chowe
http://chowe.blog106.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
弟来る。
2011-12-27 Tue 08:33
先日の両親に引き続き、ついに・・・ついに、上の弟がウィーン入りを果たしてくれました
直行便だったので夕方空港に着。Sバーンで迎えに行きました。向かいの席に乗り合わせたアルジェリアンがおしゃべりな人で、空港に着いてターミナルが分かれるところまで結局ずーっと喋っていたよ。
「乗り物で近くの席の人とずっと話している」・・・国籍問わずなんか最近このパターン多いな。なんでかな。顔つきは比較的猛々しい方だと思うんだけど。

空港から市内までは1時間ほどなので少し時間がありました。そこで弟お疲れのところではありましたが、市街地を案内することができました。これぞ市中引き回しの刑。

折しも本日26日は祝日。
クリスマスムード冷めやらぬ市内では教会を中心に至る所キリスト教の行事が行われています。
その一つ、ペーター教会で20時から行われるパイプオルガンコンサートを聴くことにしました。

その前に腹ごしらえしてしまえと、数時間前まで機内食が出ていたことを考慮して軽めに、
目抜き通りのケルントナー通りを、スタンドの屋台ものを食べ歩きしながら教会に向かうことにしました。楽しいんだぜ・・・。「今年は暖冬」といえども大変寒いので、暖かいものを食べながら歩くのはとても理にかなってもいるのです。グリューワインなどは必要性から生まれたんだな。実はカフェもそうなんじゃないかと思っているのです。凍えそうになったら逃げ込む場所なのではないかと・・・。

さて、通常の店舗が閉まる日曜祝日もスタンドは営業していることが多いのですが、なんと12月24日午後~26日はそれさえも殆ど閉まるという(※)。致命的。。。普通の住宅街などでは5~10軒に1軒程度の割合で営業している感じでしたが、ここは目抜き通り、かなりの割合で営業していました。ここまでくれば食いっぱぐれない、と。。。

名物のケーゼクライナー(チーズの入ったソーセージ)のホットドッグが大変美味しいスタンドと、通りにたくさんある、焼き栗&焼きジャガイモ屋さんをチョイス。

クリスマスが終わったと思いきや、なんと本日既に新年のマーケットの開店準備をしているのを見かけました。
クリスマスと新年、両方祝うのか。。。大変だな、いや、大変めでたい、しかしそんなお祝いばかりしてていいのか・・・。
その上ウィーンは観光都市なので毎日がお祭りな面があり、イベント開催率が半端じゃないのです。

イルミネーションの美しい通りを歩き、着いた早々Oberlaaでケーキを買い求め(他の有名店は早々と店じまいしていたのです)、クリスマスデコレーションされたペーター教会の豪華絢爛な上にも絢爛な中で荘厳なパイプオルガンの音色を聴いてきました。着席して聴いていたのですが、足元にヒーターがあるにもかかわらず寒かったです。特に膝が。
肝心の教会内部ですが、あまりに美しすぎるその写真は後で別に記事にしたいと思います。あれはすごい。すごすぎる。。。

帰りは周辺の高級ショッピング街のウィンドウを眺めながら帰宅しましたが、
・・・まぁ、素晴らしいですよ。見てるだけで全部欲しくなる。危険な街です。


***
(※)26日、Westbahnhofのスーパーはやってます。空港内のカフェやパン屋さんも営業してました(24午後と25日は不明)。ちょっと感動を覚えたねw
だって市内では、24午後~26日、一部カフェやレストランを除き(でも短縮営業かも)、全て閉店なのです。この辺りでオーストリアにいらっしゃる・戻る場合は空港で食料確保していかないと・・・ホテルで提供される食事以外はすべてレストランなどを探して食べる、ということになります。食事以外のものも手に入らないし。水道水が飲めることがせめてもの救いか。お土産屋さんで名物のチョコ買って食べる?うん、いいアイデアかもしれない。
スポンサーサイト
別窓 | ウィーン | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
最近の動向
2011-12-26 Mon 07:37
キリスト教圏最大のイベントであるクリスマスを迎えたわけですが、それに伴うクリスマスホリデーに久しぶりにサンデーツーリストしてきました!

