chowe
http://chowe.blog106.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
イケメンダンスナイト
2012-03-20 Tue 06:37
忙しい日々の中ちょっとだけ癒しだった社交ダンスとも今日でお別れ。
恐らく二度とすることはないであろう・・・。
スポンサーサイト
別窓 | ウィーン | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
帰国の直前にちょっとむっとした僕が来ましたよ
2012-03-19 Mon 07:59
言わせてくれ:

他人のことを慮らねぇ奴は日本人じゃねぇ (゚Д゚メ)=3



・・・久々にこのブログの本来の機能が復活しました。
皆様お忘れでしょうが、学生時代に「研究室では言わないような、とるにたらない愚痴吐きの場」として発足させたのです。ウィーン生活情報や今日の進捗報告の場じゃぁないんだよ。
別窓 | ウィーン | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ドイツ語最終回 補足
2012-03-17 Sat 08:06
そういえば、コース修了の修了証書がもらえたのでした。
テストも何もなかったけど(※)・・・。


***
(※) 次のコースに進んだら、前のレベルのテストがあるとかないとか聞いた気も。
別窓 | ウィーン | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ドイツ語最終回
2012-03-16 Fri 07:13
最後の授業は完了時制の復習と、話法の助動詞(の一部)でした。

すごい中途半端なとこで終わったけど、普通はみんなそのまま次のクラスに進むからね・・・。
故郷に帰っちゃうので僕はここでお別れです。
クラスの人が来週コーヒーでも飲もうよと誘ってくれたけど、忙しいからと断ってしまいました。
しかし断らなくてもよかったのではと若干後悔。
だってイケメンだったんだよ。ツヤめきの頭の。そして驚くほど脚が長い。
別窓 | ウィーン | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
最後の手紙
2012-03-15 Thu 06:59
せっかくだから、家族にもウィーンから最後の手紙を出してみたよ。
先週、大学近くの蚤の市ですごくかわいいイースターの古絵葉書を何枚か買ったのでそれにしたためてみました。
切手ももちろんきれいな記念切手を選んで貼りました。日本へは1通1.7ユーロ・・・た、た、高い。。。
封筒買ってごそっと入れてまとめて送ったら、とか悪魔の声が聞こえるほどですがそこは我慢。
切手は柄で選んでるので1.7ユーロぴったりにはなかなかできず、たまに2ユーロ超えてますがそれも我慢。
お金で買えない何かを買うと思って!

大学行くのもあと一週間・・・いや、大学はいいんだけど(いやいや、よくない!)。
このすごい(※)街にいられるのもあとほんの僅かだと思いながら文章を書いたら、未練がましい泣き言みたいになってしまった~。

そう、もうじきイースター。
出発日を同僚に告げたら、ちょうどイースター休暇が始まる日だよ、と。みんないなくなるよ、と・・・。
そういえば街中が卵とウサギで溢れております。
最近は何となく暖かくなってきました(まだみんな真冬のコート着てるけど)。すっかり日が伸びて6時になっても完全には暗くありません。先週末からシャニガルテン(レストランやカフェの路上席)の準備が始まって、また1年で一番過ごしやすい季節が来ようとしています。そして僕は去る(・w・)ノシ


***
(※)きれいな街というと語弊を生じる気がして・・・「きれい」って広い意味を持つ語だからさ・・・。きれいな建物、ならいいんですけど。きれいな街並み、も可。それにしても、かわりに「すごい」とは、語彙が乏しいなぁ。しかも最初に浮かんだのはgreatだったんだ。ますますショボい。
別窓 | オーストリア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
撤退準備
2012-03-14 Wed 09:37
先週末から今日まで、ウィーンではレアキャラであるボスが大学に来たよ!
少し早いけど、今日、お別れの挨拶を済ませました。

