chowe
http://chowe.blog106.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
懐かしの…
2013-04-29 Mon 22:50
某害虫駆除のCMで、中東の民族衣装であるトーブを身につけた人を見た。
そういえば帰国して5日、初めてこの装束の人を見た。
懐かしいなー・・・。もう当面直に見ることはないんだろうなぁ。
スポンサーサイト
別窓 | サウジアラビア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
帰国前夜、食中毒になりました
2013-04-26 Fri 00:36
夜中の3時に、耐えられない胃の痛みで目が覚めた。
ひどい胃もたれかと思って姿勢を変えてみるも変化なし。むしろあれよあれよと言う間に悪化してくる。考えてみればそもそももたれるようなものは食べていなかった。夕食に至っては殆ど摂らなかったも同然だったのだ。

痛みは徐々に、空腹の極限時に感じるような鋭い痛みになってくる。
なったことないけど胃酸過多だろうか。朝になったら何か食べねばなるまい、と思ったのも束の間、食事なんて考えたくもないほど激烈な痛みが襲ってきた。これは異常だ。なんで薬まで送ってしまったのか。友人に朝イチで薬を分けてもらえるようメールを書こう。枕元のPCに電源を入れるも、それ以上のことができない。

痛みはすさまじいものになっていた。みぞおちと腸を結ぶ線に沿って痛い。胃のあたりから体が2つに千切れそうだ。胃が裂けているに違いない。

気持ちも悪い。
よたよたしながらトイレに行き、全部出し、というより全部以上出し、脱水症状の危機を感じた。それなのに楽にならなず、むしろますます気分が悪くなった。
次の一瞬、全身からひどく汗をかいた。手の甲なんて真夏でさえ稀にしっとりするほどでしかないのに、今は汗でびしょびしょなのである。帰国を半日後に控えて自分はトイレで死ぬのかと思った。

今まで経験したことのない状態に、一瞬マラリアの文字が頭をよぎった。
2週間前に蚊に刺されて大きく腫れたことと、KAUSTのオリエンテーションで衛生部からマラリアの注意を受けたことが思い出されたのだ。でも高熱なんてないし。

とにかく胃の痛みに耐えかねて、耐えられなくて救急車を呼ぼうとした。
でもそれさえできなかった。

少しうとうとしたり痛みで目が回りそうになりながら朝が来た。
結局2時間しか寝られなかった。なんて出発前夜だろう。KAUSTから日本の自宅へは22時間かかるというのに。

痛みはどうやら周期的なようである。
動けるときにそれでも這うようにしてバスに乗り、病院へ行く。
受付で状態を話し、今日昼過ぎに出発と伝えたところ、車椅子でERに送られた。

痛み止め入り点滴と抗生物質で少し良くなったものの、痛い時に意識が吹っ飛びそうでなくなった程度である。立つのがやっとで、痛くない時でさえ歩くというより摺り足で前に進む程度の動きしかできない。これでPCの入ったでかいリュックをしょって重いトランクを引きずって歩けるのか。

意外に行けたのである。
部屋からエレベータまでと、空港入口からカウンターまでの数十メートルだけだったから。

タクシーでは殆ど寝て過ごした。
もっと窓の外を眺めて行きたかった。ラクダも見えたかもしれない。

空港で手荷物を預けた後、少し身軽になり、椅子に座って、あるいは壁にもたれて搭乗を待つ。
ようやく食べ物を口にできるようになる。この日食べられたのはパン2口分だけ。
少し熱でもあるのか節々が痛く、だるい。頭も朦朧とする。
乗り換えのアブダビではゲートの椅子で居眠りして、あやうく乗継便を逃すところだった。目が覚めたら周りに人が一人もいなくなっていたのだ。


気が付いたら飛行機が成田に着くまでアバヤを着ていた。
別窓 | サウジアラビア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
引っ越し 顛末
2013-04-21 Sun 03:10
サウジのタグのついた記事を書くのもあとわずかだなぁ。