詳細はおいおい書くことにして、

23日:バレエ 眠れる森の美女@オペラ座
24日:店舗は半日営業。おみやげと食料の確保(深刻)。
    最後のクリスマスマーケット@市庁舎前
    深夜24時から25時30分までのクリスマスミサ@シュテファン大聖堂
25日:午前 クリスマスミサ@ボティーフ教会
    午後 ペーター教会

    午後 オペラ ヘンゼルとグレーテル@Volksoper

・・・完全にツーリストだな!
交通や何かが分かってる分、深夜に出歩くとかホンモノツーリストより余計たちが悪いぞ。

しかし明日夕方から弟が来墺するにあたり、休暇を取って本格ツーリストに化ける予定である。ぁー。べんきょう・・・べんきょうしなきゃ。職場のプロジェクトのインプリができない分、独自研究もしないと。ボスが悲しむ。
別窓 | ウィーン | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
年末恒例オペレッタ「こうもり」&オペラ「ヘンゼルとグレーテル」@Volksoperを2ユーロで見る
2011-12-26 Mon 06:54
「研究もしてる」と言い放った直後にアレですが、
12月初旬、大学の帰りに、Volksoper(フォルクスオーパー、国民劇場)でオペレッタ「こうもり」(生き物名です)を見てきました!ロシアンKと共に立ち見で
Neu_Fledermaus2_Klein.jpg
(画像はオフィシャルHPより拝借)

そして今日12/25再び、今度は一人でオペラ ヘンゼルとグレーテルを見てきました。
image-019_20111226061559.jpg

オペレッタは冗談や時事ネタ、アドリブも入るコミカルなドタバタ劇です。
「こうもり」は大変人気があり、筋書きに年末が関係しているため、年末のウィーンでは大抵の劇場で上演されるんだそうです。あの格調高いオペラ座でも。あまりの人気ぶりに、この劇場では通年やってるそうです。
劇は2回の休憩含めて3時間15分の長丁場です。

大学からは地下鉄U6を使って行ったのですが、この線、少なくとも夕方はやたらと混む上にすぐ止まる!!当日券の販売開始時間である上演1時間前に着こうと思っていたのに、結局劇場に着いたら40分前。
入口は最寄駅のVolkstheater駅のVolkstheater口から出て、向かって右斜め前方にあります。横断歩道を渡るの。建物の壁面に色々な演目のポスターがたくさん貼ってあるのですが、よく見るとその上にVolksoperって書いてあります。
image-001_20111226055514.jpg
振り返ると駅から伸びる高架橋がこんな感じで美しい。
image-002_20111226055513.jpg

入口は分かりずらいですが、駅とは対角線上反対方向にあります。駅側にある入口は、そりゃ裏口です。間違えて入ったから知ってる。

正しく建物右手に沿って行くと、よくガイドブックで見る写真どおりに、Volksoperと壁いっぱいに書かれているのが見えるはず。
image-003_20111226055513.jpg
これが正面入り口。
image-004_20111226055512.jpg

入ったら右手にあるKassaでチケットを購入します。Tages…って書いてある方が当日券の窓口ね。この劇場はあまり混まないので間違った方に行っても致命的ではないと思うけど・・・。
image-006_20111226055512.jpg

こうもり、年末はチケットが取れないほどとの情報も聞いたのですが、大丈夫、立ち見は40分前でも余裕で買えました。3.5、3、2ユーロのラインナップ。2回とも、劇場の人おすすめの2ユーロ席、Galerieを選びました。ここは最上部の一番後ろの席です。他の立ち見席は1階一番奥と側面。1階の席は舞台は大変良く見えるのですが、休憩時間にリサーチしたところ、音響はGalerieの方がいいと思われます。

