chowe
http://chowe.blog106.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
CUDA Inttellisenceエラー
2013-08-24 Sat 01:25
昨日から複数あるcudaの関数たちにまんべんなく現れるIntellisenceのエラーで悩まされていた。「型として認識されてません」とか、「)がありません」とか、「型が定義されてません」とか。

てっきりどこかで括弧が不整合を起こしているのかと思って一生懸命調べていたのだが、原因は配列の添え字の型にあった。

添え字だから当然整数であるべきなのだが、添え字を数式で計算しているところでうっかり

array[ 2.0*W ]

とか書いていたのだ。これじゃ添え字少数。
これがまさか関数縦断的インテリセンスエラーを引き起こそうとは。
もっとマイルドに
「配列の型として認識されません」
みたいに諭してほしかった。

でもまあ、一つ進歩。
スポンサーサイト
別窓 | プログラミング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
超コーヒー リニューアル
2013-08-24 Sat 00:48
サントリーから「BOSS 超」なるイカしたコーヒーが発売された旨を以前お伝えしましたが、これがこの度リニューアルすることになったようです。

他3商品と共に 9月3日 リニューアル予定。

だけど、研究室のある建物内の自販機では少なくとも昨日からリニューアル(なんと!)。
缶のデザインの濃い茶色だった帯が、濃紺になりました。
他の部分は殆ど変わりないようです。

って、まだ試してないんだけどね。
人が買ったのを見たの。
味はどうなったのかしら。今度買ってみます。
別窓 | ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
最後の回数券
2013-08-19 Mon 00:35
5月に日本に戻ってきてから一月の間、
都内に住処が決まらなくて群馬の両親の家から通っていた。
その時に井の頭線の回数券を購入したのだが、
その最後の1枚を今日使った。
6月に入る直前に今の住居がみつかり、使う必要がなくなったものだった。

鞄に入れておいたのを、ふと思い出して、使ってみたのだ。
来週が使用期限だった。
有効期間は購入から3か月。5月のあのころを思い出した。
金額にしたら大したことはないものだけど、使い切れてよかった。

別窓 | ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
The hell with ...!
2013-08-17 Sat 23:55
英辞郎に、昔大ヒットした映画(※)のセリフが出ていることに気が付いたよ。
引用映画名がなかったのに、なぜ気づいたのか。聞いてくれたまえ。


英語のリスニング力を落とさないための対策として洋画を活用しているのですが、今日土曜日オフの日、観ていた映画のセリフがまんま一行載ってるのをたまたま発見したのです。
昔むかしそれはもう聞き取りができなかった私は、短期ながらも度重なる留学で少ーーしついてきた英語の聞き取り能力をどうしても落としたくなくて、圧倒的に英語リスニングの機会が少ない日本に戻るにあたり、それなりの頻度で洋画をnot dubbed, English subtitles すなわち英語+英語字幕で見ることにしたのです。あ、最初の1回は日本語で観ますけど。

映画はDVDを購入してPCで再生します。気軽に止められるし、分からない単語も…数あるweb辞書(英辞郎やLongman)で…すぐ引けるから。映画は気楽に見たい人間なので、色々なジャンルの映画を買っても結局はいつもコメディばかり見ています(カッコ内は日本語タイトル):

You've got @ mail(ユーガットメール)
Addams' family 2(アダムスファミリー2)
This means war(ブラックアンドホワイト)
Legally blonde(キューティ・ブロンド)
Penelope(ペネロピ)

...

上記にはありませんが子供向け映画、ニモとかに代表されるピクサーやディズニーの3Dアニメとかですね、あれは今なら字幕なしでも大体分かる。字幕があれはほぼ完壁。単語や慣用句が比較的簡単で、読み上げは教科書的で高い声が多いのです。はっきりゆっくり喋ってくれる。さすが子供向け。

最近だとサウジアラビアはKAUSTで観た(そして以前記事にしたためた)Raise of the guardians がイチオシです。DVD持ってないのは日本未公開だから。でも僕はいつかAmazon.ukで買っちゃうよ。ここ最近英語で観たのはあと、Tangled(塔の上のラプンツェル)、Wreck-It Ralph(シュガーラッシュ)とか。Tangled は飛行機の機内ディスプレイで観たのですが、十分きれいだったなぁ。灯篭や髪が印象的だった~。Wreck-It Ralphは…私は全くゲームをしたことがないのですが、それでも楽しめました。

ところがこれが大人向け映画となると、会話は早いしなんか音つながってるし、省略はあるし、大体において「モニャロ~」とかしか聞こえないのです。Thank you for the introduction が「ソ…ロン」って何なのだ。特に、男の人が声を落としてしゃべるようなところはまずもって聞き取りにくいです。暗いスパイものなんか、ちょっと無理だろうなぁ。そういえば、ジムで男性の先生が出す指示もなんだか聞きとりにくかった…声が低い上に拡散してエコーがかかって、ボワボワしてしまって。だからNunchakuの上達が遅れたのかもしれないなぁ、うん、きっとそうだ。

