chowe
http://chowe.blog106.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
日本から持ってきた方がよかったもの・いらなかったもの
2011-06-04 Sat 05:24
今日でちょうど2か月!
2か月前のまさに今日、弟の誕生日の18:40にウィーンに着いたのであった。


最近日本から持ってきたストックが尽きたものがちらほら。
ここで一度、 「日本から持ってくるんだったぁ!!(´Д`;;) & あっれー、これ、いらなかったなぁ・・・(´ω`)」
というものを暫定的にまとめてみようと思います。


・。・*・。・*・。・* えすたーらいひ vs 日本 物資編 2か月目 ・。・*・。・*・。・*

こんなことなら持ってくるんだった!!あるいは、持ってきてよかった!なもの ・。・*・。・*・。・*・。・*・。・*

・シャー芯: 12本で1ユーロするよ。
こちらは鉛筆orボールペン(自分の年代だと主にこっちかな)が主流なので。シャーペン日本人の発明品だし。
こんなガリガリ勉強するとは思わなんだ・・・いかに今まで勉強してなかったかを思わせる項目です。

・消しゴム: ちょっとよさげなのは2ユーロする。1だとなんか、消しカスまとまんないし・・・あきらかに子供用だし!種類もとっても少なく、お店には3種類くらいしか置いてない気がする。たまってくると、何気に勉強意欲を削いでくれる消しカス。日本のゴムなんだかプラスチックなんだかわからない高性能な消しゴムが恋しい。

・コンタクトレンズ洗浄液: 
・・・実店舗は知らないけど、ネットで見る限り高っいんですけど??350mlで10ユーロとか(゚∀゚;)
これは日本の2倍の価格であるぞよ。
こっちのひと、洗わないのか?まさか。デイリーが市場を席巻してるのか??
ドラッグストアにもおいてないし・・・眼鏡屋さんでしか見たことない(入りにくいので入ってない。だから値段が分からない)。
こんなことならもっと持ってくるんだった。そう、そろそろストックが切れるのです。

・ティッシュペーパー類:
「鼻をすするのは最悪である」とのマナーの下に、必需品であるティッシュペーパー。
しかし固い。「4枚重ね!!」とか謳ってるんですが、どれだけ重ねても柔らかさは日本とは比べ物にならない。
ちなみに重なってるのをはがして(なぜか接着されている)1枚にしてみてもやはり固いのであった。

・日焼け止め: 体用 15ユーロ/200ml、 顔用 13ユーロ(だったか?)/50ml
ぐぐ、、、小麦色の肌至上主義なこのワールドにおいて、日焼け止めは無用なのか。これだけ日差しが強いと皮膚がんの心配をせずにいられないのですが・・・シミやしわの原因にもなるしねぇ(・ω・`)実際、年配の人を見ると。。。
何より僕は日本人。肌は白いほうがいい。もともとあまり白くないけど、だからこそここで焼いたらいかんのです。すごい焼ける性質だし。
日焼け止めはドラッグストアに何種類かありますが、最初は値段の表示にドン引き Σ(゚∀゚;;)えっ 強さ(spf表示じゃない)30のボディ用日焼け止めが1500円…!?みたいな。よくよくコスト/容量を考えると、為替を考えない限り日本とあまり変わらないのだけど、でも最初はビビりました。
体用が何種類もあるのに対し、肝心の顔用はほとんどなかったような。そして高い。アネッサとかじゃなくてただのニベアのくせにー!(つД`;)そしてママン、一昔前の化粧品みたいな匂いがプンプンするよ。。。一日中自分から妙な香りが漂ってくるキモチワルサ。

・ストッキング: ちょっとおしゃれになると12ユーロとか。
日本でもそのくらいするのあるけどねぇ。もっと安いのもたくさんあるでしょ。こちらにはそれはない。
バイオリンの先生のアドバイスでいっぱい持ってきたけど正解。ただし冬用は現地購入が望ましいとのこと。

・服:
サイズというか形が合いません。。。。あと素材がね。ちょっとね。カントリー風とでもいうのかね・・・僕の好みではないものが多い。
形を除いてデザインの議論をするのは難しいけど、あえてデザインについて言うならば、人によっては好みに合うかもしれない。でも東京のカワイイ系若い子やOLさん的な服にはついぞお目にかかったことがないなぁ。日本から服を送ってもらう予定でいたからあまり持ってこなかったけど、送る計画は立ち消えになった予感がする・・・。しかしこちらで服を買う気になれない。見れば見るほど買う気になれない。。。特に半年後には捨てていくと思うと。(っ・∀・)ケチだねぇ!!

・PC:
日本語環境イェー。
ソフトも自前で調達してきてよかった!
大学のPC(デスクトップだけだ)は驚愕のXP。そして英語環境。
ソフトもMSOfficeじゃなくOpenOfficeである。おそらくAcrobatもないな。。。Mapleはあるけど。
何より、分からないこと調べたり、日本の人とやりとりしたり、自分の過去のファイル(須く日本語を含む)開いたりするのに日本語環境じゃないといかんのです。
ドイツに留学されていたO講師の勧めで大学用と家用の2台持ってきたよ。大変重かったけどその価値は計り知れない。ソフトもフル装備で(ディスクだけ持ってきてライセンス番号忘れたソフトもあった。親に調べてもらったよ。ありがとう TT)!

