chowe
http://chowe.blog106.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ピプン幾何
2011-06-16 Thu 05:27
今読んでる小林先生の本にねー、
行列が出てくるんですよ。

t( S・ω・S-1 )
= tS-1tω・tS
= S・tω・S-1
= - S・ω・S-1
カッ 楽しい!!S(・ω・)S

…病気ですな。
でもこのお蔭でなんだか親しみがもてる!?
分からないところも、粘って考えようって気になるかもしれない!!

そんな楽しい本はこちら
曲線と曲面の微分幾何曲線と曲面の微分幾何
(1995/09/01)
小林 昭七

商品詳細を見る



まじめ評:
微分幾何以外のものを一切削ぎ落として、学習者が微分幾何の流れを見失う事のないように細心の注意を払って書かれている。そのためにはネタばらしも辞さない。
「・・・のように見える。実際その通りなのであるが~」とか、「・・・の目的で~としようというのである」、とか。
抽象的な考えが得意な人はともかく、僕などは記号がたくさん出てくるとわけわかんなくなって途方に暮れるわけですよ。
そうしたときに「この式を使うときはいつも式(*)のような形にして使うから心配いらない」とか、「昔から使われてきた記号にはやはり公式を覚えるのに便利だとか利点がある」、「当初は曖昧でも後で正当化されうことは数学の歴史が示している」などと心強い言葉があるのも、初学者がくじけずすすめる原動力になると思っている。
ちなみに僕のお気に入りは14ページ目の6~7行目です。もうこれでやられた。

非常に口語的に書かれているので読みやすく、絵は少ないものの、文章では形状や様子がきちんと表現されているので、むしろDoCarmoの本よりもイメージはつかみやすい。また、「~は気にしなくともよい」など、細かいけれど既習者でないと分からない注意事項にも触れており、独習者がちょっと気になって先にすすめなくなる、などということもない。
練習問題すべてに解答と丁寧な解説がついているものポイント高し。

ただ、数学者による本であることに注意。
とはいっても現時点で、数学専門じゃない人が微分幾何するにはこれがバイブルなんじゃないでしょうかねぇ・・・確証はないけど。。
僕はこの本、学部時代の指導教員K先生に勧められたよ。ただし、K先生は東大理学部数学科出身の数学者。分野は解析だったが「世界のK」として知られる。僕の時からは想像もつかないが、東大勤務時代は「鬼のK」と呼ばれたらしい。「この本は非常に優しいからいいよ」とB4にお勧め下さったが、先生、僕は今まで一度も読み通せませんでした。

そう。
不思議なことに、優しい言葉で、計算も逐一書いてあるのに、飽きないのに、なぜか読めなくなるんですな。。。基礎力の欠如だろうな orz
ただ、魅力たっぷりなのと他にこれぞという本があまりないので(あることはある)結局またここに戻ってくる。む!歌みたい!!(・∀・)すーぱーふりゃい・・・うー、数学系の中にいる今こそ読み切りたいものだ。

厚みが非常に薄いので、他のぶ厚い本と同じ内容を書くにはどこかにトリックがあるはずで、それがこの本を「優しいのに難しい」本にしているのではないかと思う。DoCarmoみたいに、さらに紙幅を費やしている本もあると安心かと思う。DoCarmoがいいかは知らないが。ちなみに僕はこの本を読むに当たり、Prauzsch & Boehm のときのように別の本(このときはDoCarmoだった)を参照してはいない。多視点を得るためにはするべきなのだろうけど、せずに読めてしまうのでしていない。なぜなら、一つには、説明や切り口が全く違うのだ。それから、この本がほかの本で調べる作業をほとんど必要としないように書かれているから。おそらく単独使用を目指して書かれたのだろうと思う。先に述べたとおり、微分幾何だけにターゲットを絞って書かれており、微分幾何こそはこの本で解説している内容なのだから。

今のグループの数学派、たまに質問しに行くW先生は小林先生の名前を知っていたよ。Wikipediaでページも見せてもらった。。。僕日本人なのにな。。。
もちろん英語で書かれた有名な本もご存じだった(しかし僕は知らない)。「これは難しい!君には必要ない!!」とね・・・ふふふ・・・その本はDoCarmoでもrefされている。同じグループの学生BはCG系だけど昔読もうとしたそうな。そして難しかったと言ってた。僕は読まない。少なくとも今は。
別窓 | 勉強 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<U-bahn trouble ! | ―*暫定住居*― | 公式ホームページ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ―*暫定住居*― |
copyright © 2006 ―*暫定住居*― all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。