そうそう、料金表見て席のカテゴリのとこにaus(ausverkauft)って書いてあったら、そのカテゴリは「売り切れ」ってことです。

image-008_20111226055511.jpg
壁には妙な時計が。赤い方時間あってないじゃん。
image-005_20111226060731.jpg image-010_20111226060730.jpg
と思いきや、劇が終わる時間を指していたのでした。

この優雅な階段を上ってGalerieへ。上へ・・・上へとかなり上ります。
image-009_20111226060731.jpg

たどり着いた先にあるクロークでは、小さいハンドバッグでもない限り、会場に入る前に荷物を強制的に預けさせられます。クロークでは一人1.1ユーロ取られるんだと思います。Kと行った時は2人一緒にコートと荷物を預けて2.2ユーロだったので。僕は今日は寒かったのでコートは着たまま観劇してました。

あぁ、この劇場はウィーンで2番目に大きい(座席数1500以上)けど、オペラ座に比べるととっても小さいんだ!だから1階奥の立見席でも舞台にとっても近い印象を受けます。臨場感あふれる舞台を楽しみたい人はこちらがおすすめです。

立見席の区画はとっても小さいです。6人くらい入れる列が2列あるだけ。
そんな区画が4つほどあります。
image-011_20111226060730.jpg
すり鉢状。かなり急な勾配です。
舞台の前にはオーケストラピットが。
休憩時間などにはここまで行って、ピットを覗き込むことができます。

こうもりのときは平日だったこともあり、自分のいた立ち見の区画には4人くらいしかいませんでした。なので全員前列。後列の人がいなかったので、途中から後列の段に腰かけて見ることができました。これで2ユーロか~。おぉ~。

そして今回、12/25休日。ビッグネームではないオペラ。満席ではありませんでした。
日本語のできる劇場係の人がいて(!)、「満席にならなかったときは(座席は3つの区画に分かれており、その)左右(のかたまり)の座席最後列に座っていい」と言われたので見事座席で愉しむことができました!
実際には最後の2列がOKなんじゃないかな・・・自分の前の列にも、立ち見の人が座ってたからね。

もっとも、中央のかたまりではないので、端に行くほど急激に舞台がみえずらくなります。
最初にいい席をゲットするには、
・最初に声をかけてもらえるようにする
・移りやすい位置にいる
ことが重要でしょう。

オペラ座には各席に字幕ディスプレイがありましたが、フォルクスオーパーでは舞台のかなり上方に設置してある輝度が今イチなディスプレイしかありません。こうもりみたいにメジャーな演目のときは字幕があるけど、ヘンゼルとグレーテルなんかには字幕なし。

こうもりのとき・・・自分はディスプレイの存在に気付いたのが1幕目が終わってから。そう、本当に上~の方にあるんです。これ見てたら、舞台が見えません。あらすじはWikipediaで予習していきましたが、冗談やアドリブは字幕に出ないので台詞は殆ど分からず…結局字幕はほとんど見ませんでしました。

こうもりはヨハンシュトラウス2世の作品で、全体に彼の曲がてんこ盛りなわけですが、オープニングのファンファーレでまずノックアウトされました。もう素晴らしい。ファンとしては大変に盛り上がれます。舞台の大・小道具や衣装もきれいで見ていて飽きませんでした。

緞帳はこんなかんじ。
image-016_20111226060729.jpg

今回(ヘンゼルとグレーテル)は、パンフレットを購入してみました。
会場係の人から買えます。2.8ユーロ。
image-012_20111226061559.jpg
レープクーヘンが模してある袋に色々入っています。ぐぁ、かわいい!!!(*´Д`*)
写真は色が今イチですが、タイトルの文字もちゃんとアイシングで書いたようになってます。本当に作って写真に撮ったんだと思います。こっちにはそういうお菓子が多いから、こんなのきっとお手の物でしょう。

