chowe
http://chowe.blog106.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
お金を稼いだわけだが
2012-03-09 Fri 07:50
このように出稼ぎ労働者をしてると、お給料は、現地の銀行に口座をひらいてそこに振り込まれる。
1年働いて貯まった金額は多くはないけど、手で日本に持っていくのは不用心である。
ユーロは今大変に弱いから、まだ円にしたくない。3年前の半分程度なんて・・・。
そこで帰国を目前に、色々と考えてみた。

その結果、オンラインバンキングで日本の銀行の口座にユーロのまま移すのがよいという結論に達した。

普通、海外で給与の振込等に使われていた口座は帰国後しばらくするまで閉じずにおいておいたほうがよい、と言われる。しばらくの間は、何かしら清算されたお金が入金(逆もあるよね・・・)されるかもしれないから。
だからオンラインバンキングが望ましい。

こちらに来る直前に日本で、オーストリアでも日本の口座からユーロでお金が引き出せるよう、シティバンクに口座を開いていたのだ(※)。シティバンクで円普通預金口座を開くと自動的に「マルチマネー口座」なるものが一緒に開設される、らしい。この口座には複数の外貨が各外貨のまま貯金できるのだとか。

自分のマルチマネー口座は現在は円普通預金のみだけど、外貨が入金されると自動的にその外貨の口座ができるのだとか。

「とか」・・・?そう、「とか」。全部ここ2~3日で調べた知識。
もう、今まで何も知らない状態だったんだからー!!

そしてシティバングクの口座にはオンラインバンキング機能も(自動的についてくるのか自分で申請したかは忘れたが)既に整っていたのだ。現在こちらで口座をもっている銀行もオンラインバンキングを提供している。
どちらも今まで使ったことはない。というか今までに、オンラインバンキングの経験がない。

これでいきなりそこはかとなく大き目の金額を送金して失敗したら怖すぎる。
そこで今日、疲れた体に鞭打ってオンラインで送金「実験」をしてみた。手探りで。。。
大きい金額だと失敗したときに死んでしまうので、ごく少額で。どうせ手数料をいっぱいとられるのだ。


ターゲット: シティバンクのマルチマネー口座(開始前は円普通預金、のみ。しかも0円)
ソース: ERSTE(銀行名) ドイツ語なのわよく分からないけど、ごく一般的な口座。口座を解説すると2つアカウントができるんだけど・・・通常仕様(使用)の方です。
送金額: 5ユーロ

ERSTEのwebサイトで、表示を英語にして、オンライン取引開始。
開始・・・開・・・あれ?ログインしたら、表示がどいっちゅ語だけになったよ??(゚∀゚)え何これ。
どこに送金へのリンクがあるのかもわかりゃしないでないの。

でも、運よくOnlinehilfenは英語バージョンもあったのだ。これで道が開けた。
英語なら、単語が何を指すかはわからないけど、どんな情報が求められてるかはわかる。

ヘルプページには、各項目の説明が完全網羅されてあった。早速、ドイツ語版と英語版のヘルプ画面を並べる。
ドイツ語版も開いたのは、操作画面がドイツ語だけだから。操作画面と単語が一対一対応したほうが作業が早くすすむからね。

独和辞典とGoogle翻訳とアルクを駆使して、なんとなくそれらしく、コードや項目を記入。
途中でタイムアウトになって何度もログイン画面からやり直した。
そのたびに入力データは全部消えるんだぜ・・・。
何度、いつもお世話になってる支店の顧客お世話係の親切なおじさんの顔が目の前にちらついたことか・・・。最悪、画面をプリントアウトして持って行って教えを乞おうかとも思った。

ようやく記入が終わって、多分「送金」と思われるボタンを押してみる。
色々文句を言われる(ドイツ語で)。
怒られてるらしい項目の、英語版ヘルプの解説を見ても分からない英単語があるのみ。→アルクで調べても載ってない。
説明を読んでも、意味は分かるけど何を入力したらいいかわからない。

ちょっと考えて、これかな~、という番号を適当に入力。怒られなかった。

最後の最後に、「あなたの秘密のTANコードを入力してちょうだいよ」と言われる。
ところがTANコードってなんなのか、まったく分からないんだな。
契約時にもらった説明書やOnliehelpにも、TANの語は出てくるけど、肝心の番号がどこにもない。
再発行のページもあったけど、現在の番号がわからない。
これは考えたよ。タイムアウトを恐れながら相当考えて、ようやく意味がわかった(と思う)。
入力して、多分「送金確定」なボタンを押してみる。


できた。


送金完了メッセージ、確認画面、明細書(以上須くドイツ語)が出てきた。
口座情報を見ると、確かに残高が目減りしている。
出てった金額、33.6ユーロ。

5ユーロ送るのに3000円すか(゚Д゚)
そうかそうであった。手数料がかかることは覚えてたけど、こういう単位でかかるのだった。
オーストリアに来るに当たり、日本にいた頃、寮の手続きのために800ユーロ(8万~10万)ほど送金したんだよ。手数料が7000円とかで泣くかと思ったのだった。まあよい。

これでシティバンクで入金が確認できたら実験成功。
今日の手順が正しいことが確認されたら、改めて手順や項目名を書きます。
現時点では不確定要素が多すぎて・・・。お金がらみのことにいい加減なこと書けない。


***
(※)当座の生活費、初期費用、海外生活初期のトラブル対策、などと考えたのです。結局一度も使わなかった。なので、一時帰国した際、このマルチマネー口座をすっからかんにしたのです。だから「残高0円」。

でも作っておいてよかったのだ。なぜなら、雇用元のプロジェクトの関係で、「(4月頭に着任だけど)5月半ばまでお給料が入らな」くなりそうだったから。結局これは免れたので、シティバンクにお世話になることはなかったけど。

この銀行と使い方を教えてくれたのは、昔ドイツに留学していらっしゃったO准教授。ありがとうございました。まさかこんな形で・・・最後の最後に大活躍してくれるなんて。

ちなみにウィーンでは支店がほとんどないし(パンフレットによるとATMはあるようだ。だからユーロを引き出すことはできる)、手続きが超めんどいことがあるそうな。だから現地の銀行で口座開いたほうがいいよ、とは今の大学の先生のお言葉。
別窓 | オーストリア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<今日は寒し | ―*暫定住居*― | Aus! Aus!! Aus!!!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ―*暫定住居*― |
copyright © 2006 ―*暫定住居*― all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。