のナッシュマルクトと市街地を巡ってきました。

ナッシュマルクトはウィーン最大規模の市場。土曜日は隣で蚤の市も開かれます。
今日のお昼はナッシュでケバブのラップ(クレープみたいなので巻いたもの)を買って、食べ歩きしながら市場をうろうろしていました。と、なんと、Sturm(シュトルム)を売っているお店を発見!!Σ(゚∀゚)おぉっ!!
Sturmとは、ぶどうジュース(※)が発酵してワインになる途中の状態のもので、発酵して4週間くらいの物を指すそう。ほぼジュースのような飲み物で口当たりよく、飲みすぎるとお腹がとんだこと=嵐(Sturm)になるためこの名前があるのだとか。9月上旬から10月下旬にしか出回らない貴重な飲み物なのです。発酵中であるために栓で密封することができないので、店頭販売はせず、主にホイリゲ(ウィーンの森周辺などにある作り酒屋兼居酒屋)でしか飲めない・・・と思っていたものでした。
それがねぇ、こんな風にひょいひょいと売ってたんですよ。\(`∀´)/ イェーイ
ウィーンへお越しの予定でSturmを味わいたいとお考えの皆様、ホイリゲへ行かずともナッシュでSturmが楽しめますよ!!ホイリゲは郊外にあるので、風情があるのはいいのだけれど、若干遠いし、時間が切迫している人には朗報ということで。

image-001_20110918040810.jpg
瓶ごとでも、コップ1杯からでも。

瓶ごと買うお客さんが多かったですが、自分はケバブと共に飲み歩き用に、コップ酒(w)にしました。
このお店はコップ1杯2.5ユーロ。ちょっと高めでした。
「甘いのがいい!」と味の好みを伝えると選んでくれて、テイスティングもさせてくれます。
image-002_20110918040810.jpg
おぉぉ、泡立っておる。これぞただ今発酵中の証。そしてジュースのように甘かったです。アルコールはほとんど感じません。これがSturmのSturm(ドイツ語だから文中でも名詞は大文字始まりでいいのだよ)たる所以。

それにしても、ケバブはでかいし(長さ30cm、長径8cmはあったか。。。)包んであるアルミホイルを剥きながらじゃないとだし、コップを離すわけにいかないし。。。そう、ナッシュマルクトにテイクアウェイの人用のテーブルはないのです。つ、つ、つらい~~。ようやくKettenbrueckengasse駅寄り(=蚤の市寄り)の端の駐車スペースで、置いてあったブロックに腰かけて、落ち着いて食べることができました。それでもかなり鳩の餌になったけどね。。。

奇しくも目の前に、刺繍つきテーブルクロスのお店が。
image-003.jpg
商品はこんな具合なり。色とりどりの刺繍やパンチング(穴による模様)が施されたテーブルクロスや花瓶敷きなどです。きれい。
image-007.jpg

image-009.jpg

image-008.jpg
これ、近くはカールスプラッツの駅構内の土産物店で、遠くはどこぞの山奥の10ユーロショップでと、この国ではよく見かけるのですが、名物なのでしょうか??ドイツでは見た覚えないけど、単に見逃しただけ?

駅構内の土産物店などでは機械による刺繍ものだけだけれど、このお店ではお店のおばさんが自分で刺繍・レース編みをしたものも多くあります(機械製もある)。ハンガリーのカロチャ刺繍にも似ていると思ったら、値段のシールにハンガリーの通貨、Ft(フォリンと)の文字が。テーブルクロス類を母に頼まれていたのを思い出し、色々購入することに。
お店のひとは英語が通じない人たちだったけれど、「母にお土産!」だけは伝えて真剣に選んだら、哀れを催したのか、なんか随分割引やおまけをもらっちゃったよ~。
上の3つの写真のうち真ん中の花瓶敷きもおまけでもらったもの。

焼き栗や、じゃがいものパンケーキ、ベイクドポテト(皮付きジャガイモの、フライならぬ焼きバージョン)を売るおじさん。このだるま型ストーブ(?)の上部に栗谷じゃがを入れて、ガンガン加熱しております。
いずれも冬の風物詩です。もう冬なのです。地下鉄も暖房入ってた。
image-004.jpg

