chowe
http://chowe.blog106.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
東北地方太平洋沖地震 5
2011-03-13 Sun 20:33
弟は一晩泊まって、今日復旧した筑波エクスプレスに乗って無事帰宅しました。
復旧と言っても普通運転のみ、本数も減らして、ですが、通ったということはある程度の安全が確保されたということ。大変喜ばしいことです。
弟はこちらにいる間に、筑波の知り合いの方たちと連絡をとっていたようですが、停電、断水、地震、色々厳しいようです。ガソリンも警察・緊急車両のみに制限されているとか。水・食品もスーパーでの確保が(少なくとも本日は)厳しいとか。水・食料の状況はこちらも同じですが…カップ麺・2Lペットボトル(水は小さいボトルでも)・レトルト・パン(特に食パン)はスーパーでもすべての棚が空っぽでした。冗談ではなく、言葉のあやでもなく、本当に空になるんだ、、、と茫然としました。

弟はその後無事自宅に着いたようですが、断水していて水は夜の4時間しか出ないということ。夕方、給水車による水の配給が行われていたそうです。
「手を伸ばせば届く」生活の東京と違い、弟の住む地方では最寄りの食品店まで自転車20分という状況です。そういう環境にあって、この厳しい現状…。何より地震が多いという事実。主たる被災地の方のことを考えるとこんなことを言ってはいけない気もしますが、姉としては不憫に思わずにいられません。
東京のリスクが低いわけではないけれど、それでも比較的地震の多い茨城よりはもっと安全な場所にいてほしいです。今日も本当は帰したくなかった。安全が確保されるまで何日でもいてほしいのですが…。

もっとも自分はかなり神経過敏と不安症になっているそうで。。。
確かに、他の人が動じない(文字通り立ち上がりもしない)大変軽微な揺れでも思わず玄関に向かってしまいます。人と絶えず連絡を取らないと不安で仕方なくて、私の親は、子供は私だけではないのに(そして私より心配な子もいるのに)何度私と長々と話をさせられる羽目になったことでしょう。あのインパクトの時、この部屋で大切な物が落下するまでの一連の動きを見ながら一人で恐怖を感じていた経験が、随分自分の人格に影響を及ぼしていると思います。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<東北地方太平洋沖地震 6 | ―*暫定住居*― | 東北地方太平洋沖地震 4>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ―*暫定住居*― |
copyright © 2006 ―*暫定住居*― all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。