残りの休暇の申請・契約終了の書類にサインもしてきました。

仕事内容も、コードの整理とまとめ、exampleの作成に移行しています。
自分しか使わない機能や、コーディングしたものの結局アルゴリズムが不採用になって腐ってるコードが山のようにあることが判明。3~3週間前に急ピッチでガリガリ書いたコード、アルゴリズム的には正論でも、システムが不安定になっちゃうので結局使わ(え)なかった・・・これも削除。何行くらいあったんだろう。1000行よりはあったと思う。行数が内容に比例するわけじゃないけど、それなりの量がある機能群を消すのはさすがに感慨深い。

引き継ぎ用ドキュメント作成やコメントも英語だからなぁ。拙いくせに時間がかかりそう。
ヨーロッパ人のようにべらべら、とまともな文章で書けたらいいのに・・・。

自分の関数名や変数名の付け方にセンスのなさを感じます。
これは英語の問題じゃないですね。全体の構造を把握できてるかどうかの問題です。


帰国準備は仕事だけじゃなく、生活面でも始まってます。

先週はすったもんだの挙句に飛行機のチケットを取り、
今日は、寮を引き払った後しばらく滞在するホテルを取り、

しかし荷造りなどはまだ何もしていないのでした。

そうそう、送金練習もしてみたっけ。

やらなきゃいけないことや気をつけなきゃいけないことがやたらと目について、気ばかり焦ってしまいます。1日の時間が短く感じるよ・・・。
別窓 | オーストリア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ラス2のドイツ語
2012-03-14 Wed 09:20
1月から始まったドイツ語教室も、今日を含め残すところ2回となりました。
そんな本日のメニューは「完了時制」。

前回、いきなり4格と1格(だけ)を習ったと思ったら、
突如完了時制になっちゃった。
ちなみに分離動詞が出たのは前々回かその前だ。

超☆実用主義でガンガンゆくよ。
日本の大学で習ったドイツ語とは全く趣の異なる、斬新な順番。

次回(明後日)は何をするんだろう。
2格か3格か、それとも未来か助動詞か。
別窓 | オーストリア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
I have a stiff ...
2012-03-13 Tue 09:04
1~2年に1~4回ほど、首・背中・腰にかけて激烈なコリ(?)に襲われるのだが、
なんだか今年も来そうな気がしてきたー!
危険、危険・・・。

これに一度なると、3日は首から腰まで全く動かせない・2週間はろくに歩けない、
医者に(文字通り這うようにして行って)かかって、強力な痛み止めと筋弛緩剤をもらわねばならないので大変なのだ。

大抵椅子に座っている状態で起こるのだが、、
首から腰までギプスで固められたみたいに動かなくなってしまうので、
治るまで毎晩、勉強用の椅子に座って寝なくちゃらないのだ。
見てるととても楽しいけど、笑いごとじゃないんだぞ。

歩くと振動が脳に響いて吐き気がするのだ。
階段なんて、あまりに痛すぎて3歩歩まずなのだ。
ほんとに泣いちゃうから他の通行人がびっくりするよ。

今回の原因はなんなのか考えてみたところ、
研究室の机が高いのではないかと思い至った。
椅子の高さを変えることはできるけど、そうすると今度は足がつかなくなってしまうのでやっぱりよくないんだな。
枕はあまり気にならないほうだけど、ベッドが合ってないのかもしれない。

ま、最たる原因はあれだ、首の骨の湾曲が普通と逆だってこと。
無理に直そうとは思わないよ・・・ふふ。

今このコリになると、帰国の飛行機に乗れなくなってしまう・・・(痛みがひどくて、強力な睡眠作用のある痛み止め(※)がないと無理。振動もあるし)。あと2週間、耐えてほしいものです。日本に帰ったら、整体か何かに行こう。


***
(※) 誰でもどんな時でも寝れる薬、いや、痛み止め。
その作用は、国際学会で最前列の席で、コーヒーとおやつを食べながら、自分の発表の直前まで寝れる・・・いや、リラックスできるくらい。
別窓 | ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
Madama Butterfly
2012-03-10 Sat 08:10
大学の帰りにロシアンKと観てきました。
日本が舞台の話ということで、着物を着た役者さんたちが写っているポスターを見て以来気になっていたのです。