その後数ある趣味のうち数少ない高尚な趣味である古絵葉書蒐集などをして、ウィーンの目抜き通り、ケルントナー通りへ・・・と、あれ!
あれれれれれ・・・(´Д`;;;)何これ
image001_20110918050557.jpg
に・・・偽物だぁ~!!やだよこんなカリスマ性ないの(´Д`;)
何だよこの適度にふくよかでサングラスで自慢げな口元って!神秘性0だよ!
それにだめでしょ敷物こんなにしちゃったら、怪しいことこの上ないでしょー!! \(`Д´)/ キーー センスねぇなぁ!!
・・・そういえば、この仕掛け、皆様分かりましたか??

ぷんぷんしながらグラーベンを歩いていたら、
!!!あっ!!( Д )゚ ゚
本物いたーーーー!!!!
image-006.jpg
あれ、でも、なんか変。
!!!あっ!!( Д )゚ ゚
image-005.jpg
ない!!!
あの僕が目をつけたヘアスタイルが、ばっさりとなくなっておる!!正面の女性もざんぎり頭に気づいたのか、顔をしかめています。
一体あの神秘のヘアーはどうしたんだ。観客にあれと同じ髪型の男がいたが盗まれたのか。


***
(※)ぶどうジュース・・・ホイリゲへ行ったなら、ぶどうジュースをぜひぜひご賞味あそばせ。
リンゴジュースだと思ってお店の人に「りんごジュースください!」と言ってしまったほどに、甘くてくせのないおいしい飲み物。今までの人生であんなぶどうジュースは飲んだことがありません。
別窓 | ウィーン | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
いただきもの、色々
2011-09-18 Sun 03:43
日本に向かう前、去りゆくフランス人留学生Sから
「あなたなら使えるでしょうから」とだしの素と鰹のふりかけ(いずれも日本製品)をもらったよ Σd(・∀・*)
だしの素…僕も実は持ってきてたけど、一度も使ったことがなかったのだ。それなのに大量にいただいてしまった。
ついでに言うと僕は米は、昼食にたま~~~に口にするほか、食べていない。というか米を調理するものがない、鍋で炊くのはめんどい。だからウィーンのこの家に米はない。今までも、これからも。
・・・どうしよう。。。。。

自分は外国の食事にもあっさり馴染める上、現地のスーパーを見るのが楽しいのです。
加えて、異国の料理を作るには調味料ひとつあるだけではだめで、例えば、味噌や醤油、それらしい食材が必要になる。ところが同じ名前の野菜でもなんだか硬さや風味が違う。”TOFU”も明らかに違う。炎天下で野菜と共に売られてるTOFUって何。灰色でパウチされてたりとか。全く違うならまだしも、微妙に違うのはちょっと抵抗がある。それに現地の食材は現地の調理法が望ましいはずだ。だから味噌や醤油といった風味調味料も持っていない。そんなこんなで和食は食べず、実は箸さえまだ一度も使っていなかったのだ。そして何ら不便を感じない。

日本食を愛する日本人がこんな様なのに、フランス人Sはだしの素を一体何に使ったのだろうか。
S 「蕎麦が好きなのよ。めんつゆを作ったわ

Σ(´Д`;;;) お・・・O准教授(元講師)、めんつゆの作り方.txt、ここに完成を見ました。。。

ついでに大学近くにあるという、蕎麦のおいしい店(日本人経営)まで教えてもらったよ。日本人完敗。

そして昨日はロシア人留学生Kから帰省土産をいただいた。あちらではポピュラーな乳加工品だという(ロシア語の名前は知らない)。
image-002_20110918033302.jpg
おぉぉぉなんだこりゃ、やたらとかわいいぞ。
黄色のメジャー模様はテープ。
実はこの製品、そのまま食べてもいいけど煮て食べてもよい。今回はKが自宅で煮てくれたのだとかそうでないとか(英語力の不足により聞き損ねた)。ラベルは紙製のため、煮るにあたり外してしまうのだが、私が興味あるだろうということでわざわざラベルを取っておいて、調理後にまた巻いてくれたのだ。黄色いテープはその補修の痕なのさ。
この心意気に応えるべく、僕もわざわざ缶切りを購入。

