chowe
http://chowe.blog106.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
Musikverein (楽友協会)にウィーンフィルを聴きにふらっと 2
2011-06-28 Tue 08:24
先日の「楽友協会でウィーンフィルのジュネスを聴く」の続きです。
image007_20110628074336.jpg

***
首尾よくチケットをゲットしたら再び建物の正面に回り、中に入ります。
image002_20110628074119.jpg
入口ですでに圧倒。
image003_20110628074119.jpg
中はぴかぴか・・・。

入ってすぐ、左手に立ち聴きの人々の列があるのでそこに並びます。並んでるような並んでないような・・・、なんてうかうかしてちゃだめです。並ぶのです。
image004_20110628074119.jpg
そしてしばし待つ。14:55.みんなよく分からないまま並んでいるので、何度も「この列は/あなたは、立ち聴き?」と聞かれました。僕も聞いた。

しばらくすると係の人が誘導してくれるのでぞろぞろと階段をあがり、2階のビュッフェの場所でしばしまた待ちます。安く会場に入る道のりは長いのですよ・・・。
image006_20110628074118.jpg
控えの間ですでにこんなにも豪華。


ビュッフェは皇室御用達のコンディトライ、ゲルストナーによるものです。おいしそうなオープンサンドやお菓子がきれいに並んでいます。
image005_20110628080204.jpg
休憩時はここで何かつまめるのね。ジュネスでも20分くらい休憩がありました。休憩などはweb上に掲載されるプログラムに書いてあります。

扉の先はいよいよ立ち聴き席です。いいですか、係りの人が扉を開けたら、ここからが競争ですよ・・・!!僕の時は入場が15:05くらいだったか。
立ち聴き席はホールの一番後ろの区画で、柵で通常の椅子の座席と区切られています。
ここで注意したいのは、もちろん最前列で柵にもたれて聞いた方が楽だし視界も良いということ。
部屋入りは列になって待ちますが、部屋に一歩入った瞬間に順番は消滅するので、さっさと奥に入るなり手前の隙間を確保するなりして最前列の場所をとるべし!スカーフを柵に巻くとか。
そうそう、立ち聞き席と座席の間に、太い柱が4本立っててね。。。ちょうど人1人分くらいの太さがあるので、ここの前に場所を取るのはさすがに避けたほうがいいです。最前列獲得に夢中だと思わずそういう場所を確保してしまいかねないですけど。
image008.jpg
最初のうちは興奮して写真なぞ撮ってるからいいのですが、じきに飽きるので本とか持っていくといいかも。僕は小林先生の微分幾何の本を読んでましたよ・・・、あ、あやしい。。。(´Д`;)いいんだよっそばの工科大学の人間だから。。。
曲線と曲面の微分幾何曲線と曲面の微分幾何
(1995/09/01)
小林 昭七

商品詳細を見る


僕は2列目でしたが、1列目の人たちの頭の間がガッツリ空いてたので全然問題なく楽しむことができました。
そして彼らは休憩時に帰っていった…。すかさず最前列をゲットし、後半は楽々聞くことができました。
image009_20110628080204.jpg

目の前には絢爛豪華な、まさに宝のようなホールが・・・。めまいがしそうです。
image011_20110628080204.jpg
2階のバルコン席や、1階壁際の席も演奏開始間際になると急激に埋まってきます。
image012_20110628081317.jpg

image013_20110628081317.jpg
それにしても素晴らしいホールです!!見た目はもちろんですが、生演奏があんなにまろやかな音で聞こえるなんて想像もしていませんでした。「ウィーンフィルの音がもっともよく響くよう設計されている」とは有名な話ですが、
反響して様々な波長の音が混然一体となって聞こえてくるとはこういうことか、と身を以て実感してきました。
image010_20110628080204.jpg
ウィーンに数年いらっしゃったバイオリンの先生によると、ベルリンフィルなど違う団体ではなぜかここまで音はまろやかにならないとのこと。

ジュネス(リハーサル)なので奏者もみんなラフな格好です。ジーンズとTシャツとかww
だから聞く側も気張る必要は全くなし。まさに「ふらっと」聴きに行けます。
それでも、お客さんへのサービスや、ゲスト奏者へのアクナレッジメントは本番と同じようになされていました。あ、アンコールはありませんよ・・・ありませんでしたよ、少なくとも今回は(あったとしても、それは練習と呼ばれるであろう)。

ああ、本当に素晴らしかった!!
本番でなくても、ジュネスでも聴く価値は十分です!!
こんなに良いならもっと早くに聞きに行ったらよかった!
惜しいかなチロルからウィーンに戻るのは6月も終わりを迎えるころ。
9月に新しいプログラムが始まったら、また絶対に聞きに行きます!!

ホール内の装飾にはなぜか竪琴のモチーフが多用されていました。
(a) image014.jpg
(b) image015_20110628081317.jpg
(c) image016_20110628081317.jpg
さて、これらはいったいホールのどこにあったでしょう?楽友協会に足を運ばれることがあったら探してみてください。

image017_20110628081917.jpg
こちらは先日シェーンブルン宮殿で行われた、ウィーンフィル夏のコンサート。なぜかまだ街中や車中にもポスターが貼ったままです。。。まさか通年貼りっぱなしなのか?観光客に周知するために??はて。


***
おまけ。
帰り際に、楽友協会出てすぐのところからカールスプラッツ駅舎と自分のオフィスの建物が並んで見えたのでパチリ。
image001_20110628081918.jpg
ふふ・・・、なんと近かったことよ。。。
別窓 | ウィーン | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<夏休み | ―*暫定住居*― | 久しぶりにプログラム書いたらすごい忘れてた話>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ―*暫定住居*― |
copyright © 2006 ―*暫定住居*― all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。