chowe
http://chowe.blog106.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
1day ベネチア紀行 1
2011-08-08 Mon 06:12
ベネチア、行ってきました!!
大学の友達、ロシアンのEと一緒に、夜行列車で2泊1日の旅です!!

以前大学で同室のDからオーストリア鉄道、OeBBのサイトを教えてもらった際、大好きなベネチア行きの夜行列車EuroNightがあることを知り、いつか行ってやろう!!と思っていたのです。

Wien Huetteldorf駅を20:48に出発、
Venezia Santa Lucia駅に8:34到着。
帰りは
Venezia Santa Lucia駅を21:05発、
Wien Huetteldorf駅に8:19到着。


夜行列車を使うと、朝着できるので時間が節約できるのがいいんですよね
往路復路いずれもザルツブルクで1時間ほど停車します。朝食の搬入などと思われます。
サイトには「乗換1回」とあったのですが、実際には停車だけ。
夜中の2時―3時、4時―5時なので景色を見ることはできませんでした。てか寝てたー!いや起きたかも。まあよい。


゚*。:゚:。*゚ 切符 ゚*。:゚:。*゚

OeBBのサイトで電車の時間や切符の残数チェック・購入ができます(購入せず、残席数や値段チェックだけにも、支払方法を選択する必要あり)。今回は切符の会計を個別にしたかったので、Wien Mitte駅で直接購入。
席には、

・座席だけ
 - 2nd seat
 - 1st seat

・寝台
- Couchette 2nd class 6 person compartment (各コンパートメントに6ベッド)
- Couchette 2nd class 4 person compartment

・個室
- Sleeper compartment - 3 persons
- Sleeper compartment - 2 persons
- Sleeper compartment - 1 person


とあります。今回はCouchette 2nd class 6 personで。
僕は個室がよかったのですが、ロシアンに自国の寝台列車の説明つきで「問題ないよ!」と説得されたのです。
さらに、席数限定でディスカウントチケットがあります!プライスリストに緑の四つ葉マークがついてるの。大体20ユーロくらい安くなります。サイトでこのチケットが残っていることをチェックして購入。今回は一人、61ユーロx2=122ユーロでした ヾ(ゝω・)ノ゚・*♪*・゚ ひょぅひょぅ!!
値段はどう決めてるのか知りませんが、便によって全然違うのでもっといい席がもっと安く買えることもあるでしょう。
そうそう、ユーロナイトは朝食もついてますよ!!


゚*。:゚:。*゚ 出発 ゚*。:゚:。*゚

Wien Huetteldorf駅付近で夕食を食べようと思っていたのに、駅構内を含めて周りに殆ど店がないことに衝撃を受けました。構内唯一の店、パン屋さんAnkerでサラダを買うも、イタリアンでメチャまずで痛んでそうな感じに2人でドン引き。こ…こんなんじゃねぇ…イタリアンはこんなんじゃないんだぁ…これから行ってリベンジしてやる!(つД`)゚。その結果は…

さて、電車が到着します。
停車時間ははっきり言って、むちゃくちゃ短いです!!乗る時も降りるときも、注意が必要です!!!
ドアを開けるには、ドア横に赤と緑のボタンがあるので、緑のボタンを押すのです。そうしないとドア開かない。乗る時も降りるときも。
image002_20110808060324.jpg


゚*。:゚:。*゚ 乗車・設備 ゚*。:゚:。*゚

無事乗り込んだら、自分の車両、個室に向かいます。
Uバーンは車両同士を行き来できないけど、ユーロナイトではできるので安心して移動。
個室には左右3列ずつ6個ベッドがありますが、番号は左下→右下、左中→右中…と順に番号が振られていることになってます。明確な表記がないので、KYな人は勝手に他人様の席を取ってしまうことも…。
このベッド、中段は跳ね上げ式になっており、デフォルトでは、壁に座面の下の面が沿うように縦向きになっています。そうすると下段が座面、中段が背もたれの座席になるの。みんなが寝るまでここを上げてはいけません。中段を使用=椅子の消滅を意味するので、全員強制スリープになってしまうから。

寝台はふかふかしてます。寮のベッドより数段いい。
ただし、形状はただの板です。柵も何もないので、寝相の悪い人は落ちる。
あとロシアの寝台と違って、荷物置き場はありません。なので、自分が落ちないよう注意をして自分と壁の間に置くか、最下段の寝台の下の隙間に置くか、です。

また、各人に、330mlのミネラルウォーター、プラスチックの(紙…とは言えないのか)コップ、シーツ、枕(小さくてヤワい)、毛布が用意されています。行きの電車では携帯会社の販促チラシとグミも置かれてたよ。ミネラルウォーターは炭酸入り。洗面台に飲料水のパックがあることもありますが、数も限られてるし必ずあるわけではないと思うので、ボトルのミネラルウォーターは必携です。それに、行先は観光地…水も高いし。

乗って少しすると、乗務員さんが切符チェックに来ます。切符はこの時一時預かられてしまいます。朝ご飯の飲み物はコーヒーか紅茶かもこの時聞かれます。
パスポートも車掌さんが預かると色んなブログ等で読んだのですが、何もなかったです。切符購入のときも何も聞かれなかったし。いいんかいな。僕はEuropian citizenだけど、ただの旅行者だってweb経由で買えちゃうわけだろ~…まぁ、EUに入る時と出るときだけチェックすればいいのかもですが…最近EU内部での移動も制限され始めたそうですし…イタリア・フランス間とか…

トイレや洗面台もちゃんと清掃されてて(ヨーロッパとしては)十分キレイです。
が、僕の乗った車両の洗面台は、熱湯しか出ませんでした。ミネラルウォーターがなかったら手も洗えないところでした。てかやけどしかけた。ぁー。



゚*。:゚:。*゚ 朝食 ゚*。:゚:。*゚ ☆ヽ(*´∀`*)ノ☆ 待っていたのよあなたを ィェィェ

目覚めるとそこは緑。なんだかきれいなところを軽快に駆け抜けています。
image004_20110808060324.jpg

image005_20110808060324.jpg

到着30分前、朝食が運ばれてきます。
それまでにベッドを片づけて、フォーメーション☆椅子にしておくのだ。
ウィーンの一般的なパン、カイザーゼンメル2個と、バター、ジャム、コーヒーorティー(ティーバッグだ)。砂糖とティーバッグはウィーンの最高級デパート、ユリウス マインルのものです。てかこれあらゆるとこで見る。オーストリア航空の機内食でもこの会社の製品が出てくるの。
今さらながら、バターをたっぷり塗ったゼンメルは実においしい。
image006_20110808060324.jpg


そして、最後のトンネルを抜けると、
そこはベネチアだった。
image007_20110808061031.jpg
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<1day ベネチア紀行 2 | ―*暫定住居*― | ClustrMaps、パワーアップ。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ―*暫定住居*― |
copyright © 2006 ―*暫定住居*― all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。