・目薬:
目だし失敗は許されない!コンタクトにも可とか、条件があるのです。
ドイツ語できないし・・・「コンタクト可」か「コンタクトにはするな」か区別がつかないから。

・ガイドブック:
移動に必須。公共交通機関の乗り方はこれに大いに助けられます。
現在地は観光地なのでこれがあれば暇を持て余すこともない。

・デジカメ:
そりゃもう。
観光地に行けば、デジイチだって怖くない。日本人も外人さんも、みんな持ってるCanonかNikon。
でかいカメラを首から下げる=日本人、の時代は終わったんだなぁ。
ていうか、それしかないのかい??ってくらい、この2大メーカーばかり見ます。
高級高性能カメラを危険なしに堂々と持ち歩ける治安の良さに感謝。
ところで「みんな持ってる~」とわかるのは、みんなメーカーの名前が入ったストラップをそのまま使ってるからだ。まだおしゃれストラップで好みにカスタマイズするところまではいってないらしい。このあたりの事情はカメラ先進国の日本のほうが数段勝っているようです。僕のはストラップを変えた他に、カメラ本体の絶妙な位置にもシールを貼ったため、Canon風おもちゃカメラ(トイカメラじゃなくて、おもちゃのカメラ)に見える。それもまたよし。


あれ、これ、いらないじゃん?なもの ・*・。・*・。・*・。・*・。・*・。・*・。・*・。・*

・箸!
引越し時にふと思いついてトランクに入れてきましたが、2か月たっても一度も使ってません(゚∀゚)ひ!
もっともこればかりは人によりけりです。僕、日本食食べてないから…。お寿司や納豆(アジアンショップで買えるそうな)を食べる人はフォークでは厳しいから活躍の場があるかと…。
でもないとないで困るのかもねぇ。困るかねぇ。お寿司がスーパーで売ってますよ。彼らは寿司をお箸で上手に食べます。つまり箸は現地で売ってるということ。多分。見てないですが。

・だしの素・インスタントのお茶
持ってきてみたけど、使ってませんね。。。醤油もいまだに買ってない。売り場も知らなかったくらい。

・ドイツ語会話帳
大学、英語ですもん(・ω・`)他の国からの留学生も多いし。
研究の公用語も英語だし。休日も市内にふらふら出ていくくらいなので、特に現地の人と会話することないしなぁ。。。
たくさん持ってきたのですが、指さし会話帳だけでもよかったかな(これもあまり使ってない)。ちょっとはできないと生活不便ですが、ドイツ語<<英語<<<<勉強、みたいな。
せっかく非英語圏にいるのに現地語を身につけないのは大変もったいないことではあるのですが…ここに来た目的が研究なので…これを第一にしないと。

・日本語の読み物
出国当日まで、2週間で4~5冊文庫本を読む程度には活字中毒でしたが、特に恋しくなったことはないです。読み止しの本1冊だけ持ってきたけど、それ以外はオンラインブックスとかも購入してないし。
勉強があるし、観光場所はあるし、ネットはあるし。

・スキンケア用品:
化粧水とかその類ですな。
到着後数日分は必要ですが、乾燥っぷりや何やかやがまるっきり違うので、長期滞在なら現地で買ったほうが良いと思います。日本のあっさりしたものじゃ心もとない。もう性能とかじゃなくて物がちがう。。。クリームやオイルとか、日本では冬場しか(オイルなんて冬でも使わねーぞ)使わないもんねぇ。
ちなみに外資系ブランドが安いという噂も聞きますが、ドラッグストアで買えるものならともかく、日本のデパートの化粧品売り場でみるようなブランド品は日本となんら変わりなく。楽天とかで買ったほうが安いじゃーん、ってこともありそう。免税店が一番安い気がします。そしてお店の人の話を聞いて判断するに、成分や効能も若干違いそうだからちょっと買うのはためらわれます。


そういえば現地で携帯持つとか言ってたけどその予定はありませんね。
必要な感じがまるきりしない。なぜなら連絡をとるような現地人を知らないから。コンタクトをとる相手は大学の知り合いくらいしかいないが、彼らとは平日会えるから。。。


そうそう、ここは寮なので最低限の家具はあるけど、食器とかはないです。
到着が日曜夜だったため、もちろん何も調達できず困ったものが、
・食器(箸の存在は忘れていた。けどどうせコップとか買わなきゃいかんのだ。でもそもそも食べ物がなかった)
・タオル(持ってこなかった。。。手も拭けない!シャワーを浴びても体が拭けない!)
・ドライヤー(電圧が変圧器のキャパを超えるため、現地で買うしかないのだ。しかしないと僕の場合頭を洗えない)
こんなものが必要になるなんてまるっきり考えもしなかったため、翌日慌てて購入したものでした。


あぁ、到着したときのことがなつかしい。って、うわ、この記事長ぇ!(´Д`;)
別窓 | ウィーン | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<Hundertwasser & HR.Giger で夢幻の世界へ!@ Kunst Haus Wien | ―*暫定住居*― | Schloss schoenbrunn 夏のコンサート by ウィーンフィル 帰宅~!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ―*暫定住居*― |
copyright © 2006 ―*暫定住居*― all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。