今回の記事はfacebookにあるのと同じです。
というより、これは少しは有意義な一種の記録だと思うので、ブログに載せるものをfacebookにも載せたという感じ。


---

端的に言うと、ひどいひどい引っ越しだった。

まず業者は2時間遅れた。
17時でお願いしたら「max16時までだぉ」と言われたので、15時開始にお願いしたのだが、結局彼らが部屋に来たのは17時半だった。それも、2時間の間のんびり待たせてくれたわけではなかった。セキュリティーで一悶着も二悶着も起こし、その間私はいたる所に電話をかけまくり、電話を受けまくり、何も知らない車両入構について拙い英語で戦ったりたらいまわしにされたりした。

業者のおじさんはまずゲートを間違えた。すごい頑張ってKAUSTに入構した後も、彼らは迷い、建物を間違え、学内に入って30分以上してようやくうちの建物に着いた。そこで彼らはセキュリティーと会社のボスと、ゲートパスがないとなんとかとか延々と議論し、荷物の重さを計り始めたのは17時半過ぎ。しっかり荷造りしてあったから、10分で終了。パスポートのコピーが必要なんだって?たまたま持ってたからいいけどなかったらどうするつもりだったのだろう。あやうく送り状の控えを持って行かれそうになる。この間も電話かけまくりかかりまくり。今日だけで15SRくらい使った。

帰り際、ゲートパスについてまだ気になるおじさんが「おまえもゲートに来い」と言う。え。ゲートなんて場所知らないし。自分たちのピックアップトラック(と呼べるのか?)に乗れと言う。連れてってくれるのはいいけど(全然よくないけど)帰りどうするの。ゲートの場所はしらないけど、コミュニティエリアまで車で何分という距離なことくらいは知ってる。というか、なんか誘拐の流れに近い。。。信頼のおけるヤバいセンサーが反応している。かなり頑張ってみたものの、自分もゲートパスについては全く分からないので、これは本当なのかもしれないと思う。本人が必要なんて聞いてないけど、荷物を送れないことには始まらない、いや、終わらない。往生際悪くセキュリティーに電話をするものの、別の番号を言い渡されただけ。おじちゃんに「ちょっと降りてきて」って言われただけだから、部屋の電気も作業中のコードもそのままなのに。もう泣きそう。

仕方なく車に乗り込む。この車もおじちゃんたちも、完全に作業の雰囲気だ。通りすがりのKAUSTの人たちがぎょっとしながら見ている…今日は職場最後の日だったのでちょっときれいな服をきていたのだ。半泣きだし完全に誘拐の体。少し涙が出たのは打ちひしがれたからじゃない。本来なら、箱も含め全てを内部業者に一括手配してくれるはずの事務の引っ越し担当者がなぜかその手配を怠って、問い合わせを受けて初めて外部業者の連絡先だけよこしたことに対する憤りの涙だ。

セキュリティーオフィスを探して三千里。行きに寄って来たんじゃなかったんかい。きっと迷いすぎて忘れちゃったんだな。よろよろ走り、Uターンしまくり、人に尋ね、探すこと20分(途中で、辺り数百メートル人のいない作業場の駐車場に止められたときは死ぬかと思った)。目的地に着いた。

バス停があった。

時刻は既に18時。聞けば確かにパスは必要なのだという。特別パスを発行してあげるから、権限のある人が来るまで待っておいでなさいと言う。右も左も分からない外部の人と、やはり何も分からないポスドクとで埒の開かない議論をしているのに比べ、なんと明快で頼もしいことか。間もなく偉い人が来て(わざわざ時間外に呼ばれてきたんだな、ありがとうございます)事情を聞いてIDをチェックし、無事パス発行の運びとなった。特別措置なので一筆書かされた。おじちゃんたちは「心配だからこの女もゲートに連れていくぞ!」と言ってたが、偉い人の一喝でそれは免れおうちに帰っていいことになる。