もっとも発音の問題は字幕を見たら解決するのです。一瞬で消えちゃうけど、そこは一時停止しまくりで。
でも、語彙や慣用句の意味は調べないと分からないのです。しかも分からないのが沢山たくさんある。そこで調べるわけです。調べた結果、一生縁なくありたい法律用語とか、きっと国際学会で出番のない「((俗・卑))マークのついた語」とかあるわけですが、とにかく調べる。

そして、また観る。何度でも観る・聞く。
「何言ってるかわかんない英語」を話す大人の人たちが、実際の会話の相手なんだからね。
子供向けだけ分かっててもしょうがないのです。
子供向けを分からずして大人向けを聴きとることもできないけど。

一番昔から観ているYou've got @ mailなんて、カウンターによればもう500回くらい再生してます。これには、好きで観てたというのと、初期(留学前)のころはなかなか上達しなかったからという2つの理由があると思います。まぁ、適当に聞き流してたときもかなりあったけどねぇ(´∀`*)

最後に、洋画を英語で観て面白いことの一つは日本語にはできなかった(そして得てして訳されてない)表現を楽しめるということかと思います。
たとえば前述のYou've got @ mailには英語のシャレがあるのですが、これは日本語には(少なくとも私が持ってる版には)訳されていません。

経営するお店が潰れそうな主人公が、彼氏とパーティー会場に向かう。
(「お店、だいじょぶなんだろ」"You're fine."というくだりで主人公が)"Fine!"
ちょうど会場の家に到着しパーティのホストが出迎えて
"How are you?"
主人公たち
"Fine."

あちゃ!書き下したら面白くねぇ!!(´Д`;)


それから、日本語版だけ見ていたのでは気づきにくいのですが、
オリジナルのタイトルと日本語タイトルが全然違っていることがあって面白いです。
なぜにこんなに違うのか!?

This means war(ブラックアンドホワイト)…英語名が気に入ってたのに。
Wreck-It Ralph(シュガーラッシュ)…日本で広告みたときわかんなかった。

それにしても「ブラック&ホワイト」って(´Д`;)どこにも白が出てこないし…どう見てもビジュアル的には黒と黒だし…テーマ曲も "This means waaaaar!!" って歌ってるのに…。



***
(※)今日見ていた映画は Leagally blonde, キューティ・ブロンドでした~。
B&Wにハマってた私に先日友人が「主役のリーズ・ウェザースプーンはキューティ・ブロンドの主役ではないか!」と騒いで教えてくれたのがきっかけで観始めました。
別窓 | ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
膝イタ!
2013-08-10 Sat 00:42
先週帰省した際、右膝を痛めた。
祖父母を訪ねたとき、長いのれんの向こうの扉に気づかず全力でぶつかったのだ。
扉はガラス戸だったために「バーーン!!!」と派手な音がし、周囲の人間が驚くほどであった。
膝は徐々に動きがしぶくなり、その晩、痛みでついに動かせなくなった。

それから数日。湿布を貼って過ごしたおかげか、徐々に快方に向かってきた。
そして一昨日、仕事の都合で1日歩き回ったのだが、少しきちんとした格好が求められると感じたため、ハイヒールを履いていったのである。調子に乗ったのである。

もしかしてそろそろジム通い再開できるんじゃない、と思ったのも束の間、翌朝目覚めたら恐ろしいほど悪化していた。事故当日の翌日くらいの痛みだ。職場からの帰り、地下鉄の階段が辛くてしょうがない。特に下りが厳しい。ようよう自宅の最寄駅に着いて、階段を手すりにつかまりながら一段一段、左足と右手の力で上る。その隣をお年寄りが悠々と追い越して行く。明日、朝イチで整形外科に行ってこよう――。

そして今朝、自宅から徒歩30秒の整形外科に行ってきた。CTも両膝3方向から撮影。研究でX線CTに関わっているため、被写体として機能しつつも観察してしまう。「ふむふむ、あの可動式アームの先についてるのが線源ね。そしてガラスのベッドの下、今回はひざの下に設置してあるパネルがディテクターね!拡散しないのかしら。拡散しても医療用だからそもそも出力は弱いのよね」など。完全ににわかである。まあまだ3か月しかCTやってないから、本気だしてもにわかなんである。

私と違って何十年もCT画像を観察してきた医師の見立てによれば、まず骨には異常はないとのこと。
「ぶつけたときに膝の皿が外側にずれて、皿の下にひっついてる靭帯が延びたのでしょう」。
おもむろに左右の膝(実物)を見て、
「あなたのようにもともと膝の皿が外側寄りについちゃってる人は衝撃で動きやすいんです」。
ありゃ。僕のお皿、ぶつけただけで動いちゃうのかい。
そして、最低でも全治2週間、途中で皿の下の何かが腫れたらさらにかかるそうな。腫れたら何か腫れのもとを「抜く」んだそうな。ぉぉぉぉ、、、2週間。ジムに入会したばかりだというのに。。。。無念。
出された湿布は大きくて、計ってみたら20cmx14cmもあった。こんな大きな湿布、今までの人生で見たことない。これを3週間分もらったよ。先生は夜だけでもいいと言ったけど、処方してくれた人は朝も貼りかえることをお勧めしていた。とりあえず様子をみながら、しばし治療に努めます。
別窓 | ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| ―*暫定住居*― |
copyright © 2006 ―*暫定住居*― all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。