chowe
http://chowe.blog106.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
オーストリア(ウィーン)から日本へ荷物を郵送する
2011-11-26 Sat 06:31
いよいよ引っ越しを目前に控えて、不要なものを実家@日本に送ってきました!
思ったより簡単である。。。
手順を記しておきます。



1.箱と梱包資材を用意

なければ郵便局へ行くと売ってます。頑丈な黄色い段ボール箱。
今回は、日本から春先に郵送してもらった時の箱を再利用しました。

郵便局にはガムテープやひも(これらはスーパーや1ユーロショップでも揃います)、DVDやCDまでも売ってます。

が、ガムテの薄いこと。。。別に郵便局製品だけじゃないようなのですが。。。
しかも貼ってる途中で、しゃー!っと斜めに切れてしまう・・・古くなったセロハンテープみたい。
これで日本までもつか若干不安。なのでちょっと過剰気味に貼ってみました。

この時点で送り状をまずもらってしまうのも手かも。
といってもとりたてて書くのに難しいことはありません、送付品リストを除けば・・・。


1.5 送付品リストを準備

送り状に、送付品を書く欄があります。
必要なのは、各品物の
+ 英語名
+ 数量
+ 重量
+ 価格

です。

ところが、オーストリアポストでもらえる送り状には、書く欄が3つしかないのです。
3種類以上のものを送りたい場合は(日本宛に送るような場合は大抵あてはまると思いますが)、事前に自分で何かリストを用意しておきましょう。僕が行った郵便局は、特にそんなリストがありそうな雰囲気でもなかったので。。。
それにそれぞれの項目を書きあげるのには時間がかかるでしょうから、やはり事前に準備しておくのが望ましいと思います。

今回は、頼れる日本語&ハイシステムな日本郵便のHPが大変参考になりました!!

日本郵便 税関告知書のダウンロード

日本語で書かれているからというだけじゃなく、こんなに至れり尽くせりに書いてくれてあるとはなんとありがたい。
海外から荷物を送るのは初めてでしたが、ググって断片的に情報を漁るよりも効果的です。包括的かつ詳細な情報と手順がゲットできます!!

リスト(税関告知書補助用紙)もここからダウンロードして使用。なんと品物のカテゴリ分けが既にしてある用紙(今回はこれを使用)や、英語名が記入済みのリストまで入手できます。
”JP”(日本郵便)とか思いっきり書いてある日本仕様のリストですが、局員の人は「これでOK!」とおっしゃっておりました。旅先で荷物を送る可能性のある人は、1~2枚なので事前にリストを印刷していくと便利かもしれませんね。

上記ページにある「税関告知書」というのが、1.で述べた、オーストリアポストでもらえる送り状です(後出し情報になってすみません)。
言語は違いますが、内容はもちろん欄のレイアウトまでオーストリアバージョンとほぼ一緒。これも一度目を通しておくとよいでしょう。僕の場合は、「備考(「検疫を要する」等の記載をしてください。)」という項目、オーストリアバージョンにある英文を読んでも最初意味が分かりませんでしたので。。。

そして、品物の英語名なんてわからない、という方に朗報。
日本郵便 内容品の英語訳
こ、こ、こんなページまで・・・。外国人とのコミュニケーションにも役立ちそうです。
この手取り足取り加減、素晴らしすぎる。久しぶりに日本のサービス精神に触れてなんかすごくあったかくなったよ。。。

ちなみにこの英語名対応リストを見て分かる通り、相当細かく書く必要があります。
品物の個数や価格もごまかさないで。

今回は日本へ送るということ(関税は受け取り国によって課されます)、JPからのリストで日本語欄があったことなどから品物名に日本語も表記しました。


注意を要する国や、項目の記載に際しての注意はこちら。
日本郵便 内容品の正確な記載について


2.郵便局へGo

リストと品物を持って、満を持して郵便局へ向かいましょう!
送り状は英語でOkです。
各項目にも、ドイツ語と英語で指示が書かれておりますので安心です。

多分、荷物の重量を量る専用のカウンターが端のほうにあり、そこに誘導されるでしょう。
重さを量る台(というか机?)の上に荷物を載せ、係の人に送り状を(もらって書いて)渡します。

品物リストを用意した人は、送り状の品物欄に"see the attached document"と記入します。

ここでさらに、荷物に貼るための「送り先&送り主記入用シール」を渡されますので、そこに送り先の名前と住所、自分の名前と住所を記入します。
項目名は忘れました、すみません。。。ドイツ語できないので。。。妙な表現になりますが、「左上が自分、右下が送り先」です。聞いたら教えてもらえるでしょう^^; まぁ、参考までに。

配送手段を聞かれます。
普通かエコノミーか?
僕は安全第一でEMS!と言ったのですが、普通の2倍の値段するそうで、恐れをなして、普通に変更。普通便も航空便だそうです(※)。
送料は詳しく言えませんが、まぁ、kg x 10ユーロくらいの見当でどうぞ。。。

普通かエコノミーかって聞かれたのにEMSって答えたら、”Wow~!!”って言われてしまいました ^^;
まぁ、大きかったし重かったからね。。。

「EMSは超高いけど2日で着く。普通は7日くらいかかるけどもっと安い」だそうです。
今回は2日でつかなくても全然いいからー!

エコノミーはもう頭から去ってたので聞いておりません。
オーストリアポストのwebサイトに料金計算がありますが、これがエコノミーなんじゃないでしょうかね。。。国・荷物サイズ・重量を入れてトライしてみましたが、普通便よりだいぶ安い価格が出るもの。


配送中の荷物の扱いに関して、特に船便の場合はフランスなどではかなり怖い話を聞きますが、この国はどうなんでしょうね。。。

と!!
ここまで書いて、「壊れ物」って言うのを忘れた!!!!Σ(゚Д゚)
なんと今回の荷物には、クリスマスマーケットで購入したガラスのボール状のオーナメント(でかい&高い)が入っているのですよ!!ど、ど、、どうなるんだどうなるんだ!?厳重に梱包はしたけどさ!!報告を待てェェェ!!(´Д`;;;)おばかさんだおばかさんだわんわん。


あぁ、、、そうだ、、、
今回は別送品ではないです。どうせ、日本に荷物が着いてから一か月後までに取りに行けないし~。
父を受取人にしました。


***
(※)ていうかこの国に船便ってあるの?だってこの国海がない。
日本から送る時は「ありません!」って言われたってよ、日本の郵便局の人に。

それに受け取りに関して、オーストリア→日本はさしたる違いがないでしょうが、オーストリアではEMS以外は自宅(もしくは寮)まで配達してくれないのだよ。すべて局留め。重かったり大きかったりする荷物だと厳しい・・・。だから両親は僕に荷物を送る時に大枚はたいてEMSにしてくれたのさ。。。ありがとう (T_T)

でも某ガイドブックには「航空便・船便で送る」って書いてある。そうなの?もしかしてこれがエコノミーの正体なのか???
別窓 | オーストリア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<引っ越します!! | ―*暫定住居*― | ウィーンで社交ダンス>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ―*暫定住居*― |
copyright © 2006 ―*暫定住居*― all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。