最寄りのバス停に停まるバスは本数が少なく、30分に1本。25分野ざらしの中で待つのかー、と思って道路端に突っ立っていたら、セキュリティーの人に「中でお待ちよ」と言われてほっとする。18時44分、バスが来て、ようやくコミュニティーエリアに帰れたのは19時。憔悴。自分が20kgの箱を2つ運んだわけでもないのに。落ち込みすぎて、こんなときぴったりなフレーズの「先達はあらまほしきことかな」も思い浮かばなかった。


でも、いいこともあった。


元気を出そうと普段全然寄らないバスキンロビンスに入った。後から入ってきた人がテイスティングスプーンをしている。なんと、それはKAUSTの政府業務部にお勤めで、今回の帰国ビザ発給でお世話になった人だった。こんなところで会っただけでも驚きだが、ビザ発給の後でちょっと無理を言ってお願いしていたものがあり、それが準備できたという。これは奇跡なのである。待っていれば取って来てくれるというのでアイスを食べながらお待ちし、その後しばらく会話を楽しんだ。政府業務部の固いイメージとは違い明るくて楽しい人で、お土産とおしゃべりで、辛いつらい半日がぱぁっと良いものに変わった。総じて今日は良い日であったと言わしめるほどに。
別窓 | サウジアラビア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
KAUST 別れ 第一波
2013-04-18 Thu 02:59
KASUTに来てすぐに、日本で暮らしていたエジプトの方との思わぬ出会いがありました。
家族ぐるみで大変暖かい交流をさせていただいたのですが、今日ついに別れを告げてきました。
半年だけでしたが素敵な時間をありがとう。いつも暖かくお宅に迎えてくれて、3人のお子さんたちも本当に人懐っこくて、月並みな表現ですが素直で明るいいい子たちでした。

お暇を告げても去りがたく、何度も伸ばし伸ばしてしまいましたが、ついにタイムリミットがきました。なんと別れがたい別れであることか。やるべきことがあるんだからもう帰ろうと、それを言い訳に気持の整理をつけようとしている自分は妙に感傷的になっているとね思ったら、…一番上の男の子は泣いてた、、、この瞬間、これは軽々しく去っていい場面ではないと気づかされました。自分はただの日本語の練習相手として招かれていたのではなく、彼らの大切な過去の生活背景を共有する友人として扱われていたのだと。

なんてことだ。

これから先、彼らに会う機会はあるんだろうか。
だってここは普通の外国じゃないんです。サウジなんです。他の国からここに来ることはまずできない。サウジから日本へ行くにはお金も時間もかかるしビザも必要。まだみんな何十年も生きるし一生サウジにいることもないだろうけど、でも、本当に会える可能性はどのくらいかと言われれば、、、

深く考えると一晩でも過ごせてしまいそうだから、あえて頑張って考えないことにします。
飛行機に乗れさえすればどこでも行ける現代ですから、きっとまたいつの日か会えることでしょう。
それを信じて、別れの寂しさには目をつぶり、会える日に向けて今できることをしようと思います。
別窓 | サウジアラビア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
引っ越しはじまるよ
2013-04-17 Wed 04:01
事務の手違いでなぜか引っ越し手続きを進めてもらえなかったので、自力で手配することに。ありえん。いや、ありえる、サウジだから。

週末挟んで4日後の荷物回収。構内侵入許可とか、もうめちゃめちゃめんどい。荷物週明けすぐに回収なんだけど、大丈夫かなぁ。業者の窓口の人の英語もビミョーだし。もう「なんてことだ」とか言ってる余裕ありません。ほんとに間に合うんかいな!!きー!