中身は3冊(+キャスティングに関する紙片が2枚)入っていて、
1冊目(゚∀゚)かわいい!
image-013_20111226061558.jpg
2冊目
image-015_20111226061557.jpg
!!2人の名前の順が逆だ!!理由が何か書いてあったのですが、ドイツ語なのであまり分かりませんでした。うぅ。
3冊目は1冊目と同じ、本来の順でした。

3冊とも中身はポップアップになっているという凝り様。
image-014_20111226061558.jpg
むむむ、これで2.8ユーロは安い。安すぎる。

作品自体は、オペレッタ寄りのオペラといった風情でした。お菓子の家はもうちょっとかわいらしくしても良いんじゃないかと思ったけれど(茶色すぎて普通の家とあまりかわらなかった)、魔女の演出が素敵で面白かったです。ここは拍手喝采とブラボー!が聴こえてきたよ。
会場の写真の上3分の1あたりのところに、横に点線が走っているのが見えるかと思います。これはブログにアップするにあたり解像度を下げたために起きた離散化誤差・・・実はこれはワイヤーで、これに沿って魔女が飛んだんだぜ・・・。

そんな飛べる魔女のお菓子の家。ヘクセンハウス。
image-017_20111226063740.jpg
もちろんこの写真は、上演中ではなく、物語が終了して幕が再度上がった役者挨拶のときに撮ったもの。

オペラ座もここも、役者は何度も何度も出たり入ったりを繰り返して拍手と声援を浴びます。そりゃもうしつこいくらいに。
image-018_20111226063739.jpg

ところで、オペラ座とフォルクスオーパーの性質の違いについて述べておきたいと思います。オペラ座はオペラやバレエをメインに据えて、大衆劇であるオペレッタをあまり扱わず、後者はむしろそのオペレッタを多く上演することからも分かる通り、観客に求める姿勢に

・オペラ座 観客は静かに黙って耳を傾ける。
・フォルクスオーパー 観客も一緒に盛り上がってよし(大声で何か言う人はいませんでしたが)。見ながら、周囲の人と感想や突っ込みを入れながら楽しむ。

という違いがあるのです。
ネットで、フォルクスオーパーの客はマナーが悪いとかいう話を目にすることがありますが、そういう次元の話ではないのではないでしょうか。写真撮影はさすがにどうかと思いますが。どうなんでしょう。派手にフラッシュたいてた人もいましたが・・・。
別窓 | ウィーン | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
研究もしてるでよ
2011-12-23 Fri 07:13
最近ブログ更新してないのは研究してるからだと思っていただきたい。
大学のPCは物理的なスペックが今イチで目が疲れる。。。。。。
解像度がメチャ粗なんですもん。
実を言えば疲れるどころの騒ぎじゃないです。大体いつもほとんど目が見えない。
極端なドライアイ&ディスプレイコンディションのせいでコンタクトレンズが乾いてずれて(乱視なのでずれたり回転すると見えなくなるのです)、文字なんか全然見えません。文字があるのは見えるけど、ろくに読めなんかしないのだ。でもコーディングする。何だこれ。

今日は久しぶりにオーストリアに帰ってきたボスに進捗報告したよ。
珍しく褒められた。初めてではなかろうか(といっても片手で数えられるほどしかミーティングしてない)。大変嬉しい。
あぁ、一緒にやってる同僚のお蔭だって言うの忘れた。素直にthank youとか言っちゃったよ。でもその辺の状況は把握されてるのでいいか。

この報告を実施するにあたり日時を尋ねるボスのメールの件名がいきなり"progress?"だったのがいかにもボスらしい。でも受信箱にこのメールを発見したときは「ぎゃwwwキタwwwwww」みたいな心境であった。

