chowe
http://chowe.blog106.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
滞在許可証 更新
2011-11-09 Wed 08:25
TU Wienでの契約期間延長に伴い、滞在許可の延長申請をしてきました!
新規申請のことをまだ書いてないので・・・一刻も早く書いたほうが役に立つ向きもあるかと思いましたもので、詳しく書くよ!
といってもドイツ語分からない人によるメモなうえ、更新(書類さえあれば2~3時間で用意できる)なのでどこまで役に立つか分からないのですが・・・。更新・・・普通の人ならドイツ語分かってこんなメモ不要な気もする・・・。まあいっか。



さて、僕の現在の滞在許可は2012/1/31まで有効なのです。
ところが先日、雇用期間が3/31までに延長されたので、その分滞在許可も延長が必要になったというわけです。

昨日、大学の事務から延長期間分の雇用契約書(せっかくだから英語も書いておくよ・・・間違ってるかも、ですけど。contract document)を受け取ったのです。手続きを秘書さんたちに市役所(city office)に問い合わせてもらって、いつもお世話になってる先生にも必要書類をwebで調べていただきました。

***!!これは自分(身分 「研究者」 としての滞在(※1))の場合です。
人によって必要書類は違うでしょう。
あくまでも自己責任で準備されてください!!***


+: 必要になったもの
-: 準備したもの:

+ パスポート(まず、部屋に入る前に受付番号をもらう際に提示を求められる)
+ 申請書 (顔写真(※2)ももちろん貼付。延長なので、5 verlängerungsantrag にチェック。新規は4 Erstantragにチェックを。所得の金額も、延長分を記載。他は特に初回と変わらず。)
+ パスポートの、顔写真のあるページのコピー(忘れましたが待合室にあるコピー機でコピれます)
+ 100ユーロ(高っけぇ!!!)
+ 指(・・・)
+ 延長分の雇用契約書
- 住居(確定)証明書(自分はじきに引っ越すので、現在の分と、延長期間中に住む予定の住居確定書(housing confirmation)を持って行きました)
- 大学の給与額の記載してある、雇用に関する書類
- 顔写真
- MA35までの地図


(※1) 今年の7月から、申請の際はドイツ語の能力証明が必要になったようです。
新規申請にはもちろん必要と思われるが更新の場合はどうなのか不明。
ただし研究者は除外。

(※2) 普通にデジカメで撮影したものをカラープリンターで印刷・切り抜きしたものでいいらしい。。。まじでー。僕はwebの自分のサイトのCVを印刷して切り抜いて持って行きました。ふふ。


僕はウィーン在住なので申請場所はウィーン市35課(MA35)。
MAというのが市役所の課を表しているようで、交通標識とかにも”MA**”って書いてあるのを目にします。

MA35はDresdnerstraße 93, 1200, Wienにあります。
1220・・・これが郵便番号で、頭の1がウィーン、次の2桁が区を表します。で、最後に0。
この場合はだから、「ウィーン 22区」ということになります。

地図はあっても迷います。なぜならその辺はcity office districtで、MA**がたくさんあるから・・・。建物一つ一つが大きいので、いつか着くだろー、なんて思ってると、夏場は体力消耗&日差しで火傷します。。。
以前迷った時、大変親切なドイツ語オンリーのおばあさんにつかまって、言葉は通じねど地図を見せてジェスチャーで道を教えていただいたことがあるのです。。。
そして市役所のオフィスのあるビルには一般企業も混在している~。雑居ビルかい!わかりにくいよ!

最寄駅はU6 Dresdner Straßeです。が、地下鉄の出口というのはいくつもあり、方向音痴者にとっては鬼門・・・しかもMA35までは結構あります。トラムステーションが最寄です。だって、停留所の斜め前がMA35の建物だから。
地下鉄U1,U4などのSchwedenplatz駅からトラム2に乗って、あぁ、大変申し訳ないことに停留所名を忘れてしまいました。。。が、とにかくSchwedenplatzからDresdner Straßeに向かって、しかし「Dresdner Straßeという名前の停留所の一つ前の停留所」で降りるのですよ!!!よろしいか。あ、Google Map見たら”Traisengasse”だって。うん多分こんな名前だった気がする…わかんないけど。。。トルコっぽいスーパーやタンニングマシーン(カプセル型日焼けマシーン)を扱うお店が見えたら、それはあなた乗り越したんです。地下鉄出口とほぼ同じ場所まで来てしまいましたね。てくてく歩いて戻ってください。

何、通りに来たものの、方向がよくわからない??この大通り(Dresdner Straße)にいる限りもう迷わないでしょう。外国人たちが歩いてゆく方向に向かえばいいのです。それでも分からない場合は番地を見ましょう。建物の入り口や交差点の角に、番地の書いてあるプレートや通りの名前があります。番地は須く順番に配置されてるので、93目指して進めばよいのです。必ず見つかります。

そうそう、MA**って書いてあっても違う番号の課のオフィスもあるので注意してね。
時々「ここMA35じゃないよ!」って書いてある課さえあります。。。
MA35は、入口はちっさいけど、ちゃんと建物のドアに「MA35」って書いた張り紙が貼ってあるからね!!