「そういえば日本へ送るんだなぁ、税関とかあるんだなぁ」とすっかりあやふやになった日本語でインボイスの情報をググったら、このブログに自分が去年書いた「ウィーンから荷物を送る云々」なる記事がヒットしました。1年前もわやわやな日本語だったんだな。そして1年経っても進歩しなかったんだな…。
別窓 | サウジアラビア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
渡航準備
2013-04-16 Tue 02:41
着々と進んでおります。
色々なものを次々と手放しております。
預金とか。銀行口座とか。滞在許可証とか。

いよいよこの国も残り一週間になったので怒涛の準備です。
だけど荷づくり梱包や引っ越しについて何も連絡がきてない!
したがって荷物はまだ何ひとつまとめられてません。
メールで問い合わせても何にも返ってこないので、明日直接事務に行って誰かに聞いてみようと思います。
別窓 | サウジアラビア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
驚きのメールボックス
2013-04-11 Thu 03:07
帰国準備の一環としてFed□xでオープンしてたメールボックスを解約に行きました。
そうしたらなんと、

今まで使ってたメールボックスは僕のじゃなくて誰か他人の

だったことが判明しました。
えぇー!?!?(´Д`++)

もちろんそのボックスの開錠番号を教えられていたのですから、この半年間何度も開けたりしめたり好き放題してましたよ。でも一通も手紙の類を目にすることがなかったからよかった、今日F〇dExのチラシが1枚入ってるのを見たけどそれが唯一目にした郵便物だったから。プライバシーの深刻な侵害にはなってないです。あっ、その時はそのボックスが自分のだと思ってたからチラシ捨てちゃった。

この半年間、僕はずっと他人のボックスを見て郵便物をチェックしてたわけですね。こう書くとなんかストーカーみたいでなおさら嫌な感じですね。そして今日はお別れに写真まで撮ったわけですが。他人のだったんですね。そして自分のボックスは最後まで一度も見たことも触れたこともなかったという。ほーぅ。興味深い。これは実に興味深いですぞ。

で、ごくやんわりと抗議してみたもののこの混乱の経緯は解明されず、謝罪の一言もなく、見事なまでにスルーされ、最後に局員さんが「ボックスに入ってたよ♪」といって差し出したる1つの四角い薄い物体。
そう、それは、夢にまで見た自分あての手紙。高校からの友人がくれた手紙だったのです。…12月に。

手紙の送付先を確かにこの頃聞かれたんですよね。何か送ってくれたのかな、って僕も(他人の)ボックスを時々見に行ってたのに。何もボックス内に見つからなかったから、その後メールとか普通に送ってたよ。ひどいな。のうのうとフェイスブックで友達申請までしちゃった。ぁー。最後にサウジの底力を見た気がしました。
別窓 | サウジアラビア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
リステリン
2013-04-04 Thu 04:18
外国のと日本のって処方が違うようです。
外国版にはフッ素が含まれてて虫歯予防に効果的だけど、日本のにはないとは…。
確かに外国版(今使ってるのはUSAバージョン)ではAvoiding cavityって謳ってるけど、日本版だと殺菌と口臭予防くらいしかアピールしてない。

外国版使ってさえ虫歯になる僕はどうしたらいいんでしょうか。
別窓 | サウジアラビア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ジェッダ→東京の機内食
2013-04-03 Wed 04:57
前回帰国したとき、2回目(1ストップドバイ→香港)の機内食で「鶏か牛か」と聞かれて「牛」と答えたが、後方の座席だったので鶏しか残ってなかったことがあった。

1回目(ジェッダ→ドバイ)で鶏を選択していたため、「もう鶏食べたからなぁ~(´・ω・)」と言ったら、なぜかビジネスの魚が出てきたのだ。まさかこんな素晴らしいことがあるなんて。
決してゴネたわけではないことを明記しておく。
別窓 | ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
新年度
2013-04-03 Wed 03:55
なんと、日本の社会では昨日から新年度ではありませんか。
入学or就職して新生活を始められた皆様、おめでとうございます。さぞ期待に満ちた日々をお過ごしのことでしょう。

毎日強烈な日差しと砂埃だらけでまるっきり何の変化もないサウジですが、最近暑くなってきたような気がします。
朝晩もあまり寒くない。寒いのは室内だけ。今日の室温、絶対20℃くらいだったと思う…!!
夜も寝てるだけで風邪ひける(´Д`)
別窓 | ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| ―*暫定住居*― |
copyright © 2006 ―*暫定住居*― all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。