ちょうど2日前から、結構大きなコーディング作業をすることになったけど、今週末をもって冬休みに入ってしまうよ。土曜の午前中が今年最後だよ・・・・・・。冬休みの間に、忘れてしまうだろうなぁ。いかんなぁ。システム持ち出しはできないから、せめておうちでコードを眺めてよう。

そういえば今日は秘書さんと事務連絡のメールをしまくって午前が終わった。何回thank youと書いたか知れない。人々の優しさで生きてる僕の場合、キーボードはetaoinshrdlの法則に反しているかもしれない。

なんか散文ばかりですみません。
仕事の他に、急に雑事がいっぱい溜まって(・・・溜めたからか。。。)なんかいっぱいいっぱいです。早く休みになってくれぃ。
ちょっときれいな写真を載せるのでこれで気分を直して下され。

image-001_20111223065909.jpg
この風情あるランタンは
image-002_20111223065908.jpg
U3 Herrengasseが最寄駅 Herrengasse沿いのPalais Ferstelや
image-003_20111223070127.jpg
Cafe Centralあたりの通りに点っていたもの。

・・・はい、厳密な場所は忘れました^^; すみません。
多分Cafe Centralの外壁にあったような。じゃあPalais Ferstelいらないじゃーん、、、

ウィーンには”Schoenlanterngasse”(美しいランタン通り)なんて素敵な名前の通りもありますが、そこでなくとも至る所でこんなきれいなランタンやランプを見ることができます。通りの名前もロマンチックなものが多いです。
別窓 | 研究 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
かわいいドイツ語
2011-12-23 Fri 06:37
昨日、大学のGeometrie(ゲオメトリー、って言うのかね・・・ふふふ)3グループ合同でWeihnachtsfeier(クリスマスのお祝い)ディナーがありました。その席で、コースの最後、デザートのところに何やら気になる単語が・・・。

Naschkatzen


ナッシュマルクトのナッシュに、ネコ!!何だこりゃ?(゚∀゚;;)き、気になる・・・折しも周りはオーストリア人だらけ。
早速聞いてみたところ「甘いもの好きの人、甘党」ということらしい。
か、かわいい!!(*●´艸`)

この単語、どうも聞き覚えがあると思ったのですが、
これこれ!↓
IMG_8844-p.jpg
屋号が・・・
image-002_20111223063238.jpg
市庁舎前のクリスマスマーケットに2つほど出店しているお菓子屋さんです!!!
意味は分からずともネコ好きを虜にして離さないことでしょう!うまい戦略だ・・・!!
image-001_20111223063239.jpg
楽しく素敵なクリスマスマーケットもあと1~2日で終了です。
ううむ、ろくに記事にしないうちに終わってしまった。
冬休みにダイジェストでお送りする、かもしれません。
時間があったら・・・
いや、時間はあるんだな・・・自分がズボラなんだな。
別窓 | オーストリア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ついに・・・!
2011-12-18 Sun 04:57
雪が降り始めたよ・・・!!(((゚Д゚)))ぉぉおぉぅ
先日両親が持参して不要になったカイロがヘビロテの予感。
カイロ持参は僕が去年の体験を踏まえて強く勧めたのだ。厳冬だった去年僕は、体調不良だったこともあり毎日5つくらい使ってた。靴・貼るx2、小さい貼らないカイロx2、みたいな。友人だって3つは使ってたぞ。ハーフパンツとブーツという強硬派だったにもかかわらず。
別窓 | ウィーン | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
両親来る
2011-12-16 Fri 05:53
夏に引き続き、両親が訪ねて来てくれました。

ヨーロッパのクリスマスは素晴らしいよと再三誘っていたのですが、本当に来てくれたのです。何とありがたい。
ドイツや、オーストリアの他の都市を廻るツアーに参加するかたちでの訪墺だったので、ウィーンでの自由観光の時間は昨日の午後にほんの4~5時間だけだったのですが、一緒にヨーロッパ中でも最大級の市庁舎前クリスマスマーケットなどを廻ってきました。両親とあんなきれいなところを一緒に廻れて、本っ当に嬉しかったですよ。親の愛は海より深い。自分は果報者だぁ!