想像以上に日本クオリティーが高い舞台で、この日本人も大満足でした。
ストーリーの根底にある日本人の精神の描写は言うに及ばず(ネタバレなのでここは詳しく書かないよ)、着物とか舞台演出が素晴らしい。大変良く勉強しているな、と。そりゃ超一流のプロなんだから当然だと思われるかもしれませんが、それにしても期待以上の素晴らしさでした。役者さんの細かい所作や首の傾げ方、体の角度、足さばき、、、など、実に細かいところまで大変【日本らしく】演じられていたのです。

ちょっと違うんじゃないの、という点を重箱の隅をつつくようにして挙げるなら、

・多分あの時代に日本にバラはなかったのではなかろうか
   ・・・この物語の舞台の地域ではもう目にすることもあったのかもしれない。
・日本人女性は扇子を西洋の扇子のようにパタタタ・・・と小刻みに素早く動かすあおぎ方はしない
・花嫁が自分で傘をさすことはない
・花びらを床に撒くデコレーションはしない
   ・・・台詞の通りあの家だけはアメリカなのかもしれないが。

でしょうか。

あぁ、ラストで曲があんな風に終わるとは思ってもなかったな。あまりに唐突で「えぇ!?」って感じ。いきなりの幕引き、というか。

意外だったのは、ロシアンKが「蝶々夫人の方がカルメンより好き」と言っていた事です。「同じ悲劇でもカルメンとは大分趣が違う」と。舞台演出も含めてのジャッジとのことですが、えぇー、まじで。このストーリーで外国人からこんなに強い支持が得られるとは思わなかったよ。

「ハラキリという単語は知ってるけど、要するに何のことなのか」
「今もこういうシチュエーションになったらするのか」
と聞かれたのでつたない英語で答えておきました。
「昔の風習で、主人に忠誠を示すため/任務に失敗して命じられたときにするのだ。あるいは誇りを強く傷つけられたときにするのだ」
「現代ではする人はいない。妻がこの劇のようなシチュエーションに陥ったら、自分ではなく夫を刺すであろう」と。
K 「西洋化されたのね」。
うん、そうかも。

そして、今日のパフォーマンスは
Olga Guryakova | Cio-cio-san, genannt Butterfly
Maxim Aksenov | B.F.Pinkerton
Eijiro Kai | Sharpless
Nadia Krasteva | Suzuki
Benedikt Kobel | Goro

・・・主役含む主要キャラがほとんどみんなロシア人(名前から判断すると)。
で、アメリカ人のシャープレス役が日本人だよ?
この配役表を休憩まで見てなかったので、シャープレス役の人をGoroか何かと勘違いしていました。。。
ところでこのKaiさんて人の歌、以前王宮のコンサートで聴いたことあるぞ。

というわけで今日は、
ロシア人による オーストリア公演のための イタリア語による 日本のお話、
でした~。
別窓 | ウィーン | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
今日は寒し
2012-03-09 Fri 08:00
先週は17度とかだったので快適に過ごせたのですが、週末から再び冷え始め、今日は雪でした。
秘書さん曰く、4月にも雪は降るし、運が悪いと5月に降る年もあるわよ、ですと。今年は暖冬だから5月はないと思うけど^^ 3月の雪はごく当たり前なんだそうです。それでも3月は春なんだって。
別窓 | ウィーン | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
お金を稼いだわけだが
2012-03-09 Fri 07:50
このように出稼ぎ労働者をしてると、お給料は、現地の銀行に口座をひらいてそこに振り込まれる。
1年働いて貯まった金額は多くはないけど、手で日本に持っていくのは不用心である。
ユーロは今大変に弱いから、まだ円にしたくない。3年前の半分程度なんて・・・。
そこで帰国を目前に、色々と考えてみた。

その結果、オンラインバンキングで日本の銀行の口座にユーロのまま移すのがよいという結論に達した。

普通、海外で給与の振込等に使われていた口座は帰国後しばらくするまで閉じずにおいておいたほうがよい、と言われる。しばらくの間は、何かしら清算されたお金が入金(逆もあるよね・・・)されるかもしれないから。
だからオンラインバンキングが望ましい。