こんなMA35に、今朝朝イチで行ってきました!!なんと受付時間は朝8:00~ですぞ。
受付時間はEvery week day 8:00--12:00, only on Thursday, 15:30--17:30.ですって。
いつでも長蛇の列です。
木曜の15:30~も行ったことあるけど・・・30分前とかに着いたけど・・・混んでたなぁ。
自分の番来て終わるのかしら、と思いましたもの。

だから今回は8時に行きました!で、やはりもうすでに何十人も待ってる。でもまだ列は長くない。「蛇の列」くらい。。。


まずは1階(正確には「地階」、Erdegeschoss)で外人の列にあなたも参加。ここは競争してよろしい。というか、停留所や駅に着いてからこの列に並ぶまでが競争。MA35に用のある人はみなこの列に並ばねばならない・・・たとえ100人以上ならんでいようとも!!ここは受付番号発行の列なのです。オフィスに向かうエレベータも、ここを通過しないと乗れません。

自分の番が来たら、何しに来たか言いましょう。
今回は延長申請なので"Today I'm coming to extend the duration of my visa."って言いました。英語合ってるか知りませんよ。今回僕はパスポート提示を求められました(前回はどうだったか忘れました)。

あっ、市役所内ではすべて英語でOKです!!!
この受付番号発行の人たちから書類受付の人に至るまで、みなさん英語で対応くださいます!!す、す、、、素晴らしい。。。(ゲルマン民族特徴のメチャ早口なんだけどね。。。。)

そうすると、向かうべき階と受付番号を印刷した紙を渡されます。今回は5階(地階(E)、続いて、1階、2階、、、)。前回も5階。

エレベーターに乗るにもまた列ですが、もう番号もらってるので競争の必要はなし。懐の広いところを見せましょう。

5階に着いて左手に今回の目的の部屋"G"があります。ここには待合場所もあり、たくさん椅子が用意されてます。でも足りなくてみんな立ってる。待ち時間は長いので読むもの持って行ったらよいでしょう。待合室や受付番号発行の部屋の外には、飲み物やスナックの自販機まであります。壁には「わいろやプレゼント渡すな」っていうポスターもあります。

では落ち着いて、空いている待合場所の椅子に腰かけてみましょう。
正面には電光掲示板があり、そこに縦に2列、番号が出ます。
149 559
037 566
224 561
みたいに。

今回は更新だったからか、朝一だったからか、かなり早く番がきました。10分待ったかなぁ。驚異のスピード。これが普段なら100分だ。

この左側があなたももらった受付番号、右側があなたが入るべき小部屋の番号です。いいですか、右の列は部屋番号です。同時に呼ばれた誰か他人の番号じゃないんですよ。初回僕はそれを知らなくて、どの部屋に入ったらよいかわからず、体当たりでとりあえず目の前の部屋に入ってみたのでした(笑うな)。もちろんそこにはまさに申請中の人たちがいて、見かねた申請者の方が親切に掲示板を一緒に確認して部屋を教えて下さったのでした。。。

うん。小部屋、たくさんあります。8部屋くらい?
左手から右手に行くにしたがって昇順に。見えない陰にも。

そうそう、服装も一応きちんとして行くことをお勧めします。
スーツの人、多いですよ。中には宗教者の恰好の方もおりますが、これも正装。
もちろん普段着の人も多いですし、必要ないかもしれませんが、多くの人がきちんとした格好をしてる中わざわざジーパンとパーカーで臨むこともないでしょう。

そしてとにかく印象よくニコニコしていた方がいいです。
何か厳しいこと言われても気にしないように。。。最初に来たとき、初海外滞在数日目とかで早口英語が聞き取れなかった僕は言われた、「研究者って日本語で研究するのか」って。しねえよ、この若造、と思っても顔には出しません。今でも頭にくるこの思い出。まぁ自分の英語がダメダメだったからなんですけどね。

だって何かつまんないことで不要ないちゃもんつけられたら損ですもの。
「違う書類必要なのよ!」とか「~が書いてあるものじゃなきゃ、ダメ」とか・・・そんなの条項にないじゃん、、、みたいなことでひっかかること、多いみたいです。。。この国で役所の職員は神様。公僕じゃないのです。
ネイティブさえも、事務はイケてないと言っております。だからとにかく愛想よく。あぁ、比較的親切な人もちゃんとおりますよ。



***
長くなった!続きは明日にします。。。
(とりあえず今日は、小部屋に入れたからいいよね!)
別窓 | オーストリア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<クリスマス、解禁。 | ―*暫定住居*― | 弟に、「頑張ったね」と言ってやりました。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ―*暫定住居*― |
copyright © 2006 ―*暫定住居*― all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。