chowe
http://chowe.blog106.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
弁解:研究
2011-04-25 Mon 08:33
うまいもの食べて遊びすぎ??
ということで今回は、研究もしてるアピール。


先週、某学会に投稿しました!!通れ~通れ~~(=д=)

書いてて、ほんと論文のサーベイが不足してるとしみじみ思ったので、もうちょっと論文を読むことに決めた。
今日読んだのはこれ:

Edge-Based Image Coarsening
Raanan Fattal, Robert Carroll, Maneesh Agrawala
ACM Transactions on Graphics (Volume 29, Issue 1, December 2009). 6:1-6:11.

バイラテラルフィルターを使って、edge-awareで、階層的coarseningを実現。
似たサンプルをまとめることで計算コストも抑えている。
アルゴリズムはシンプル。
着眼点としては、
・サンプルはいつもインプットからとってくる とか、
・前の段階の特徴を残す とか、
言われればたしかに「そりゃ結果に特徴がうまく保存されてるわけだ!」と納得。こういうことを最初に気づいてやった人は偉いのだ。

Gradient使ったedetingに高い親和性を持つようだ。他はいまいち、なものも(例が複数載ってる。正直)。
万能じゃないけど、シンプルで結果がいいからトランザクションになったのかも。

それにしても、画像系の論文は比較実験が(モデリングと比べて)多い。
なんでこんなにいろんなアルゴリズム実装してるんだろうって思いながら結果をみていた。
え、いや、まぁ、自分の分野だってやらなきゃいけないんだけどねぇ!こんなたくさんはちょっと、無理。

英語はなんか、癖がある。
アルゴリズムのとこは平易で、さらっと読めたけど、結果のところに読みにくいところが数か所。日本人的には、構成が読み取れない長い文がちらほら。動詞⇔名詞の変換もなんか感覚が違う。。。イスラエルの言葉の影響なんだろうか。でも相当わかりやすい。20ページあるけど、アルゴリズムの筆記と、1カラムで図が多いことも手伝って、読みやすかった論文。
別窓 | 研究 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<超萌え!!☆自然史博物館 | ―*暫定住居*― | カフェ OBERLAA>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ―*暫定住居*― |
copyright © 2006 ―*暫定住居*― all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。