こちらに来る直前に日本で、オーストリアでも日本の口座からユーロでお金が引き出せるよう、シティバンクに口座を開いていたのだ(※)。シティバンクで円普通預金口座を開くと自動的に「マルチマネー口座」なるものが一緒に開設される、らしい。この口座には複数の外貨が各外貨のまま貯金できるのだとか。

自分のマルチマネー口座は現在は円普通預金のみだけど、外貨が入金されると自動的にその外貨の口座ができるのだとか。

「とか」・・・?そう、「とか」。全部ここ2~3日で調べた知識。
もう、今まで何も知らない状態だったんだからー!!

そしてシティバングクの口座にはオンラインバンキング機能も(自動的についてくるのか自分で申請したかは忘れたが)既に整っていたのだ。現在こちらで口座をもっている銀行もオンラインバンキングを提供している。
どちらも今まで使ったことはない。というか今までに、オンラインバンキングの経験がない。

これでいきなりそこはかとなく大き目の金額を送金して失敗したら怖すぎる。
そこで今日、疲れた体に鞭打ってオンラインで送金「実験」をしてみた。手探りで。。。
大きい金額だと失敗したときに死んでしまうので、ごく少額で。どうせ手数料をいっぱいとられるのだ。


ターゲット: シティバンクのマルチマネー口座(開始前は円普通預金、のみ。しかも0円)
ソース: ERSTE(銀行名) ドイツ語なのわよく分からないけど、ごく一般的な口座。口座を解説すると2つアカウントができるんだけど・・・通常仕様(使用)の方です。
送金額: 5ユーロ

ERSTEのwebサイトで、表示を英語にして、オンライン取引開始。
開始・・・開・・・あれ?ログインしたら、表示がどいっちゅ語だけになったよ??(゚∀゚)え何これ。
どこに送金へのリンクがあるのかもわかりゃしないでないの。

でも、運よくOnlinehilfenは英語バージョンもあったのだ。これで道が開けた。
英語なら、単語が何を指すかはわからないけど、どんな情報が求められてるかはわかる。

ヘルプページには、各項目の説明が完全網羅されてあった。早速、ドイツ語版と英語版のヘルプ画面を並べる。
ドイツ語版も開いたのは、操作画面がドイツ語だけだから。操作画面と単語が一対一対応したほうが作業が早くすすむからね。

独和辞典とGoogle翻訳とアルクを駆使して、なんとなくそれらしく、コードや項目を記入。
途中でタイムアウトになって何度もログイン画面からやり直した。
そのたびに入力データは全部消えるんだぜ・・・。
何度、いつもお世話になってる支店の顧客お世話係の親切なおじさんの顔が目の前にちらついたことか・・・。最悪、画面をプリントアウトして持って行って教えを乞おうかとも思った。

ようやく記入が終わって、多分「送金」と思われるボタンを押してみる。
色々文句を言われる(ドイツ語で)。
怒られてるらしい項目の、英語版ヘルプの解説を見ても分からない英単語があるのみ。→アルクで調べても載ってない。
説明を読んでも、意味は分かるけど何を入力したらいいかわからない。

ちょっと考えて、これかな~、という番号を適当に入力。怒られなかった。

最後の最後に、「あなたの秘密のTANコードを入力してちょうだいよ」と言われる。
ところがTANコードってなんなのか、まったく分からないんだな。
契約時にもらった説明書やOnliehelpにも、TANの語は出てくるけど、肝心の番号がどこにもない。
再発行のページもあったけど、現在の番号がわからない。
これは考えたよ。タイムアウトを恐れながら相当考えて、ようやく意味がわかった(と思う)。
入力して、多分「送金確定」なボタンを押してみる。


できた。


送金完了メッセージ、確認画面、明細書(以上須くドイツ語)が出てきた。
口座情報を見ると、確かに残高が目減りしている。
出てった金額、33.6ユーロ。

5ユーロ送るのに3000円すか(゚Д゚)
そうかそうであった。手数料がかかることは覚えてたけど、こういう単位でかかるのだった。
オーストリアに来るに当たり、日本にいた頃、寮の手続きのために800ユーロ(8万~10万)ほど送金したんだよ。手数料が7000円とかで泣くかと思ったのだった。まあよい。

