chowe
http://chowe.blog106.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
多言語インタフェースなVisualStudio2008 Expressを入れる
2012-10-30 Tue 04:40
アプリケーションのインストールは無事できた、はずなのですが、
その過程で入れたVisualStudio2008 Express Edition(※)。
これをあほうにも日本語版を入れてしまったんですな。サウジで誰が日本語を解するというのか…、
これじゃ困った時にみんなも助けてくれようがないではないか。
ツールバーにあるショートカット(例:ビルト B)表示や、中国人だったらなんとな~く分からないでもないけど、エラーメッセージとかダイアログとかはなかなかお手上げなんである。

昨日気づいてみんなで「ひー!」ってなったので、今日インタフェースを英語化しました。

といっても、インタフェースの言語を「切り換え」るには、何か特別なものを追加でインストールするわけではなく、単純に同じアプリの同じバージョンの他語版を新たにインストールするだけ。
この場合は英語のVisualStudio2008 Express Editionね。

Micosoftのページで、VisualStudio2008 Express EditionのISO版をダウンロードしてインストールしました。
ISO版じゃなくてC++とかC#、Basicなんかの言語別インストーラ(vcsetup.exeとか)もあるけど、これ、僕の場合はランタイムがダウンロードできないとか何とかとかエラーが出てしまったのであきらめました。

それに、ISO版だとユーザ登録しなくても使えるという噂も。
あくまで噂ね。知らないよ。
ただ、ユーザ登録をしてみたけど広告メールが届いただけで、何らライセンスキーらしきものは送られてこなかったです。

その後、ツールバーの「ツール」→「オプション」→「国際対応の設定」→「言語」で、インストールした言語の中から好きなものを選びます。終了。


***
(※)2010はすでに持ってたのだけど、このアプリをビルドするには2008以前のバージョンでないとだめなのです。「きっと2010でもできるさ」とみんな大体1日くらいトライ&エラーするのだ。サクセスはない。そしてだめだと思い知るのであった…。
別窓 | プログラミング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<しょうがコーヒー | ―*暫定住居*― | サウジで乾杯>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ―*暫定住居*― |
copyright © 2006 ―*暫定住居*― all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。