chowe
http://chowe.blog106.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
1day ベネチア紀行 2
2011-08-09 Tue 06:01
゚*。:゚:。*゚ 到着 ゚*。:゚:。*゚

ベネチアの鉄道の顔、サンタルチア駅に到着!!
…おや、ほかほかと暖かいですよ。
やっぱりイタリアは温暖なんだなぁ、どこかのシトシトと寒冷な元帝国と違って…。
海なし国オーストリアの鉄道会社OeBBの車体に、錨のマークを見つけてちょっとおかしかったw


゚*。:゚:。*゚ 観光 ゚*。:゚:。*゚

3日前の天気予報は雨だったのに、快晴!!最高!!
image002_20110809044346.jpg
空の濃い青、建物の赤茶と白、そして陽気な木々の緑。足元の水面に浮かぶ数々のボート。これぞベネチア。
image001_20110809044346.jpg
水は、記憶と違って何だか緑い。多分夏だから海藻や微生物が生き生きしてるんでしょう。
image003_20110809044345.jpg
ヨーロッパではお目にかかれない新鮮魚介。
ロシアンEは貝を食べたことがないんだと。びっくりよねー!

まずはサンマルコ広場を目指します!
地図は…日本語のガイドブック持ってたので少しは見たけど、相方は日本語読めないので…でも大丈夫!いたる所の建物に有名な場所への方向を示す矢印が描かれてるのです。しかしベネチアの町は異常なほど入り組んでいるため、到達ルートが複数あるのです。我々はすごく適当に進んだため、かなり遠回りしたような。

でも、到着!
うーん、ここに来ずしてベネチアに来たとは言えないでしょう。。。
image004_20110809044839.jpg
サン・マルコ寺院!
image001_20110809044840.jpg
大鐘楼!大変高くていつも写真が撮りにくい!!
image002_20110809044840.jpg
ベネといったらこの街灯!!

今回はサン・マルコ寺院の内部に入ってみました。
image003_20110809044840.jpg
もうね、平日のくせに長蛇の列もいいとこですよ。リアルに100m並んでるんですもの。でも割りとさくさく進んで、20分くらいで入れました。中はすごい金ぴか。ぺっかぺか。
普通に見て回る分には無料。僕らは行きませんでしたが、内部で2ユーロ払うと建物のテラス部分にも行けるようです。行けばよかった。また、3ユーロほど払うと祭壇のところまで行けます。

ところでここは荷物チェックが大変厳しいです。開放的なイタリアとは思えない。荷物と写真に対しては軍人さんさながらの厳しさです。僕はA4の入るショルダーバッグ(PORTER フリースタイル バナナショルダー L 毎日の通学に使える大きさ)で行きました。この寺院は肌の露出にも厳しいので、Tシャツの上から長そでのパーカーを羽織ったのです。かばんの上から。そのためか僕はOKでした。それに、かばんの形状を見て分かる通り、身に着けると両端が吊り上がるので小さく見えたか…。Eは僕のよりずーーっと小さいリュックをしょってたのに、問答無用でダメと言われ、遠くて場所の分からない(案内もない)荷物預かり所に預けに行く羽目に。むむむ。このチェック、すごーーーく厳しいけど運による部分もあるんじゃないかしら…。

この後は市内をうろうろしながら、何とはなしに別の島にある、サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会を目指します。
さすが、お土産を商ってる人と飲食店勤務の人ばかりで構成されている場所だけあって、お店がたくさんあります。楽しい。

ベネチアといえばマスケラ。そういえば写真を研究材料に使った人がいましたね。
image002_20110809051656.jpg

image001_20110809051656.jpg
白生地も。
image003_20110809051656.jpg
この辺は定番ですが、
image004_20110809051656.jpg
4年前には見なかった、メタルのメッシュなマスク。後ろの人形は気にしないで。
今回はこんなのがたくさんありました。Eはお姉さんにすごい羽根かざりつきのを買っていったよ。

ん、これは何でしょう。
image005_20110809051656.jpg
新手のマスク。
他に「真っ青な顔で黄色い目をした」マスクもありましたっけ。

おぉぉ、、、Sバニーよ、こんなところでこんな格好で何をしておるのだ。
image001_20110809052217.jpg
※ 件のバニーとは無関係です、多分。
マスケラを扱うお店ではマリオネットも見かけます。ネコばかり撮ってみたよ。
image003_20110809052217.jpg
ネコ。
image005_20110809052217.jpg
ねこねこ。
image004_20110809052217.jpg
ちょっとでかい・・・ね
このへんとか偏光フィルタ万歳ですよ。ほんといい仕事してくれます。たまに落ちるけど。

ところで上の2つの画像のねこ、1体150ユーロほどします。でも大変よくできています。なんでも貴重なマスターの作であるとかなんとか。買えば良かったかもしれない。連れの目など気にせずに買ったらよかったのです。たとえ翌日、それを携えて研究室に行くことになろうとも……。まぁ、いいか。また行けば。すみませんちょっといい気になってみたかったんです

でもねぇ、僕こんなの買っちゃったんよ。メタルでイケイケなマスクを買ってたEのことをとやかく言えないね。
image002_20110809052217.jpg
ち…ちょっと面白いかと思って(゚ω゚;A) 周囲に多数いるねこ好きをブイブイ言わせてみたかったんだよ。それだけのために、重~いこれを1日中抱えて歩きまわってみた!!僕は人生、たまにネタに賭けてみてるのさっ d(d・ω・´)☆
そして翌日これを抱えて研究室に行ったんだな ァ '`,、'`,、'`,、((´∀`*)) '`,、'`,、'`,、 …まぁ、僕ですもんねぇ!!

路地の突き当りにあるフェラーリショップ。店内にあるこれは本物。
image001_20110809053451.jpg
そういえば4年前も入りました。連れにファンがいたの。あのときは修士の卒業旅行。一緒にいったのは学部時代の友人たちでした。院は僕だけ違うとこ行ってしまったのに誘ってくれたのだ。ありがたいことです。あれが初海外旅行。イタリアでよかった…!!僕伊太利大好きです。

・・・
もうそれはそれは歩いて、ようやくサンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会に着きました。ここは島の先端にあるのです。
image001_20110809053932.jpg
なんと美しい…。空の青さも入れてこの教会の外観が完成するのです。
内部は白と灰色でシック。天井の採光窓がイタリアらしいです。しかしウィーンの荘厳華麗な建築物に慣れてしまったのか、「シンプル…」というつぶやきが隣で聞こえる。
いえいえ、きれいですって!!
image002_20110809053932.jpg
この静かな美しさはウィーンではお目にかかれないよね。
若干画像が傾いてるのは撮影者の心の歪みの現れかと思う


image005_20110809053932.jpg
ヴェネチア地方の教会、こんなランタンが多い気がします。

そのまま島の先端まで行ってみました。ここまで来ると観光客で混み合うということもなく、のんびりとしています。
…え?
何、君…(;・∀・) こんなんいましたっけ?そもそも僕4年前ここまで来ましたっけ?
image003_20110809053932.jpg
ぬ~ん
image004_20110809053932.jpg
「貴様捕まえてやったわ」
手に持ってるのはカエルです。周辺は海だというのに。
そしてこの像の後ろに一組のサンダルがあったのです。普通の。警備のおじさんの茶目っ気とも思えないし作品の一部なのでしょうが、彼のものにしては小さかった。。。


長い一日です。
明日に続きます。
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<今日の維納 | ―*暫定住居*― | 1day ベネチア紀行 1>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ―*暫定住居*― |
copyright © 2006 ―*暫定住居*― all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。