chowe
http://chowe.blog106.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
バイオリン 初点検&初毛替え & 楽器と弓の○○
2015-06-06 Sat 20:11
バイオリンを購入して早6年(多分)。
恥ずかしながら初めて点検に出しました。
弓の毛替えも、初めて。あぁなんということ。

事の発端は先週のバイオリンレッスン
(そう、帰国後、1年以上経って再度習い始めたのです。留学前と同じ先生に。ファンだから ※バイオリン歴は通算2年弱)。

先生がいつもレッスンの最初に調弦してくださるのですが、なんかこの日は調子が違った…。
E線(一番細い線)が今にも切れそうです」と。
古い(…え)からだろうか、と思ったら、どうも張りすぎているらしい。
時々先生は「このバイオリンは駒(ちっちゃい木の部品で、弦4本を支えてるアレ)が高い…?」と呟いておられたのですが、そのせいもあるでしょうと。結局、レッスンの時間を少し充てて、弦を全部外して付け直していただいたのです。そしたら弾いていて音がすごくきれいに聞こえるようになりました。先生曰く、調弦で音質が変わることはないので、共鳴が強まったため良い音に聞こえるようになったのではないか、とのことです。

そしておもむろに切り出されたのです:
「点検には出していますか?」
と。

出してるはずないヨー!
毛替えもまともにしてない不良生徒だもん!
そう、アタイのバイオリンは買ってから5年以上(多分)たつというのに一度もメンテされたことのない、かわいそうな楽器。楽器と先生に全く申し訳なく思いつつ、恥を忍んでそれを告げ、点検と弓の毛替えの説明をいただきました。ついでに弦も全部替えることって言われちゃった。

・点検は、バイオリンを売ってるお店でやってくれる
・大抵、点検は無料である(大手は有料のことも)
・毛替えは5000円程度である
・毛替えは、予約を入れた上で2時間程度かかる
・点検も毛替えも、年に1度したほうがよい
・弦はドミナントならどれでもよい(自分、初心者なんで!)
・弦はAmazonが一番安いと思う


早速Dominantの弦4本セットをAmazonで購入し、点検してくれるお店もネットで調べて、今日、クロサワバイオリンで無料点検を受けてきました。
ちなみにここは予約制です。

クロサワ…奇しくもこのバイオリンを買ったのもクロサワだった…お茶の水店だったけど…それ以来足を踏み入れていない…それを言うならどんなバイオリン店にも足を踏み入れていない…なんかもうほんとすいません。

メンテナンスの専門家、リペアマンの方に、初心者であること、いつどこで購入し、その後点検に出してないこと(と、毛替えもしてなかったこと…)、バイオリンの先生の考察などお話しして、その場で簡単に見ていただきました。
それによると、

1. 駒が少し傾いてる(これは手で直る範囲)
2. 駒が高い
3. 指板が浮き気味(ネックが反り気味)
4. ニスに欠け・削れなどの欠損がある…結構ある


バイオリンの先生の見立ては正しかったのです。
2, 3 のために弦が張りまくり、1も起き、挙げ句にE線が切れそう!となったようです。
1はともかく、2、3についていくつかプランを提示していただき、今回はそのうちの一番早く楽な方法である
駒を少し削る
をお願いすることにしました。

4は見た目だけの問題だけではなく、白木が出ているところがあると、そこから汚れが入り込み板(=楽器)の具合を悪化させるのでやはり対応が必要です。

・色だけ塗る
・周囲のニス(厚みがあるのです)になじむように仕上げる

の2プランありましたが、日数が1日で済む(そして安い(といっても、5000円くらい))前者を後日依頼することにしました。
なんで今日やらないかって?
だって今日も明日も練習したいんだもん。マイ楽器ですることに意義があるだもん!!楽器と共に成長する幸せ。

一緒に弦の交換も依頼。本当は有料だそうなのですが、色々注文したのでおまけでタダにしてもらっちゃいました。ありがとうございました!(今後はもっと頻繁に点検&毛替えお願いしに来ます!)