両親のホテルは空港に大層近い・・・自分の寮からは相当遠いところでした。
これは簡単には会いにいけないぞと思っていたのですが、一昨日の夜到着の連絡を受けて居てもたってもいられなくなって、(仕事もひと段落したので)結局ホテルまで会いに行ってしまいました。

短時間ではありましたが最高のシーズンを堪能して両親は今朝のフライトで帰国しました(正確には帰国中)。朝6:25にホテル発ということで見送りは半ばあきらめていたのですが、はるばる会いに来てくれたことを考えると安穏と寝ていることもできず、結局4時台に起きて真っ暗な中見送りに行ってしまいました。ツアーの添乗員さんに「こんな早くに来たの!?」と驚かれましたが、両親の労を考えれば何てことありません。

見送った後研究室に直行したのですが、結局7時をかなり過ぎるまで暗かったなぁ。まるで夜中に大学に来たかのようだったよ。
別窓 | オーストリア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
12/8はお店の開いてる祝日
2011-12-09 Fri 07:33
今日は祝日で休日。
クリスマス前なので、オーストリアで唯一店舗が営業を許されている祝日なんだそうです
(主要駅内のスーパーや、街中の軽食スタンド、カフェ、レストランは通常の日曜祝日もやってます)。
そしてとても寒かった・・・昨日の夜雨の中をしばらく歩いたせいか頭が痛いのですが、今日も今日とて外をほっつき歩いていたせいか治らないや。
別窓 | ウィーン | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
荷物報告
2011-12-09 Fri 06:15
先日日本に送った荷物が届いたと連絡を受けました。
日曜はさんで1週間ほどで到着したことになります(土曜も郵便局は営業)。

案じていた壊れ物ですが、無事だったそうです(つД`;)
よかった・・・よかったよぉぉ。ガッチリ厳重に梱包しておいてほんとよかった。
時々こういうトンデモがあるから、何事も備えが肝心ね・・・。
別窓 | ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
踏んだり蹴ったり
2011-12-02 Fri 08:39
今日は面白い話をしますよ。


内容はタイトルのとおり「踏んだり蹴ったり」。
というか、他の誰にも非がないのでセルフ踏んだり蹴ったりなのですが。


まずお昼に、研究室に一時的に保管しておいた引っ越し荷物を寮に置きに行ったのです。

そしたら、

そしたら、
部屋の鍵を室内に置いたまま扉を閉めてしまったのです。

寮の部屋の扉はヨーロッパではありがちな・・・取っ手が日本みたいに回らない、オートロックじゃないけど一度閉めるともう、鍵穴に鍵入れて回さない限り開かない扉。昼間だから周りに人はいないし、今度の寮は管理人さんの部屋も分からないし(いついるかも不明)、スーツケースなんか持ってるし。悲劇・・・・・・。

運よく、たまたま出会った住人を捕まえて、メンテナンスの人のところに連れて行ってもらえたからよかったんですけどね。「次***(半分ドイツ語入っててわからん)したらお金払ってもらうからね!」ですって。この扉の仕様が罠なのに~!現地の人たちも締め出されることないんだろうか。そうしたらどうするんだろうか。治安重視なのでしょうが、不便の方が先に立つ。まったく謎だよ。。。

無事鍵をゲットして扉を閉め、再び大学へ。

夕方エネルギー切れでカクカクしてきたので、飴をなめたんですよ。
飴と言ってもしっとりした粉砂糖を固めたようなものなんですが。
そしたら、なんか、「ジャリッ」と覚えのある食感が。
これは・・・これは覚えてるぞ、この懐かしい感じは・・・

