chowe
http://chowe.blog106.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
Wiener Philharmoniker im Musikverein
2012-02-18 Sat 07:40
今日の午後は、ロシアンKと、楽友協会(Musikverein)の黄金の間で行われるウィーン交響楽団(Wiener Philharmoniker)のリハーサルを聴いてきました!
またも立ち聞きで、5ユーロで!!

Kは楽友協会は初めてだそうで、実は彼女の年齢(※)と身分なら学割が効くので座席のチケットを格安で入手することができたのですが、彼女は大変礼儀正しいので、学割の効かない年齢と身分の僕に合わせてくれたのです。あっ、チケット買った時は28だったんだ!いやそれでも対象外だけどさ。

曲目は Jean Sibeliusの3本立て、
Symphonie Nr. 7 C - Dur, op. 105 Symphonie Nr. 7 C - Dur, op. 105
Symphonie Nr. 5 Es - Dur, op. 82 Symphonie Nr. 5 Es - Dur, op. 82
Symphonie Nr. 1 e - Moll, op. 39 Symphonie Nr. 1 e - Moll, op. 39。

シベリウスなんて(有名ではあるものの)あまりビッグネームじゃないなぁ、などと思っていたのですが、実際聴いてみると思っていたよりずっと良かったです。わりとモダンな曲調なので好みの度合いはそこそこなのですが、ウィーン交響楽団in楽友協会の良さを改めて実感してきました。以前もちょこっと触れましたが、楽友協会のコンサートホールはウィーン交響楽団の演奏が最も良く響くよう設計されているのです。今日の会場の黄金の間は、ニューイヤーコンサートの会場なので大きいかと思いきや実はとっても小さいホールなのです。でもここで彼らが演奏すると、まるで大ホールで演奏しているのを十分離れたベストポジションで聴いているような、まろやか~な響きが堪能できるのですよ・・・。

ホールは絢爛豪華だし、指揮者の挙動やバイオリンの弓が一斉に動くのを見てるのも面白いですが、僕のイチ押しは目を閉じて聴くこと!です。目から入る情報が少ないからか、音を純粋に楽しむことができます。普通に目を開けて聴くのだと、色々な楽器が一斉に音を出している領域を出ないのですが、目をつぶって聴くと、楽器の音色が統合されて聞こえるのです。難点は周りの人に眠っていると思われることでしょうか。ふふふ。でもほんといいから!

あと何回聴きに行けるかなぁ。
あまりもう機会はないだろうなぁ。ウィーン交響楽団は月に1回くらいだから、せいぜいあと1度くらいだろうなぁ。


***
(※)26歳以下、だったかと思います。多分。
別窓 | ウィーン | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<愛の妙薬 | ―*暫定住居*― | Opernball>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ―*暫定住居*― |
copyright © 2006 ―*暫定住居*― all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。