これでシティバンクで入金が確認できたら実験成功。
今日の手順が正しいことが確認されたら、改めて手順や項目名を書きます。
現時点では不確定要素が多すぎて・・・。お金がらみのことにいい加減なこと書けない。


***
(※)当座の生活費、初期費用、海外生活初期のトラブル対策、などと考えたのです。結局一度も使わなかった。なので、一時帰国した際、このマルチマネー口座をすっからかんにしたのです。だから「残高0円」。

でも作っておいてよかったのだ。なぜなら、雇用元のプロジェクトの関係で、「(4月頭に着任だけど)5月半ばまでお給料が入らな」くなりそうだったから。結局これは免れたので、シティバンクにお世話になることはなかったけど。

この銀行と使い方を教えてくれたのは、昔ドイツに留学していらっしゃったO准教授。ありがとうございました。まさかこんな形で・・・最後の最後に大活躍してくれるなんて。

ちなみにウィーンでは支店がほとんどないし(パンフレットによるとATMはあるようだ。だからユーロを引き出すことはできる)、手続きが超めんどいことがあるそうな。だから現地の銀行で口座開いたほうがいいよ、とは今の大学の先生のお言葉。
別窓 | オーストリア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
Aus! Aus!! Aus!!!
2012-03-07 Wed 08:45
日常生活でも目にするとぎょっとするこの語。
「売り切れ」の表示として見かけることが多いです。
この間見たのはオペラ座の立見席のチケット売り場でかな。

そして今日、何が売り切れって・・・
日本行のフライトのチケットがですよ。


「完全帰国!」と我のたまいて曰く、いざ航空券をゲットしようとしたらこれだよ。。。

週末に航空会社のサイトでチェックしたら、よさそうなのがいくつかあったんです。
で、その後タラタラ3日ほど過ごして、さっき見たらば、

・・・  売  り  切  れ  ~


(・Д・)・・・ポカーン


あることはあるんですよ?
2日後に日本着、とか。中東経由とかそれもやっぱり二十ウン時間とか。中東の空港で一人夜明かし(※)。僕はそれは避けたいぞ。ロの国も安価なのだが微妙である。
いい時間の欧州系航空会社は・・・片道4500ユーロ(約50万円)超え (〃゚艸゚)キャーーーーーッ

しかもね、狙ってた日から着任日までの連日こんな値段設定なの (*ノ∀'*)σ イタタ・・・



いやもうお姉さんびっくりヨー (゚Д゚)
で、ふと気が付いたのは、片道で調べてたから高額であったということ。
往復で調べたら、もっと安価なものが、まだ少し残ってました。うんよかった。僕これ買う。航空会社の思惑から外れてしまって申し訳ないけど、他の選択肢はあってないようなものだもの。
あとほんの少しだけ事務連絡を待ちたいので、まだ買ってないですが。<まだ買わないのか!



(※) 日本以外、どこの空港でもするもんじゃないそうです(というか、できないのか???)。中東出身の人がそう言ってたからきっと本当だ、少なくともその地域に関しては。アメリカのハブ空港で一晩過ごそうとしたら、そう言って止められたのです。
別窓 | オーストリア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
カウントダウン ドイッチュ語
2012-03-07 Wed 08:25
楽しかったドイツ語教室、ふと気が付けば今日を含めてあと3回。
エスターライヒ ドイッチュと、ドイッチュ ドイッチュの違いトリビアおよび、入門の基本の復習、で終わってしまいそう・・・。
今日も"Immer Perfekt!" って褒められたよ。だめなんだよ、それじゃ。昔やったことを思い出して、その貯金でやってるだけだから。

