chowe
http://chowe.blog106.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ヨーロッパのクリスマス追憶、第2波
2012-12-28 Fri 04:48
まあ、なんだかんだ言って研究者には欧米人が多いわけですよ。
彼らは今の時期ごっそり地元に帰ってしまっているんですね。
まあ、残ってる人たちはこの季節特有のイベントに関係ない人ってことになるわけですが、それでも、仕事をガンガンこなすというムードからかけ離れた感じになります。特に欧米人が多い建物ではほとんどの階に人がいないそうです。僕の分野は個人プレーが多いので関係ないけど、他分野だと仕事がはかどらなくなる人たちもいるんじゃないでしょうか。で、なんとなくまったりムードになる、と。

ところが悲しいかな、土地柄大学外にはなかなか出られないんですね。得に女性は。
なのでキャンパス内で充足するしかないのです。
そこでこの時期を乗り切ろうと大学のコミュニティでも色々と策を弄してジムやシアターでさまざまなイベントを連日山のように企画しています。

そのうちの一つに「映画3部作」なるものがあって、先週から3週間連続で毎週3本ずつ、この季節に関連した映画を通常の映画とは別に無料で上映しています。

先週はmagical trilogyと題して
The Polar Express, Jack Frost, Elf,
今週は
Home Alone1, 2, 3。

うん、言葉では一言も言わないけど、クリスマスの映画です。

今日はお子ちゃまたちに囲まれて、Home Alone1を観てきましたよ。
ところでこれを最初に見た小学生(だったか?)の頃、あまりの過激なシーンや残酷な描写に目を覆っていたのでした。そして「これは子供向きではない」と確信したものでした。この映画はPG指定にした方がいい…、って、今調べたら既になっていたようです。でもこのシアターに小っちゃい子が母親に連れられてきてるのはPGだからじゃないような。

相変わらず面白くも痛い映画でしたけど、それ以上に胸を打ったのはクリスマスの教会のシーンでした。雪に埋もれた中境界に足を踏み入れると、華やかなステンドグラス、荘厳なパイプオルガンの音、澄み渡る讃美歌、静謐な雰囲気、、、そういえば壁際や柱のたもとにこんな像があったー、なんてクリスマスも過ぎぬというのに再びウィーンを思い出してしまったのでした。あーぁ、あのシュテファン大聖堂、ペーター境界、いや、教会、また行きたいなぁ。あの辺りを闊歩したいなぁ。もう仕事に毒されて「教会」の変換を忘れてしまったPCが、ウィーンから遠く離れてしまった感を強めることひとしおです。
って、日本にいた時よりは大分近づいたんですが^^ゞ
別窓 | サウジアラビア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<忘年会 | ―*暫定住居*― | クリスマス終了>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ―*暫定住居*― |
copyright © 2006 ―*暫定住居*― all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。