オ~プ~~ン(´∀`)。・*+
image-001_20110918033302.jpg
これは、英語にするとコンデンスミルクであった。しかし調理により日本のとはだいぶ違う風貌。
「コンデンスミルクを煮るとキャラメルになる」
これは知識としては知っていたものの、一生実行することがないであろうと思っていたもの。

食べてみた

Σ(゚∀゚)P!!!ウマ!!!
こ・・・これはミルクジャムというか、食べるキャラメルだよ!!なんとうまいんだ。甘党でなければ決して受け付けることのないであろう味。最高。

ところでこの缶、割と大きいんだ。300gあるのかな。
砂糖がいっぱいだから、2~3週間は冷蔵庫でもつわ」とKは言っていたが、2~3週間で終わらせられるんだろうか。
別窓 | TUWien | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
帰国しました
2011-09-16 Fri 01:17
あまり無事でもなく帰国しました。
端的に言うと、日本からの便が遅延して、乗り継ぎ便を逃し、図らずもアムステルダムで1泊して、朝6時発の便で帰ってきたのです。
疲れた。。。

そして帰ってみると、木々が枯れている。なんじゃこりゃ?
よく見ると、立ち枯れているのではなく紅葉(?)なのでした。
スーパーではクリスマスの伝統菓子を販売開始、衣料品店では待ちに待ったダウンがお目見えしており、早くも真冬の様相を呈しております。

でもアムステルダムより暖かい。アムスの方が北緯も上だしね。アムスでは身も凍る思いをしました。
トランクは自動的に次の便に乗せる準備に入るとかで渡してもらえず、着の身着のまま(+何の足しにもならないけど手荷物)、航空会社の特別アメニティだけ渡されて夜を明かしたのでした。寒かった。。。そういえば以前行ったときは夏だったけど、それでも長そでがあってもよい感じだったなぁ。

ようやく部屋に帰ってきたら、寮の部屋の電気が切れ、ブラインドもなぜか壊れており、大学行ったらいきなり停電だったのでした。何かの試練でしょうか。電気は40セント払うと寮の人が替えてくれ(!)、ブラインドも1か月半ほどっしたら修理されるそうで、弁償しろとか言われず(自分が壊したならいざ知らず、知らぬ間に壊れてたので・・・)助かりました。

アムスよりは暖かいけど、ウィーンももう寒いです。
その上眠いし気持ち悪い。決めた。今日は20時に寝ます。
別窓 | ウィーン | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ポテトチップス税
2011-09-01 Thu 11:00
ハンガリーで大変な税金が導入されたとか…
塩分や糖分の高い特定の食品に課税する、通称「ポテトチップス税」。本日4時間前から発動。
税収の増加と国民の健康改善が目的らしいが、なんということだ。
ハンガリーはオーストリアの隣国でウィーンから大変近く(車で1~2時間だったか…)、物価が安いため、医者やガソリンなどの購入に出かける人が多いのだ。食品は単価が安いので特に購入に出向くという話は聞かないが。オーストリア人は大変な甘いもの好きだと思うのだが、もしこんな税金がオーストリアに導入されたらどうなることやら。カフェも一斉値上げするのかな(既に2年前より5%ほど価格上昇しているのだけど)。夏場の市街地に雨後の筍のように現れるジェラート屋さんでもか。これは暴動が起こるな。ふふふ。この税、反対。
別窓 | ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
運転免許更新
2011-09-01 Thu 09:19
更新期間が留学期間と被っているので、期間前更新に行ってきたよ。
免許証の写真が常に自分写真史上トップクラスに映りがいいのは密かな自慢なのですが、今回も満足のいく出来でした。あのカメラ、払い下げにならないかな~。
別窓 | 地元(G県)・実家 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| ―*暫定住居*― |
copyright © 2006 ―*暫定住居*― all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。