でも上のクラスから始めてたら、きっと途中で勉強の時間が足りず、おぼれてたであろう自信もある。
本務である研究と天秤にかけて、正しい選択をしたと信じる。

このクラスを選択したからこそ、忙しい時期も、授業の復習と簡単な予習だけでついていけたのだと思う。実際、単語とか多少身に着いたよ・・・、昔は全然覚えなかった(覚える気にもならなかった)のに。それだけでも習った甲斐があったというもの、だろうか。

だからこそ、4月の着任当初から語学学校に通い始めればよかったと思う。
そうすれば今頃ひととおり文法をさらうことができたんじゃないだろうか。


日本に戻ってもちょっとは続けるかなぁ。一人でやってても張り合いがないからなぁ。ドイツ語が達者な老いた父でも相手にするか。・・・あれ?そういえば彼は何かドイツがらみのコミュニティに参加していたんだったな。
別窓 | ウィーン | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
帰国します!
2012-03-07 Wed 08:13
今月で1年間の任期が終了するにあたり、月末に完全帰国します!!

1年・・・短かったような、長かったような。
最初の頃は、分野も若干違ってたりしてスタートのキレも悪く、だめだめだったなー。そのせいで後半になってしわ寄せがきたというか。まぁ僕の人生そんなもんです。超スロースターターだから・・・レースが終わるまでに最高スピードになってればいい方というか・・・。
英語、もっとやってから来ればよかったなー。
ドイツ語最初から習い始めてればよかったなー。
なんか大学の皆さんに申し訳ないな!これ以上書くのはやめよう、際限なくボロが出そうだから。

留学には小さい頃からずっと憧れていました。特に西洋諸国には、さぞ素晴らしい生活があるに違いないと。



でも



日本の清潔観・他人に対する対応、マナー、衛生環境、サービス、あらゆる商品における選択肢の広さ・・・こちらに来てからその良さがしみじみ分かったものがたくさんあります。特に、土・足に対する衛生観念かなぁ。布張りの椅子や棚の上に、土足で乗っちゃいけないに一票。稼働中の他人のマシンに脚(足)を乗せちゃいけないにも票を投じたい。

あとヘルシーな料理ね!!こっちだと、野菜だけの無造作な料理も須く油浸しなのだ。ヘルシーに、なんて無理もいいとこ。料理全体から、「何、乾燥する?じゃあ油まぶしとこうか!量の加減は苦手だから、いっぱいかけとくよ!」という気合がガンガンに伝わってきます。Gekocht Reisを選んだのになぜ油の滴る飯になっているのだ??その答えはReisの調理法に関係なく、具材のGemueseとFreischを(大量の)油で炒めるから。
量も大変多い。胃拡張になったと思います。いや胃だけじゃないのだが

でも生活費は安かったな~。。。(´~`)交通費、食費・・・。
同僚はみんなTokyoの物価の高さにドン引きしているよ。
あまりに驚かれるので、現地人のみんなはこちらでさぞお金がたまるのだろうと思ってしまうけど、一体何にお金を使っているのだろう。

日本に戻るのは楽しみだと母に言ったら、「それでもきっと後で、ウィーンはよかった、と思うと思うよ」ですって。何が懐かしく思い出されるかな。やっぱり、街中のきれいな建築物、豪華な宮殿や美術館、絵画、安価に楽しめるオペラやコンサートだろうな。大好きゴテゴテした装飾のついた建築。
なんだかんだ言ってもウィーンはハプスブルク家のお膝元、文化度は非常に高いから。


連休とかあったら、ふらっと来てしまいそうだよ。というか、きっと来るだろうな。
両親に見せたいところ、連れて行ってあげたいところ、たくさんあるから。
彼らはウィーンには2回ともパッケージツアーで来たため、ウィーン滞在日数は3日程度なのだ。惜しい、おしすぎる。



あぁ、今日の記事はポエムになってしまった。

あっ、最後になりましたが、4月からまたどうぞよろしくお願いいたします!!日本で見かけたら声かけてやってください。お昼会とか飲み会の時、声かけてあげてください。。。スルーしないでください、、、もう一度されたら泣くんだからね!
別窓 | TUWien | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| ―*暫定住居*― |
copyright © 2006 ―*暫定住居*― all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。