毛替えに2時間かかるので、楽器をケースごと預けてきました。

受け取りに行った際に受けたご説明によると、駒は1mm削ったそうです。
結果、弦から指板までの距離が短くなり、張力がガッツリ減り、めちゃめちゃひきやすくなりました。もはや別の楽器レベル。信じがたい。弦、ユルッユルじゃーん!!
レッスンではいつも、「人差し指を固定しつつ小指を限界まで伸ばし、指板にしっかり立てて力を入れる」というのができずに、巨人の星レベルのスパルタ教育を受けていたわけですが、何これ楽々できる。みんなこんな楽にやってたわけ?ショック。あの、「1日5回でいい、やりすぎると手が壊れる」、やっただけで全身に汗をかく、手が裂けそうな(先生:「そうですよ!裂けそうですよ!!(でもやるんですよ!)」)レパートリーを何か月もやってたのに…? ※この練習の目的は「手の骨の可動領域を広げる」です。

弓の毛もなんかまっ白くてキラキラしてて(前のと種類が違う?)、ふんわりしちゃってさ。

弦の張りも弦も弓の毛も変わったし、こりゃもう別の楽器と言って差支えないねぇ!
こんなことならもっと早く点検と調整を依頼すればよかったのです。もう。


***

リペアマンの方が弓を見て曰く
「あ、******(ブランド名)だ…、
いい弓使ってますね(*^^*)」
と。うんうん、やっぱりプロはわかるのねー。
これは下倉で買ったんだけど、(多分)中古にもかかわらず結構したのよ。

こことこことここ、金ですね。メッキだと思いますが」

…!?!?
え??Auってやつ?知らなかった…、「じょうひんなきんいろのかがやきフフ」とか思ってはいたものの、まさか金(メッキ)だったとは。思わず「どこですか!」って確認してしまいました。きっと「この人楽器の価値も分からない!まさしく初心者ね!」と思われたことでしょう。いや絶対思うよね。知識のなさのほどが露呈したためか、

「高い弓は木がいいだけじゃなくて装飾もきれいにしてあるんですよ」

と教えて下さった。ほ…ほーう!さもありなん。たしかに僕の弓、金ピカがくっついてるだけじゃなくて、螺鈿でレインボーの輝きも加わってるもの。あぁ、一緒に合奏してるとてもうまい人々、気づいちゃったかなぁ。分不相応なもの持ってると思ったろうな、恥ずかしいな~。練習しよう。
そういえば先生も「いい弓使ってますね」って言ってた…!

「バイオリンは…これはイタリアのクレモナの…
(ちょうど通りかかったお店の人に)
ねえ、***(楽器内部のシールについてる人の名前)って知ってる?」

「あぁ、有名な人ですよ!今買ったら


あぁ、すみません、これ以上はとてもここでは。
でも買うときにもっとごねて証明書っぽい何か(「証明書は発行してない」そうなので)をもらっておけばよかったと思ったのでした。
買った時より大分上がってた…、、、、あぁ、、、、おぉ、、、、えぇ、、、、、、、うーん、これ持って満員電車に乗るのやめようかなぁ。雨よけカバーもちゃんと掛けよう…。今までごめんねぇ!!

帰宅後、動揺を落ち着けるべく部屋の掃除をしてしまいました。


その後の練習ではとてもとても弾きやすかったことは言うまでもありません。
ニスの欠けも補修してもらうのが楽しみです。

ところでDominantの弦はオーストリア(留学先のウィーンのあるとこ)製でした。嬉しい。
スポンサーサイト
別窓 | バイオリン | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
地震対策
2015-06-06 Sat 18:49
自分の部屋には背の高い棚があるのだが、本気で地震対策しようと思い、天井と棚上部間に設置するつっぱり棒を買った。
今日届いたので早速取り付けようとしたのだが、踏み台や脚立がないため現時点では設置できないことに気付いた。
別窓 | ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| ―*暫定住居*― |
copyright © 2006 ―*暫定住居*― all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。