そして・・・

そして、再び、再び歯の断片にご対面。

。o゚(p´д`q。)゚o。

おっとこれじゃなかった

。o゚(´`。)゚o。

こっちだな。
なんで笑ってるように見えるんだ。いや、面白おかしいけどさ。他の人から見たら。

いや自分でも面白いさ。
もう面白顔さ・・・・・・ o))...rz

どうやら、M2のクリスマスに欠けた歯(※1)の補修材が取れたようなのです。
場所がすごいんだぜ・・・上の前歯の真ん中なんだぜ。ひひひ・・・・・・。
ひひ・・・ ひ・・・・・・・・・・   o))........rz

当時はまだ23歳と若かったので「歯が欠けた」という事実にすさまじい衝撃を受けたものでした。
しかし2回目の今回もやはり大ショック。
カクカクどころかあまりの精神的ショックに1時間ほど震えが止まりませんでした。

前回は年末近くで歯科医の休業期間にかかってしまいそうだったため、翌朝、通っていた大学の大学病院の歯科(※2)に駆け込んで超速で治療してもらったのでした。

それが、取れた。。。。。

ウィーンの歯科医は、日本の素敵な歯科医院サービスに慣れた日本人にとっては鬼門のようで怖い話をよく耳にします。訴訟沙汰になったなんてこともよく聞きますし、トラブル&サービスなし治療を避けてハンガリーまで行く人も多いそうです。そんな怖いとこ、なるべく行きたくない・・・・・・!!

というわけで今回は、駆け込む大学病院もなし、母の携帯に日本時間の朝3時に連絡して、朝イチで歯科医の叔父に質問してもらいました。結論として、「放置で問題ない」と。年始に帰省した際、治療もしてもらえることになりました。持つべきものは医者の親戚(あとはなんだっけ?法律家だっけ??)・・・たとえ帰国しても、年末年始に開いてる歯科医なんてないのですから。

ところでうちには元日に親戚で宴会をする習慣があるのです。
治療をしてもらうのはその翌日以降。
ふふ、この顔でお正月早々みんなに笑いをプレゼントしてきます☆



***
(※1)クリスマスに、(人ごみを避けて)ケーキをあきらめ、(なぜか)カワハギの干したのを齧っていたら起きた悲劇。というか喜劇。歯が欠けてなくても喜劇。

(※2)嘘。本当は「顎口腔外科・歯科矯正歯科」なんてゴッツイ名前。
「顎顔面変形症、顎顔面外傷、口腔内炎症、口腔腫瘍など歯や顎に先天性または後天性異常のある方、重い全身疾患のある方を主な診療対象としております。」だって。以前掛かったことがあるとはいえ、「前歯チョイ欠けちゃったんで治してください」なんて、トンデモな患者がきちゃった。まぁ、顔の面白さのレベルだけは半端なかった。哀れを誘うレベルも。
別窓 | ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
引っ越しました!
2011-12-01 Thu 06:05
遠く遠く離れた場所へ引っ越しました。
公共交通機関で1時間15分くらいのところへ。。。

大学へは若干近くなりました。

新居はお高いだけあって(今までの1.6倍だ~!)なんだかとても素敵です。
色々ついてる。レンジとかTVとか電話(受信のみ)とか。
訳分からないリラクゼーション的な椅子があったりするし。
鍋や食器の類まで・・・前の寮は何もなかったから、全て持ってるんだけど ^^;;
そしてTVはいらない・・・だってドイッチュなんだもん。

よくわからないのが、インターネットアクセス。
前の寮は無線だったのですが、ここは有線。
ところが日本から持ち込んだケーブルは使えなかったのです。他の国では使えたのになぁ。

有線になったことで速度は格段に早くなりました。
なにせ前の寮では論文が落とせなかったからね。1kb/secって、何。。。。
別窓 | ウィーン | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| ―*暫定住居*― |
copyright © 2006 ―*暫定住居*― all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。